アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

サムエル第一 5:1-12

5  ところでフィリスティア人は,[まことの]の箱を奪い+,次いでそれをエベネゼルからアシュドド+に運んだ。  それからフィリスティア人は[まことの]の箱を取ってダゴンの家に運び,それをダゴンの傍らに置いた+  それからアシュドド人がその翌日早く起きてみると*,ダゴンはエホバの箱の前にうつ伏せになって地に倒れていた+。そこで彼らはダゴンを取り*,元の場所に戻した+  その翌日,朝早く起きてみると,ダゴンはエホバの箱の前にうつ伏せになって地に倒れており,ダゴンの頭とその両手のたなごころは切り離されて,敷居*のところにあった+。ただ,魚の部分だけ*がその上に残っていた。  それゆえに,ダゴンの祭司たちや,ダゴンの家に入るすべての者は,今日に至るまで,アシュドドのダゴンの敷居を踏まない。*  そして,エホバの手+はアシュドド人の上に重くのしかかるようになり,また[]は慌てふためかせ*,彼らを,すなわちアシュドドとその領地とを痔+*打ちはじめられた。  そして,アシュドドの人々はそのようになったのを見て,こう言った。「イスラエルのの箱を我々のもとにとどまらせるな。その手が我々と我々の神*ダゴンに対して厳しく臨んでいるからだ+」。  そこで彼らは人をやり,フィリスティア人のすべての枢軸領主を自分たちのところに集めて言った,「イスラエルのの箱をどうしたものか」。ついに彼らは,「ガト+の方にイスラエルのの箱を回したらよかろう」と言った。こうして彼らはイスラエルのの箱をそこへ*回した。  そして,彼らがそれをそこへ回した後,エホバの手+は非常な大混乱をもってその都市に臨むようになり,[]はその都市の人々を,小なる者から大なる者まで打たれたので,彼らに痔+が発生しはじめたのである* 10  そこで彼らは[まことの]*の箱をエクロン+に送った。すると,[まことの]の箱がエクロンに着くや,エクロン人は叫んで言いだした,「彼らはイスラエルのの箱をわたしのところに回してよこして,わたしとわたしの民とを死なせようとしているのだ+!」 11  そこで彼らは人をやり,フィリスティア人の枢軸領主をみな集めて言った,「イスラエルのの箱を去らせ,それを元の場所に戻し,わたしとわたしの民とを死なせることのないようにしてもらいたい」。というのは,死の混乱が全市で起きていたからである+。[まことの]の手はそこに非常に重く臨み+ 12  死ななかった人々は打たれて痔になっていた+。そして,助けを求めるその都市の叫び+は天に上っていた。

脚注

七十訳は,「ダゴンの家に入って見ると」を付け加えている。
「取り」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「起こし」。
または,「基壇」。
字義,「ただ,ダゴンだけ」,ダゴンの偶像は外見上,半身が人間の形で,半身が魚の形だったので。
七十訳は,「またぐ(跳び越える)者たちはまたぐ(跳び越える)からである」を付け加えている。ゼパ 1:9と比較。
または,「[神]は[彼らを]荒廃させ」。
または,「災厄のはれ物で」。ヘ語,バフォーリーム。このヘブライ語の言葉が人間の肛門と関連づけられているため,マソラ学者は慎み深さを示して,この言葉に「腫瘍」を意味するテホーリームの母音符号を打った。同時に,後者の言葉を欄外に記し,そのように読み替えられるべきであるとした。
「我々の」。ヘ語,エローヘーヌー。威光を表わす複数形で,ダゴンに用いられている; ギ語,テオン; ラ語,デウム裁 16:23の脚注と比較。
「ガトへ」,七十訳。
「小なる者から大なる者まで打たれ,彼らの押し出た直腸が化のうしだした。それで,ガトの人々は一緒に相談し,自分たちのために皮の座席を作った」,ウル訳
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム。このエローヒームという称号の前に付いている定冠詞「ハー」は,この方と偽りの神ダゴンとを区別するものとなっている。付録1ヘ参照。