内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 12:1‐31

12  そこでエホバナタン+ダビデもとわさた。そこでそのもと+言った,「ある都市おり,ひとり富ん人,もうひとり資力乏しいでした。  富非常多く持っまし+  資乏しいは,自分買っ小さなものある子羊ほかは,何ありませでし+。そしてそれ生かしき,それそのに,皆一緒成長いきました。それわずかばかりものから食べ,そのから飲み,彼です。それとっようなりました。  しばらくて,ひとり富んところましが,彼自分からあるもの取って,自分ところ旅人ためそれ調える惜しみました。そこで,彼資力乏しい子羊取って,自分ところためそれ調えまし+」。  ここおいて,ダビデその対し非常激しく燃え+,彼ナタン言った,「エホバ生きおられる+。そんなこと値する+*  また,そのようからは,しかも同情+なかっだから,そのその子羊ため+償いべき+」。  そこでナタンダビデた,「あなたそのです! イスラエルエホバこのよう言わました。『わたしあなたそそい+イスラエルし,わたしあなたサウルから救い出し+  それに,わたしあなたあなた+を,またあなたたち+あなた与え,あなたイスラエルユダ*与え+。また,もしそれでも足りないいうあれば,わたし喜んこのようものものあなた増し加えあろ+  どうしてあなたエホバ悪いこと行なっ+,その言葉侮っか。ヒッタイトウリヤあなた討ち倒し+,その自分取り+,彼アンモン殺しだ。 10  それや,剣+定めないまであなた離れない+。あなたわたし侮って,ヒッタイトウリヤ取り,自分からある』。 11  エホバこのようました。『見よ,わたしあなた対して,あなたから災い起こそいる+。わたしあなたたちあなた取り上げ,あなた仲間与えよう+。その必ずこの太陽公然あなたたち寝るようなる+ 12  あなたひそか+,わたしイスラエル+,太陽+この行なうあろう』」。 13  そこでダビデナタン+,「わたしエホバ対しおかし+」。するとナタンダビデ言った,「エホバまた,確かあなた見逃さます+。あなた死ぬことありませ+ 14  それにしても,あなたこのよって,疑いなく不敬仕方+エホバ扱っ*で,あなた生まばかりそのは,必ず死ぬでしょ+」。 15  それからナタン帰った。 次いエホバは,ウリヤダビデ産ん子供撃た+,その病気なった。 16  それで,ダビデそのために[まことの]求めはじめた。ダビデ厳重断食続け+,入っ過ごし,地横たわっ+ 17  そこで,彼年長たち周り立って,彼から起こそが,彼それ応じず,彼ら一緒パン取ることなかっ+ 18  そして,七に,子供とうとう死んある。ところが,ダビデたちは,その子供死んこと告げる恐れた。「見よ,子供なお生きとき,確か我々話しかけが,我々聴いくださらなかった。であれば,どうして,『子供死にました』と言えようか。そうなれば,[王]はきっと悪いことなさるだろう」と,彼ら言っある。 19  ダビデそのたちささやき合っいる見ると,ダビデ子供死んこと悟るようなった。それダビデたち言った,「子供死んか」。これ対し彼ら言った,「亡くなりました」。 20  するとダビデから起き上がり,身洗っ塗り+,マント着替えて,エホバ+て,伏し拝ん+。その後,彼自分入っ求めで,人々早速パン置き,彼食べはじめた。 21  それゆえ,そのたち言った,「あなたなさっこのどういうことですか。お子様生きそのためあなた断食泣いおらに,お子様亡くなられるすぐ,起き上がり,パン食べはじめられました」。 22  これ言った,「子供なお生きは,わたし確か断食+,泣き続け+。それは,『エホバわたし恵み示しくださり,子供果たして生きるどう知っいるだれいるだろか』と思っから+ 23  しかしもうしまっ以上,どうしてわたし断食するか。わたしあのもう一度連れ戻せるだろ+。わたしあのところ行こいる+,あのわたしところ戻っない+」。 24  ときに,ダビデそのバテシバ+慰めるようなった。さらに,彼彼女ところ入り,彼女た。やがて彼女産み+,そのソロモン+呼ばれるようなっ*。そしてエホバは,確かその愛さ+ 25  そこで[]は預言ナタン+よっ伝えさせ,エホバために,そのエディデヤ*呼ばた。 26  ときに,ヨアブ+アンモンラバ+戦い続け,その王国都市*ついに攻め取った。 27  そこでヨアブ使ダビデ送っ言った,「わたしラバ戦いまし+。わたしまた,水都市攻め取りました。 28  ですから,民残り集め,この都市対し陣営敷き,これ攻め取っください。わたしこの都市攻め取るならないため,またわたしそれ付さとなえられるようことないためです」。 29  こうダビデすべて集めラバ行き,これ戦って,これ攻め取った。 30  そして,彼マルカム*そのから取り去っ+。その重さタラント*で,宝石付いた。それダビデ置かた。そして,彼運び出しその都市分捕り+非常多かった。 31  そして,そのを,彼連れて,石のこぎり鋭利道具+斧[を使う仕事]に就かせ,彼られんが作り従事*。こうて,彼アンモンすべて都市このようするあった。ついに,ダビデすべてエルサレム帰った。

脚注

字義,「死ある!」
「家」,マソ本,七十訳,ウル訳; シリ訳,「娘たち」。
「不敬仕方エホバ扱った」が読み方。本文は,「不敬仕方エホバ扱った」と読むよう修正(訂正)された。付録2ロ参照。
字義,「こうそのソロモン呼んだ」,マソ本; マソ本欄外,タル,シリ訳,および少数ヘブライ写本,「こう彼女そのソロモン呼んだ」。「ソロモン」とは,「平和好む」という意味。一 22:9脚注比較。
「ヤハ愛する者」の意。
多分,27同様,「水都市」。
アンモン偶像神,「ミルコム」かしれない。七十訳,「彼らメルコル」; ウル訳,「彼ら王」。
34.2㌔。
「従事た」,字母一つ訂正することよる; マソ本,「通り[抜け]させた」。