内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

サムエル第二 10:1‐19

10  そして,その​後,アンモン​+の​子​ら​の​王​が​死ん​で,その​子​ハヌン​が​彼​の​代わり​に​治め​はじめ​た​の​で​ある+  そこで​ダビデ​は​言っ​た,「わたし​は​ナハシュ​の​子​ハヌン​に​対し​て​愛​ある​親切​を​表わそ​う。彼​の​父​が​わたし​に​対し​て​愛​ある​親切​を​表わし​て​くれ​た​よう​に+」。こう​し​て​ダビデ​は​僕​たち​に​よっ​て​その​父​の​こと​で​彼​を​慰め​よう​と​し​て​人​を​やっ​た+。そこで​ダビデ​の​僕​たち​は​アンモン​の​子​ら​の​地​に​入っ​た。  ところが,アンモン​の​子​ら​の​君​たち​は​その​主​ハヌン​に​言っ​た,「ダビデ​は​あなた​の​もと​に​慰める​者​たち​を​送っ​て​よこし​た​から​と​いっ​て,あなた​の​目​に​あなた​の​父上​を​敬っ​て​いる​の​でしょ​う​か。ダビデ​が​その​僕​たち​を​あなた​の​もと​に​送っ​て​よこし​た​の​は,この​都市​*を​くまなく​探り,ひそか​に​うかがっ​て​+覆す​ため​で​は​あり​ませ​ん​か+」。  それ​で​ハヌン​は​ダビデ​の​僕​たち​を​捕らえ,その​あごひげ​を​半分​そり落とし+,その​衣​を​尻​の​あたり​まで​半分​に​切っ​て,彼ら​を​送り返し​た+  後​に,人々​は​その​こと​を​ダビデ​に​報告​し​た​の​で,彼​は​すぐ​に​それら​の​者​を​迎え​に​人​を​やっ​た。それ​は,その​人​たち​が​非常​に​辱め​られ​た​と​感じ​て​い​た​から​で​ある。そこで​王​は​言っ​た,「あなた方​の​あごひげ​が​十分​伸びる​まで​エリコ​+に​とどまり​なさい。それ​から,あなた方​は​帰っ​て​来る​よう​に」。  その​うち​に,アンモン​の​子​ら​は,自分​たち​が​ダビデ​に​とっ​て​鼻持ち​なら​ない​もの​+と​なっ​た​の​を​見て取っ​た。そこで​アンモン​の​子​ら​は​人​を​やっ​て,ベト​・​レホブ​+の​シリア​人​と​ツォバ​+の​シリア​人,徒歩​の​者​二万​人,マアカ​+の​王[と]一千​人,イシュトブ*,一万二千​人​を​雇っ​た。  ダビデ​は​それ​を​聞く​と,ヨアブ​と​全軍[および]力​の​ある​者​たち​*を​送っ​た+  すると​アンモン​の​子​ら​は​出​て​来​て,門​*の​入口​で​戦闘​隊形​を​整え​はじめ​た。また,ツォバ​と​レホブ​+の​シリア​人,および​イシュトブ​と​マアカ​は​別​に​原野​に​い​た+  ヨアブ​は​戦い​の​前線​が​前​と​後ろ​から​自分​に​向かっ​て​いる​の​を​見て取る​と,すぐ​に​イスラエル​の​中​の​すべて​の​精鋭​+から​何​人​か​を​選ん​で,シリア​人​に​立ち向かう​よう​隊形​を​整え​させ​た。 10  そして​民​の​残り​は,自分​の​兄弟​アビシャイ​+の​手​に​託し​た。アンモン​の​子​ら​に​立ち向かう​よう​隊形​を​整え​させる​ため​で​あっ​た+ 11  そして​彼​は​さらに​言っ​た,「もし​シリア​人​が​わたし​に​とっ​て​強すぎる​なら,あなた​は​わたし​を​救う​者​と​なっ​て​くれ。しかし,もし​アンモン​の​子​ら​が,あなた​に​とっ​て​強すぎる​なら,わたし​も​必ず​あなた​を​救い​に​行く+ 12  強く​あれ。我々​の​民​の​ため,我々​の​​の​諸​都市​の​ため​に​+勇気​を​奮う​+ため​だ。エホバ​は,ご自分​の​目​に​良い​こと​を​行なわ​れる+」。 13  それ​から,ヨアブ​と​彼​と​共​に​い​た​民​は​シリア​人​と​の​戦い​に​進ん​だ​が,[シリア​人]は​彼​の​前​から​逃げ​て​行っ​た+ 14  アンモン​の​子​ら​は,シリア​人​が​逃げ​た​の​を​見​て,彼ら​も​アビシャイ​の​前​から​逃げ去り,都市​に​入っ​た+。その​後,ヨアブ​は​アンモン​の​子​ら​の​ところ​から​引き返し​て,エルサレム​+に​来​た。 15  シリア​人​は​自分​たち​が​イスラエル​の​前​に​撃ち破ら​れ​た​の​を​見る​と,寄り集まる​よう​に​なっ​た。 16  そこで,ハダドエゼル​+は​人​を​やっ​て,​の​地方​に​い​た​シリア​人​を​連れ出し​た​の​で+,彼ら​は​ヘラム​に​来​た*。ハダドエゼル​の​軍​の​長​ショバク​+が​彼ら​の​前​に​い​た。 17  この​報告​が​ダビデ​に​もたらさ​れる​と,彼​は​直ちに​全​イスラエル​を​集め,ヨルダン​を​渡っ​て,ヘラム​に​行っ​た。そこで​シリア​人​は​ダビデ​に​立ち向かう​ため​隊形​を​整え,彼​と​戦い​はじめ​た+ 18  そして,シリア​人​は​イスラエル​の​前​から​逃げ去っ​た+。こう​し​て​ダビデ​は​シリア​人​の​うち​兵車​の​御者​+七百​人​と​騎手​四万​人​を​殺し​た。また,彼ら​の​軍​の​長​ショバク​を​討ち倒し​た​の​で,彼​は​そこで​死ん​だ+ 19  その​すべて​の​王​たち+,ハダドエゼル​の​僕​たち​は,自分​たち​が​イスラエル​の​前​に​撃ち破ら​れ​た​の​を​見る​と+,速やか​に​イスラエル​と​和​を​講じ,これ​に​仕える​よう​に​なっ​た+。シリア​人​は​恐れ​て,それ​以上​アンモン​人​を​救お​う​と​は​し​なかっ​た+

脚注

「都市」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; 代​一 19:3では「地」。
「イシュトブ」。または,「トブ​の​人々」。
字義,「全軍 ― 力​の​ある​者​たち」。16:6; 20:7; 23:8参照。
「門」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; 代​一 19:9では「市」。
「彼ら​は​ヘラム​に​来​た」,マソ本,七十訳,シリ訳; ウル訳,「彼​は​その​軍​を​そこ​に​導い​た」。