内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 18:1‐33

18  それから,ダビデ数え,彼ら長,百置い+  さらに,ダビデ三分+ヨアブ+に,三分ヨアブ兄弟+ツェルヤアビシャイ+に,三分ギトイッタイ+委ね遣わした。それ言った,「わたしまた,あなた方必ず行く」。  しかし言った,「あなたなりませ+。たとえわたしたち逃げも,彼らわたしたち留めないからです+。たとえわたしたち半分死んも,彼らわたしたち留めないでしょう。あなた私たち一万値するからです+。ですから今,あなた都市から助け与え+私たち立っくださるなら,そのほう良いです」。  それ彼ら言った,「あなた方善い思えることわたしよう+」。こうわき立ち続け+,民ほう皆,百ごと,千ごと+行った。  そしてさらにヨアブ,アビシャイ,イッタイ命じ言った,「わたしため若者アブサロム優しく扱っくれ+」。そして皆,王アブサロム隊長たちすべて命じとき,[それを]聞いた。  そして,民イスラエル立ち向かうため行った。戦闘エフライム*+行なわた。  ついにイスラエル+そこでダビデたち撃ち破ら+,その日,そこ殺りく大いなるもので,二万なった。  そして,戦闘そこで,見渡す限り一帯広がった。その上,その日,森彼ら食らい尽くす以上多く食らい尽くした。  やがて,アブサロムダビデたちいることついた。ときに,アブサロムらば乗っが,そのらば巨大大木よう入り組ん大枝で,彼大木固く引っ掛かり,彼つまみ上げられ+。下らば通り過ぎ行っある。 10  それから,あるそれて,ヨアブ+告げ言った,「ご覧ください,わたしアブサロム大木つるさいるました」。 11  そこで,ヨアブ自分話しいるその言った,「それも,何と,お前それに,どうしてそこで討ち倒さなかっか。そうすれば,お前与えるわたし務めなっだろ+」。 12  しかし,そのヨアブ言った,「それに,たとえわたし一千たなごころ量っも,わたしご子息対し出しません。わたしたち聞いいるところ*,王あなたアビシャイイッタイ命じて,『だれも,あの若者,アブサロム見守っくれ+』と言わからです。 13  そうなければ,わたし対し不実ことでしょが,このすべてから隠せなかっでしょ+,あなた味方ほど遠い態度取らでしょう」。 14  これ対しヨアブ言った,「このようお前わたしとどめさせないもらおう!」 そうして,彼たなごころ矢柄*取り,大木真ん中なお生きアブサロム心臓+それ突き通し+ 15  それから,ヨアブ武器運ぶ従者周りやって,アブサロム殺そこれ討っ+ 16  そこでヨアブは,民イスラエル追うやめ帰るよう,角笛吹き鳴らし+。ヨアブ引き止めある。 17  最後彼らアブサロム取り,彼大きなほら穴投げ込み,その非常大きな積み上げ+。一方イスラエルは,各々自分*逃げた。 18  ところアブサロムは,生きときに,一取って,自分ため立て+,それは“王低地平原+”にある。彼は,「わたしわたし記憶とどめるため息子ない+」と言っある。それで,彼その自分名前呼ん+。それ今日至るまで“アブサロム記念碑”と呼ばいる。 19  さて,ザドクアヒマアツ+は,こう言った。「どうか,わたし走らせ,この知らせ伝えさせください。エホバは[王]を裁いて,そのから[王解放た]のですから+」。 20  しかしヨアブ言った,「あなたこの知らせない。あなたほかその知らせ伝えなさい。しかし,今日あなたその知らせ伝えならない。王死んだから*+」。 21  それから,ヨアブクシュ+言った,「行って,お前こと告げなさい」。そこで,クシュヨアブかがめて,走りだした。 22  そこで,ザドクアヒマアツもう一度ヨアブ言った,「どんなこと起きようも,どうか今,このわたしクシュ追っ走らください」。ところが,ヨアブ言った,「我よ,あなた走らなけれならないどういうか。あなたため知らせないに」。 23  [なおも言っ*,]「どんなこと起きようも,今,わたし走らください」。それ言った,「走りなさい!」 そこでアヒマアツは[ヨルダン]地域*+通っ走りだし,ついにクシュ追い越した。 24  さて,ダビデ二つ座っ+。そのに,見張り+城壁そば屋上行った。ついに上げ見ると,見よ,独り走っ来るた。 25  それで,見張り呼ばわっ告げると,王言った,「もしその独りなら,その知らせあるだ」。そして,そのしだい近づいた。 26  見張り今度は,もうひとり走っ来るた。それゆえ,見張り門衛呼ばわっ言った,「ご覧ください,もうひとり独り走っます!」 すると言った,「それまた,知らせ持っいるだ」。 27  そして見張りさらに言った,「最初走り方は,ザドクアヒマアツ+走り方+よう見えます」。すると言った,「これ良い+だ。良い知らせ+携え来るだろう」。 28  ついにアヒマアツ呼ばわっ言った,「ご無事を!*」 そうして,彼伏せかがめた。そしてさらに言った,「あなたエホバほめたたえられますよう+! []はなる向かっ上げ人々引き渡さまし+」。 29  ところが,王言った,「若者アブサロム無事か」。これ対しアヒマアツ言った,「ヨアブと,この遣わしときに,私大きな騒ぎましが,それ分かりませでし+」。 30  それ言った,「わき寄って,ここ立っなさい」。そこで,彼わき寄って,じっ立った。 31  すると,見よ,クシュ+入って,そのクシュこう言いはじめた。「王なる知らせお受けならますように。エホバ今日,あなた裁いて,あなた対し立ち上がるすべてから[あなた解放くださった]からです+」。 32  しかし,王クシュ言った,「若者アブサロム無事か」。これ対しクシュ言った,「王なる敵,および害悪もたらそあなた対し立ち上がっ皆,あの若者ようなりますよう*+」。 33  すると,王動揺て,門口屋上+上っ行っ泣きだした。彼歩きながら,このよう言った。「我アブサロム,我が子,我+アブサロムよ! ああ,わたしが,このわたしが,お前代わり死ねよかっに。アブサロム,我よ,我+よ!」

脚注

「エフライム」,マソ本,七十訳,ウル訳; 七十訳,「マハナイム」。
字義,「わたしたちところで」。
または,「武器を」。字義,「杖を」。
字義,「天幕」。
「……だから」。ヘ語,キーアレー。マソ本母音符号打ち方は,この箇所読み方が,幾つヘブライ写本同様,キーアルケーンあること示しいる。これケレー(読み方)であって,ケティーブ(書かもの)でない。裁 20:13脚注比較。
「なおも言った」,七十訳,シリ訳,ウル訳。
または,「盆地」。創 13:10,「地域」の脚注参照。
「ご無事を!」 ヘ語,シャーローム,「平安を!」 29,32比較。
マソ本七十訳ここ18終わっいる。