内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 17:1‐29

17  そこで,アヒトフェルアブサロム言った,「どうか,わたし一万二千人々選ばせ,今夜,立ち上がって,ダビデ追わください+  そしてわたしは,彼疲れ果て両手弱っいるときこれ襲いましょ+。きっと恐れおののかせることなるでしょう。彼いる皆,逃げざるなくなり,わたしきっとだけ討ち倒せるでしょ+  そして,わたしすべてあなたもと連れ戻さください。あなた求めおられるそのは,実すべて帰っ来ること相当ます。[ですから]民皆,自ら穏やかなるでしょ*」。  そして,この言葉アブサロム+,イスラエルすべて年長たちまさに正しかった。  しかし,アブサロム言った,「どうか,アルキフシャイ+呼んもらいたい。彼あること,彼の[言うこと]を聞こないか」。  それで,フシャイアブサロムところた。するとアブサロム言った,「この言葉通りアヒトフェル話した。我々言葉基づい行動よいだろか。もしいけないなら,あなたなさい」。  そこで,フシャイアブサロム言った,「アヒトフェル進言助言は,この良くありませ+!」  そしてフシャイさらに言った,「あなたご自身,父上その部下たちを,彼らあること+よくご存じです。しかも彼らは,野失っ雌熊よう+,魂苦しんます+。あなた父上戦士+ですから,民過ごすことないでしょう。  ご覧なさい,今は,どこほら穴か,どこほか場所隠れ+おらましょう。それに,彼最初彼ら襲いかかるや,それ聞く必ず聞いて,『アブサロム従ううち敗北起きた!』と言うようなる違いありません。 10  そうなれば,たとえそのライオン*+よう勇敢も,確か弱々しくなっしまいます+。全イスラエルは,あなた父上ある+で,彼いる勇敢たちまたそうあること承知いるからです+ 11  わたしどうしてこう進言致します。全イスラエルが,ダンからベエルシェバ至るまで+,おびただしさ海辺ある砂粒よう+,あなたもとぜひ集められ,あなたご自身*戦い*られることです+ 12  そして我々は,どこ確実見つかる場所+必ず攻めるです。我々は,露+地面降りるように,彼襲います。彼いるすべてたちうちは,確か残されることないでしょう。 13  そしてもし,どこ都市退くなら,全イスラエルその都市運ばなけれなりません。我々きっとそれ奔流まで引きずっ行って,そこ小石一つ見つからないようしまうでしょ+」。 14  すると,アブサロムイスラエルすべて人々言った,「アルキフシャイ助言は,アヒトフェル助言より優れいる+!」 それに,エホバアブサロム災いもたらそ+,エホバアヒトフェル助言+良いいえ+,覆すよう命令出しおらある+ 15  後に,フシャイは,祭司ザドク+アビヤタル言った,「アヒトフェルアブサロムイスラエル年長たちこれこれ助言ました。わたしこれこれ助言ました。 16  それ今,速やかやり,ダビデ告げ+こう言っください。『今夜荒野砂漠平原泊まっいけません。あなたまた,ぜひ渡っ行かなけれなりませ+。王も,共いるすべて呑み込ま+いけませから*』」。 17  ヨナタン+アヒマアツ+エンロゲル+立っいると,ひとりはしため去っ行って,彼ら告げた。それで,彼ら去っ行った。彼らダビデ告げなけれならなかっある。彼ら姿現わし入ることできなかっからある。 18  ところが,ひとり若者彼ら見つけて,アブサロム告げた。それで,彼ら速やか去っ行き,バフリム+ある行った。その中庭井戸あっで,彼らその降りた。 19  その後,女仕切り取って,井戸広げ,その砕い穀物積み上げ+,それつい何事知らなかった。 20  さて,アブサロムたちその言った,「アヒマアツヨナタンどこいるか」。そこで彼ら言った,「あのたちここ通り過ぎ行きまし+」。それ彼ら捜し続けが,ふたり見つけられなかっ+,エルサレム帰った。 21  そして,彼ら去っ後,ふたり井戸から上がって,進ん行き,ダビデ告げて,ダビデ言った,「あなた方立ち上がって,速やか渡っください。アヒトフェルあなた方対しこのよう助言からです+」。 22  直ちにダビデと,またすべて立ち上がって,ヨルダン渡っ行き,ついに明け+,ヨルダン渡りきれなかっなかった。 23  アヒトフェルは,自分助言実行なかっ+,ろば置き,立っ自分都市+去っ行った。それから,彼自分たち命令出し+,首くくっ*+死ん+。それその父祖たち埋葬葬ら+ 24  ダビデマハナイム+が,アブサロムも,彼いるイスラエルすべて人々ヨルダン渡った。 25  そしてアブサロムヨアブ+代わりに,アマサ+軍隊立てた。アマサは,ヨアブツェルヤ姉妹,ナハシュ*アビガイル+関係持った,イトラ+いうイスラエル*息子あった。 26  そして,イスラエルアブサロムギレアデ+陣営敷くようなった。 27  そして,ダビデマハナイム来るすぐ,アンモン+ラバ+ナハシュショビと,ロデバルアミエル+マキル+と,ロゲリム+ギレアデバルジライ+は, 28  寝床,鉢,陶器器,それ小麦,大麦,麦粉+,炒っ穀物+,そら豆+,ひら豆+,あぶっ穀物を[持っ*]のある。 29  また,はち蜜+,バター+,羊,牛凝乳彼らダビデいる食べるため持ち出し+。彼らは,「民荒野飢え疲れ,渇いいる」と言っからある+

脚注

よう読むしれない,「そして,花嫁そのもと戻るように,わたしすべてあなたもと連れ戻さください。あなた求めおられるだけです。ですから,民皆,自ら穏やかなるでしょう」。七十訳これ一致する。
ライオン」。ヘ語,ハーアルエー。アフリカライオン。
字義,「そしてあなたご自身も」。
または,「戦闘に」。七十訳,シリ訳,ウル訳,「彼らに」。
または,「それと,共いるすべて伝えられるいけませから」。
「首つって」,七十訳,マタ 27:5同様。
「ナハシュ」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; 七十訳および一 2:12,13,「エッサイ」。
「イスラエル人」,マソ本,七十訳,シリ訳; 七十訳アレ写および一 2:17,「イシュマエル人」。
「持った」,七十訳。