内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 5:1‐12

5  ところフィリスティアは,[まことの]奪い+,次いそれエベネゼルからアシュドド+運んだ。  それからフィリスティアは[まことの]取っダゴン運び,それダゴン傍ら置い+  それからアシュドドその翌日早く起きみる*,ダゴンエホバうつ伏せなっ倒れ+。そこで彼らダゴン取り*,元場所戻し+  その翌日,朝早く起きみると,ダゴンエホバうつ伏せなっ倒れおり,ダゴンその両手たなごころ切り離さて,敷居*ところあっ+。ただ,魚部分だけ*その残った。  それゆえに,ダゴン祭司たちや,ダゴン入るすべては,今日至るまで,アシュドドダゴン敷居踏まない。*  そして,エホバ+アシュドド重くのしかかるようなり,また[]は慌てふためか*,彼らを,すなわちアシュドドその領地+*打ちはじめられた。  そして,アシュドド人々そのようなって,こう言った。「イスラエル我々もととどまらせるな。その我々我々*ダゴン対し厳しく臨んいるから+」。  そこで彼らやり,フィリスティアすべて枢軸領主自分たちところ集め言った,「イスラエルどうものか」。ついに彼らは,「ガト+イスラエル回したらよかろう」と言った。こう彼らイスラエルそこ*回した。  そして,彼らそれそこ回し後,エホバ+非常混乱もっその都市臨むようなり,[]はその都市人々を,小なるからなるまで打たで,彼ら+発生はじめある* 10  そこで彼らは[まことの]*エクロン+送った。すると,[まことの]エクロン着くや,エクロン叫ん言いだした,「彼らイスラエルわたしところ回しよこて,わたしわたし死なよういる+!」 11  そこで彼らやり,フィリスティア枢軸領主みな集め言った,「イスラエル去らせ,それ場所戻し,わたしわたし死なせることないようもらいたい」。というのは,死混乱全市起きからある+。[まことの]そこ非常重く臨み+ 12  死ななかっ人々打たなっ+。そして,助け求めるその都市叫び+上った。

脚注

七十訳は,「ダゴン入っ見ると」を付け加えいる。
「取り」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「起こし」。
または,「基壇」。
字義,「ただ,ダゴンだけ」,ダゴン偶像外見上,半身人間で,半身だっで。
七十訳は,「またぐ(跳び越える)者たちまたぐ(跳び越える)からある」を付け加えいる。ゼパ 1:9比較。
または,「[神]は[彼らを]荒廃せ」。
または,「災厄はれ物で」。ヘ語,バフォーリーム。このヘブライ言葉人間肛門関連づけられいるため,マソラ慎み深さ示して,この言葉に「腫瘍」を意味するテホーリーム母音符号打った。同時に,後者言葉欄外記し,そのよう読み替えられるべきあるた。
「我々」。ヘ語,エローヘーヌー。威光表わす複数で,ダゴン用いられいる; ギ語,テオン; ラ語,デウム裁 16:23脚注比較。
「ガトへ」,七十訳。
「小なるからなるまで打たれ,彼ら押し出直腸化のうしだた。それで,ガト人々一緒相談し,自分たちため座席作った」,ウル訳
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム。このエローヒームいう称号付いいる定冠詞「ハー」は,この偽りダゴン区別するものなっいる。付録1ヘ参照。