内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 16:1‐23

16  ダビデ少し越え渡っ行く+,見よ,メピボセテ+従者ヂバ+が,鞍置い一対ろば+連れ,それパン二百+,干しぶどう菓子+,夏果物+,ぶどう入っ大きなつぼ一つ+積んで,彼会おた。  すると,王ヂバ言った,「あなたほうこれらもの+」。これ対しヂバ言った,「ろば方々お乗りなるため,パン果物若者たち+食べるため,ぶどう荒野+疲れきったち+飲むためです」。  次言った,「ところで,あなた主人*息子どこいる+」。そこでヂバ言った,「今,エルサレムとどまっおります。彼は,『今日,イスラエルわたし支配わたし返しくれる+』と言っです」。  そこでヂバ言った,「見よ,メピボセテものみな,あなたもの+」。そこですぐヂバ言った,「私まさしくかがめます+。王なるよ,あなた恵みさせください」。  そして,ダビデバフリム+まで来ると,見よ,そこからサウル一族た。そのシムイ+いって,ゲラで,しきり災い呼び求めながら+  そして,彼ダビデダビデすべてたち投げつけだした。民あるたち皆,彼た。  そして,シムイ呼び求めながら,このよう言った。「出行け,出行け。このある+*,どうようないつめ*+  エホバは,お前代わり支配そのサウルすべてお前戻さだ。エホバお前アブサロム王権渡されるだ。それ今,お前災い遭っいるだ。お前あるから+!」  ついに,ツェルヤ+アビシャイ言った,「どうしてこの死ん+が,王なる災い呼び求めよいでしょ+。どうか,わたし向こう行かて,あのはねさせください+」。 10  しかし言った,「ツェルヤ+,あなた方わたしかかわりあろ*+。だから,彼災い呼び求めさせなさい+。というのは,エホバに,『ダビデ災い呼び求めよ!』と言わ+。であれば,だれ*,『どうしてお前このようか』と言えるだろ+」。 11  そしてダビデさらにアビシャイすべてたち言った,「見よ,わたし内部からが,わたし捜し求めいる+。まして今,このベニヤミン+なおさらことだ! 彼構わないき,災い呼び求めさせなさい。エホバそう言わからだ! 12  多分,エホバその*+,エホバこの呪いことば代わりに,わたしまさしく善いこと返しくださるだろ+」。 13  こうて,ダビデその進ん行った。一方,シムイ山腹歩き,災い呼び求めるため並行歩い+。彼並行て[進み]ながら,石投げ続け,沢山投げ+ 14  ついに,王すべて疲れ着いた。それ彼らそこで英気養っ+ 15  一アブサロムすべて民,イスラエル人々は,エルサレム入っ+。アヒトフェル+た。 16  そして,ダビデ+,アルキ+フシャイ+アブサロムところ来るすぐ,フシャイアブサロムこう言いだしある。「王生き長らえますよう+! 王生き長らえますように!」 17  そこでアブサロムフシャイた,「これあなた対するあなたある親切な。なぜあなたは,あなた行かなかっ+」。 18  それで,フシャイアブサロムた,「いいえ,エホバが,またこのイスラエルすべて人々選ん方,わたしそのものなります*し,そのとどまるです。 19  それび[わたしぜひ申し上げます]。わたしだれ仕えましょう。そのありませか。わたしあなた父上仕えまし通り,わたしあなたあるでしょ+」。 20  後に,アブサロムアヒトフェル言った,「あなた方は,自分たちほう助言述べなさい+。我々どうたらよかろか」。 21  すると,アヒトフェルアブサロムた,「あなた父上世話させるため残し+,そのそばめたち関係お持ちなさい+。そうすれば,全イスラエルまさしく,あなたご自分父上とっ+鼻持ちならないもの+なっこと聞き,あなたいるたちすべて+は,確か強くなるでしょう」。 22  こうて,彼屋上アブサロムため天幕張っ+。アブサロムイスラエル+,そのそばめたち関係持ちはじめ+ 23  そして,そのころ,アヒトフェル助言は,人*が[まことの]言葉*伺うときようあった。すべてアヒトフェル+助言+は,ダビデとっアブサロムとっそのようあった。

脚注

「あなた主人」。ヘ語,アドーネイカー。アードーン複数で,卓越表わす。
「このある男」。字義,「(複)の」。ヘ語,イーシュ ハッダミーム,複数形。
または,「価値やつめ」。字義,「またベリアル」。ヘ語,ウェイーシュ ハッベリーヤーアル
字義,「わたしあなた方が[あるか]」。ヘブライ慣用句; アビシャイ提案処置異議示す,反発質問。付録7ロ参照。
マソ本欄外よる; マソ本,「何かかわりあろか。彼災い呼び求めるも,またもエホバに,『ダビデ災い呼び求めよ!』と言わなら,それなら,だれが」。
「そので」。18修正箇所一つ。ソフェリム本文この箇所を「わたしとがを」(すなわち,わたし対し犯さとが)と読また。七十訳,シリ訳,ウル訳,「わたし悩みを」。付録2ロ参照。
「わたしは……なります」。出 3:14比較。
「人」,30ヘブライ写本; マソ本ただ母音符号いるだけある。これケレー(読み方)であって,ケティーブ(書かもの)でない。裁 20:13脚注参照。
「[まことの]言葉を」。ヘ語,ビドヴァル ハーエローヒーム。定冠詞「ハー」がエローヒームいう称号付いいる強調ため。これこの表現最初来る箇所。多く翻訳は,ビドヴァル(「言葉」を意味するダーヴァール変化形)を,一 6:5などある,「一番部屋」を意味するデヴィール意義解釈いる。付録1ヘ参照。