内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 14:1‐33

14  さて,ツェルヤ+ヨアブ+は,王アブサロム+向いいること知るようなった。  そこでヨアブテコア+やって,そこからひとり賢い+連れ来させ,彼女言った,「どうか,嘆き悲しみながら行っもらいたい。どうか,喪服装いなさい。身塗っいけない+。あなたここで,だれ死んため嘆き悲しんようなる+  そしてもと行き,このよう言葉語るように」。そうして,ヨアブ彼女言葉置い+  それからテコアもと*,地伏せ+ひれ伏し言った,「ああ,王よ,どうか,お救いください+!」  そこで彼女言った,「どうか」。これ対し彼女言った,「実は,私やもめ+で,私亡くなりました。  ところで,このはしため息子おりましが,その取っ組み合い始めまし+に,ふたり引き分け*救う+おりませでした。ついに一方他方討ち倒して,殺しました。  すると,何と,一族全体このはしため向かっ立ち上がり,『その兄弟打っ引き渡せ。あれ殺し+兄弟ため+,あれ殺すためだ。その跡継ぎ根絶やししまおう!』と言い続けるございます。そして,あのたち残っいる炭火真っ赤輝き必ず消して,地残り*も,私あてがわないようするございます+」。  すると,王言った,「家帰りなさい。わたしあなたこと命令出そ+」。  そこでテコア言った,「王なるよ,とが上,またありますよう+。一方,王その王座ございません」。 10  するとさらに言った,「もしあなた話しかけるあれば,あなたそのわたしところ連れ来るように。そうすれば,そのもうあなた傷つけることない」。 11  ところ彼女言った,「どうか,王ご自分エホバ覚えられ+,血復しゅうする+絶え損なうことなく,また息子根絶やしすることありませように」。これ対し言った,「エホバ生きおられる+。あなた息子ただ+落ちることない」。 12  そこでその言った,「どうか,このはしため+一言+,王なる申し上げさせください」。それ言った,「話しなさい+!」 13  すると,そのさらに言った,「それは,あなたどうして+向かっこのよう考えられです+。王このよう言葉語っおられるですから,ご自分追放+連れ戻さないいうで,王罪科あるようございます+ 14  私たち必ず死にます+,地注ぎ落とさて,集めることできないようございますから。しかし,取り去られることございませ+,追放ご自分もとから追放れるべきない理由考え出さました。 15  それ今,私なるこの言葉お話し参りましも,人々恐れさせからございます。それで,このはしため申しました,『どうか,私に,王お話しください。多分,王この奴隷言葉基づい行動くださるでしょう。 16  王お聴きくださり,私たっ独り息子*より与えられ相続から根絶やしに[しようする*]人たなごころから,この奴隷救い出そされからです+』。 17  それから,このはしため申しました,『王なる言葉が,どうか,休みもたらすものなりますように』。[まことの]み使いよう+,王なるそのように,善いこと悪いこと聞き分けられるからです+。あなたエホバあなたおらますように」。 18  そこで答えて,その言った,「どうか,わたしあなた尋ねよういるわたし隠さないもらいたい+」。これ対し言った,「どうか,王なるお話しくださいますように」。 19  するとさらに言った,「この全部ヨアブ+あなたある+」。それ答え言った,「王なるよ,あなた生きおります+。王なるお話しさっすべてことから,だれ行くことできません。私命じあなたヨアブですし,これら言葉すべてこのはしため置いは,まさしくあのです+ 20  事様相変えるため,あなたヨアブこのですが,我は[まことの]み使い+知恵よう賢くて,地あるすべてことご存じです」。 21  後ヨアブ言った,「見よ,今や,わたしまさしくこのよう*+。それで,行って,若者アブサロム連れ戻しなさい+」。 22  そこでヨアブ伏せひれ伏し,平伏祝福+。次いヨアブ言った,「今日,この確かに,私が,王なるよ,あなた恵みいること知りまし+。それは,王この言葉基づい行動からです」。 23  そこでヨアブ立ち上がり,ゲシュル+行って,アブサロムエルサレム+連れた。 24  ところが,王言った,「彼自分向かわなさい。ただし,わたしならない+」。それで,アブサロム自分向かっが,王なかった。 25  さて,アブサロム比べて,全イスラエルそれほどまでたたえられ美しい+なかった。そのからてっぺんまで欠陥なかった。 26  そして,彼そっとき ― 毎年終わりなると,彼そるあっが,それとっ大変重かっ+,彼そっある ― その量ると,王室おもり*二百シェケル*あった。 27  そして,アブサロム息子+と,そのタマルいう生また。彼女容姿極めて美しいなっ+ 28  そして,アブサロムエルサレム住んが,王なかっ+ 29  それで,アブサロムヨアブもとやっもと遣わそが,彼ようなかった。そこで,また,二やっが,それでもようなかった。 30  ついに[アブサロム]はたち言った,「わたしの[土地]のそばヨアブ一続き土地見よ。そこ大麦ある。行って,それ燃え上がらせよ+」。そこでアブサロムたちその一続き土地燃え上がら+ 31  ここおいて,ヨアブ立ち上がり,アブサロム言った,「なぜあなたたちは,わたしものある一続き土地燃え上がらか」。 32  それアブサロムヨアブ言った,「見よ,わたしあなたところやっ言った,『ここくれ。あなたもと遣わし,「なぜわたしゲシュル+からでしょか。わたしとっは,なおそこほう良かっです。それ今,王させください。もしわたしとがあるでしたら+,わたし殺し頂きたいです」と言っもらいたい』」。 33  そこでヨアブもとて,彼告げた。すると[王]はアブサロム呼び寄せで,彼すぐもと平伏し,王伏せて[ひれ伏した]*。その後,王アブサロム口づけ+

脚注

「もとて」,七十訳,シリ訳,ウル訳,および多くヘブライ写本; マソ本,「(王に)言って」。
「ふたり引き分けて」。字義,「彼ら(ふたり)のに」。
または,「生存者」。
「神」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; タル,七十訳,「エホバ」。
「根絶やしようする」,七十訳; マソ本,「根絶やしする」。
「見よ,今や,あなたは……をた」,多くヘブライ写本。
「王室おもり」。これ王宮保管標準分銅,あるいは一般シェケル違う「王室の」シェケルだっしれない。出 30:13,「シェケルで」の脚注比較。
2.3㌔。
「ひれ伏した」,七十訳一致て; マソ本省いいる。