内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第二 1:1‐27

1  そして,サウル死後,ダビデアマレク*+討ち倒し帰っとき,ダビデチクラグ+とどまっある。  そして,三こと,見よ,ひとり+陣営から,サウルところからやった。その引き裂か+,頭かぶっ+。そして,ダビデもと来ると,彼直ちにひれ伏し+,平伏するあった。  次いダビデ言った,「どこからか」。すると,彼言った,「イスラエル陣営から逃れまいりました」。  そしてダビデさらに言った,「事態どうなっか。どうか,話しくれ」。これ対し言った,「民戦いから逃げ,民多く倒れ+,それサウル+そのヨナタン+まで死にました」。  それで,ダビデ自分話しその若者言った,「あなたサウルが,またそのヨナタン死んことどうして実際知っいる+」。  そこで,彼話しその若者言った,「わたし図らずもたまたまギルボア+ましが,そこでサウルその+もたました。そして,ご覧ください,兵車御者*乗ったち追いついまし+  彼振り返っわたし見ると,今度わたし呼びましで,わたしは,『はい,ここおります』と言いました。  するとさらに言いました,『お前だれだ』。そこでわたし言いました,『わたしアマレク+です』。  すると言いました,『どうか,わたし立って,まさしくわたし殺しくれ。けいれん*わたし捕らえいるだ。わたし+すべてなおわたしあるからだ』。 10  そこでわたし立ち,まさしく殺しまし+。彼倒れから生きることできない分かっからです。それから,わたしそのあっ王冠+と,そのあっ腕輪取りました。それらここに,我もと持っ来るためでした」。 11  ここおいダビデ自分つかんで,これ引き裂い+。彼人々やはり皆,そのようた。 12  そして彼らサウルと,そのヨナタンと,エホバ*と,またイスラエルこと+悼み悲しん泣き+,夕方まで断食+。彼ら倒れからある。 13  さて,ダビデ自分話しその若者言った,「あなたどこか」。すると言った,「わたしアマレク+で,外人居留です」。 14  それダビデ言った,「あなた出しエホバ油そそが*+滅び陥れること恐れなかっ+は,どうことか」。 15  そこで,ダビデ若者呼ん言った,「近寄れ。これ襲いかかれ」。こうて,彼討ち倒しで,彼死ん+ 16  ダビデそのとき言った,「あなた対する*は,あなた降り懸かれ+。あなたあなた対し証言+,『わたしまさしく,エホバ油そそが殺しまし+』と言っからだ」。 17  次いダビデは,サウルそのヨナタン+ため哀歌詠唱+ 18  ユダ+は「+」を教わるよう言った。見よ,それヤシャル*+記さいる。 19  「イスラエルよ,麗しいものお前高き所打ち殺さ+ああ,力あるたち倒れた。 20  あなた方これガト告げる+アシュケロンちまた告げ知らせる+フィリスティアたち歓ぶことないためだ。割礼受けないたち歓喜することないため+ 21  ギルボア山々+よ,お前たちに,露も,雨下るな。聖なる寄進*+なくなれ。そこで,力あるたち汚さ*からだ。サウルが。ゆえにもっ油そそが+だれなかった。 22  打ち殺さたちから,力あるたちから,ヨナタン引き返さなかっ+サウル奏さ帰ることなかっ+ 23  サウルヨナタン+も,その生きいる間,愛すべき人,快いたちで,その死ぬときも,ふたり離れなかっ+より速く+ライオンより*力強かっ+ 24  イスラエルたち,サウルため泣け。美しい装飾付い緋色[の衣]をお前たちまとわせ,お前たち衣服飾り付けくれ+ 25  ああ,力あるたち戦いさなか倒れ+ヨナタンお前高き所打ち殺さ+ 26  わたし兄弟ヨナタン,わたしあなたため苦しんいる。あなたわたしとっ非常快いだっ+あなたわたしとっよりすばらしかっ+ 27  ああ,力あるたち倒れ+戦い武器滅びうせた!」

脚注

「アマレク人」,シリ訳および五つヘブライ写本; マソ本,七十訳,ウル訳,「アマレク」。
「兵車御者」。または,「兵車」。
「めまい」,シリ訳; マソ本意味明確ない。
「エホバ」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「ユダ」。
「の油そそが」。ヘ語,メシーアハ; ギ語,クリストン; シ語,ラムシーヘ; ラ語,クリストゥム
「あなた対する罪」。字義,「あなた血」(複)。
または,「“廉直者”」。
「聖なる寄進物」。七十訳,ウル訳,「初物」。
または,「盾忌まわしさもっ退けられ」。
ライオンよりも」。ヘ語,メーアラーヨート。アフリカライオン。