内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 13:1‐39

13  そして,これら後,ダビデアブサロム+そのタマル+いう美しいあっが,ダビデアムノン+彼女恋し+ある。  そして,それアムノンとっ余りに苦しかっで,彼そのタマルゆえに病気なっ+。というのは,彼女処女あり,アムノン+彼女すること困難だっからある+  さて,アムノンは,ダビデ兄弟シムア+で,そのエホナダブ*+いうあった。エホナダブ非常賢いあった。  それ言った,「王あるあなたが,どうしてごとに,このようひどくふさぎ込んいるですか。わたし話しくれませ+」。そこでアムノン言った,「わたし兄弟アブサロム+タマルわたし恋しいるです+」。  そこですぐエホナダブ言った,「あなた寝床横たわり,病気振りなさい+。そうすれば,あなた父上あなた会おきっとられますから,あなたぜひこう言うです。『どうか,わたしタマル来させ,病人わたしパン与えさせください。彼女慰めパンを,わたしそれられるように,わたし作るです。わたし彼女から食べることます+』」。  こうて,アムノン横たわり,病気振り+。それ会いやった。するとアムノン言った,「どうか,わたしタマル来させ,わたし二つハート菓子焼かください。わたし病人彼女からパン取るためです」。  そこでダビデは,タマルやっ言った,「どうか,お前アムノン行き,彼ため慰めパン作っもらいたい」。  それで,タマルそのアムノン行く+,彼横たわった。そこで,彼女練り粉取っそれこね,彼菓子作り,ハート菓子*こしらえた。  最後彼女深なべ取り,それ空けが,アムノン食べようず,「みんなわたしところから行かなさい+!」と言った。それで,みなところから行った。 10  そこでアムノンタマル言った,「慰めパン部屋持っくれ。わたし病人お前からそれ取るためだ」。それで,タマル自分作っハート菓子取り,それ部屋アムノンところ持っ行った。 11  彼女食べさせよう近づくと,彼いきなり彼女捕まえ+言った,「わたし+,さあ,わたしくれ+」。 12  ところが,彼女言った,「いけません,お兄様! 私辱めないください+。イスラエルそのようする尋常ことありませ+。こんな面目愚行+ないください。 13  それに,私は ― この恥辱どこ行かましょう。それに,あなたは ― イスラエル分別なるでしょう。ですから今,どうか,王話しください。[王]はあなた与えることお控えさらないでしょから」。 14  それなのに,彼その聴き従おず,かえって彼女勝る用いて,彼女辱め+,これ+ 15  ところが,アムノン非常大きな憎しみから彼女憎みはじめた。それ彼女憎んその憎しみが,彼女愛しそのより大きかっからある。そのため,アムノン彼女言った,「起きて,出行け!」 16  そこで彼女言った,「それなりません,お兄様*。私追い払おするこのは,あなたもう一つものより大きいからです!」 それでも彼女[の言うこと]に聴き従おなかった。 17  そこで,彼自分仕えいる従者呼ん言った,「このを,どうか,わたしもとから追い払って,その後ろ下ろしもらいたい」。 18  (ところで,彼女しま模様ある+長い着けた。処女あるたちそのようそでなし上着装うだっある。)それで,彼仕える彼女連れ出し,その後ろ下ろした。 19  するとタマルその+載せ,身着けしま模様ある長い引き裂いた。彼女その*置いまま+歩み去っゆき,歩きながら泣き叫んだ。 20  そこで,そのアブサロム+彼女言った,「お前一緒お前アムノン+だっか。だがは,妹よ,黙っなさい。あれお前+。この留めないよい」。それタマルは,[他人々の]交わりから遠ざけられまま,そのアブサロム住むようなった。 21  そして,ダビデは,これら事柄ことごとく聞き+,非常怒っ+ 22  それでもアブサロムアムノン悪い善い言わなかった。アブサロムは,アムノンタマル辱めこと憎ん+からある。 23  それからたっときこと,エフライム+すぐそばあるバアルハツォルで,アブサロムところ刈るたち+た。それアブサロムたちすべて招い+ 24  そこでアブサロムもと言った,「さあ,お願いです,このところ刈るたちおります! どうか,王も,またそのたちも,このおいください」。 25  しかしアブサロム言った,「いや,我よ! 我々全部行くまい。あなた重荷なっいけない」。彼しきり促し+,[王]は行こず,ただ祝福+ 26  ついにアブサロム言った,「もし[おいでなら]ないでしたら,どうか,私兄弟アムノン私たち行かください+」。そこで言った,「なぜあなた行かなけれならないか」。 27  ところが,アブサロム促すようなっ+で,[王]はアムノン息子たち全部遣わし* 28  それから,アブサロム従者たち命じ言った,「どうか,よくくれ。アムノンぶどう楽しい気分なったら+すぐ,わたし必ずお前たちに,『アムノン討ち倒せ!』と言うから,そのときお前たち殺すだ。恐れならない+。わたしお前たち命じないか。強くあって,勇敢なれ」。 29  そこでアブサロム従者たちは,アブサロム命じ通り+アムノンで,王ほか息子たち皆,立ち上がり,各々自分らば*乗っ逃げ去った。 30  そして,彼ら途中とき,「アブサロムたちみな討ち倒しで,ただ残さない」という報告ダビデもと届いある。 31  そこで起き上がり,その着物引き裂き+,地なっ+。そのたちみな引き裂い+まま傍ら立っ* 32  ところが,ダビデ兄弟シムア+エホナダブ+答え言った,「我は,王たちある若者すべて彼ら殺しお思いなりませように。死んアムノンだけです+。アブサロム命令で,それ+タマル辱め+から定められこと+起きからです。 33  ですから今,王なるは,『王みな死んだ』という言葉留められませように。死んアムノンだけです」。 34  そのアブサロム逃げ去っ行っ+。後に,見張り+ある若者上げ見ると,見よ,彼後ろ山腹傍らから多く人々やっ来るところあっ* 35  そこでエホナダブ+言った,「ご覧ください,王ご子息たちられました。この言葉通り,そのようなりまし+」。 36  そして,彼話し終えるや,見よ,王たちやって,声上げ泣きはじめある。王も,そのたち皆,非常激しく泣いた。 37  一方アブサロム逃げ去って,ゲシュル+アミフドタルマイ+もと行った。そして,[ダビデは]*日々ずっそのため嘆き悲しん+ 38  アブサロム逃げ去って,ゲシュル+進ん行った。彼年間そこた。 39  ついに,王ダビデ[の魂]*アブサロムもと行くこと切望*。彼アムノン関し自ら慰めある。それ死んからある。

脚注

字義,「ヨナダブ」。マソ本箇所は「エホナダブ」と呼ばいる。
かまど焼いなく,十分揚げた,ドーナツようものあろう。
「それなりません,お兄様」,七十訳,古ラ訳。
「手」(複),七十訳,ウル訳; マソ本,「手」(単)。
七十訳このは,「そしてアブサロムよう張った」という終わっいる。
「自分らば」。ヘ語,ピルドー; この言葉最初来る箇所。
「彼周り立っそのたちみな外衣引き裂いた」,七十訳,ウル訳。
七十訳こう付け加えいる,「それで,その見張り近寄って,王告げ知らせ言った,『私山腹傍らホロナイム行くから来る人々ました』」。
動詞主語明らかするため挿入; シリ訳,ウル訳,「ダビデ」; 七十訳,「ダビデ王」; マソ本,「彼」。
「の魂」。「切望た」という女性ヘブライ動詞一致せるため挿入で,「王ダビデ」は男性形; 七十訳,「王霊」。
字義,「出行くことを[切望するあまり]衰えた」。