内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 6:1‐21

6  それから,エホバ+か月間,フィリスティアあった。*  次フィリスティア祭司たち占いたち呼び寄せ+言った,「エホバどうたらよいだろう。何よっそれ場所送り返したらよい知らせもらいたい」。  これ彼ら言った,「イスラエル送り返すなら,捧げなしそれ送り返しなりません。あなた方ぜひとも罪科捧げ物+返すべきからです。そうすれば,あなた方いやされるでしょし,なぜあなた方から離れないきっと分かります」。  そこでは,「わたしたち返すべき罪科捧げ物だろか」と言った。それ彼ら言った,「フィリスティア枢軸領主したがって+,五つ五つとびねずみ*です。あなた方みんな*と,あなた方枢軸領主たち同じ神罰*受けいるからです。  それで,あなた方と,この滅び陥れいる,あなた方とびねずみ+作り,イスラエル栄光帰さなけれなりませ+。多分,彼あなた方と,あなた方と,あなた方から,その軽くくださるでしょ+  それに,どうしてあなた方は,エジプトファラオその鈍感ように,自分たち鈍感するでしょ+。[]が彼ら厳しく扱う+,彼らこれ去らせ,彼ら行っではありませ+  それ,一新しい仕立て+,くびき当てことない+,乳与えいる雌牛を[取り]なさい。その雌牛つなぎ,その引き離し帰らなけれなりません。  そして,エホバ取っ載せ,罪科捧げ物+返さなけれならない品物+は,そのわき入れるべきです。そして,あなた方それ送り返し,それ去っ行かなけれなりません。  そして,あなた方見るです。もしそれベトシェメシュ+へ,その領地上っ行けば,彼わたしたちこの大いなる行なっです。もしそうなければ,彼わたしたち触れなく,わたしたち起き偶然+あっこと知らなけれなりません」。 10  こうそのようた。それ彼らは,乳与え雌牛取り,それつなぎ,その閉じ込めた。 11  それから,彼エホバ載せ+,またとびねずみと,彼ら*を[載せた]。 12  すると,雌ベトシェメシュ+まっすぐ進みだし*。[雌牛]は一筋街道進み,進みながら鳴き*,右それなかった。そのずっと,フィリスティア枢軸領主たち+ベトシェメシュ境界まで,それ従っ歩くあった。 13  ときに,ベトシェメシュ低地平原小麦刈り入れ+た。彼ら上げその見ると,これ歓びだした。 14  そしては,ベトシェメシュヨシュア入り,そこそのまま止まった。そこ大きなあった。そこで彼らその割ることし,その雌牛+焼燔捧げ物エホバささげ+ 15  そして,レビたち+エホバと,それあった,金品物入っ下ろし,それその大きな置いた。そしてベトシェメシュ+人々は,焼燔捧げ物ささげ,その日,エホバさらに犠牲ささげた。 16  そしてフィリスティア枢軸領主+は,これて,その日,エクロン帰っ行った。 17  さて,これらフィリスティアエホバ罪科捧げ物返しある+。すなわち,アシュドド+ため一つ,ガザ+ため一つ,アシュケロン+ため一つ,ガト+ため一つ,エクロン+ため一つある。 18  また,金とびねずみは,防備施さ都市から防備田舎まで,五枢軸領主ものあるフィリスティアすべて都市よった。 そして,彼らエホバ据え大きな*は,今日至るまでベトシェメシュヨシュア証し*なっいる。 19  ときに,[]はベトシェメシュ+人々打ち倒されるようなっ*。彼らエホバからある。それで,民うち七十人 ― 五万* ― を打ち倒さた。エホバ打ち倒し大いに殺さで,民嘆き悲しみだし+ 20  その,ベトシェメシュ人々言った,「だれこのなるエホバ立ちよう+。わたしたちところからだれところ退かれるだろ+」。 21  ついにキルヤトエアリム+住民使者送っ言った,「フィリスティアエホバ返しよこしまた。下って,それあなた方ところ持っ行っください+」。

脚注

七十訳付け加えいる。「そして彼らはつかねずみ発生た」。
「とびねずみ」。跳躍長い後ろ脚ある,はつかねずみようげっ歯動物。
「あなた方みんな」,タルおよび八つヘブライ写本; 七十訳,シリ訳,「あなた方」。
字義,「一つ神罰」。
「痔」,18ヘブライ写本。5一致て; マソ本,「腫瘍」。
字義,「道まっすぐなりはじめた」。
「進みながら鳴き」。ヘブライこれ二つ動詞から成り,いずれ不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「大きな石」,タル,七十訳,および三つヘブライ写本; シリ訳,ウル訳,「大アベル」,マソ本一致て。マソ本エヴェン(「石」)とする代わりに,アーヴェール(「アベル」)といる。
「証し」,または,「(野に)依然て(ある); (野に)まだ(ある)」,別母音符号打ち方よる; マソ本,「まで」。
「ときに,[神]はベトシェメシュ人々打ち倒されるようなった」,マソ本,(シリ訳),ウル訳; 七十訳,「ときに,エコニヤベトシェメシュ人々入らなかった」,または,「ときに,ベトシェメシュ人々エコニヤは[それを]喜ん受け入れなかった」。
「七十人 ― 五万人」。マソ本は,民 1:21‐46など,数字来る箇所なり,「五万人」というは,「そして」を意味する接続詞ワーウで「七十人」と結び付けられない。これは,「五万人」という書き入れ語句あること示唆いるしれない。シリ訳,「それで,エホバうち五千七十打ち倒さた」; アラビアこれ一致する。タル,「それで,[神]は年長うち七十と,会衆うち五万打ち倒さた」; 七十訳,「それで,[神]は彼らうち七十と,人々五万打ち倒さた」; ヨセフス(「ユダヤ古代誌」,第6巻,1章,4節)は,ただ70殺さことだけ述べ,5万こと全く省いいる。