内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

サムエル第一 4:1‐22

4  こう​し​て,サムエル​の​言葉​は​引き続き​全​イスラエル​に​及ん​だ** 次い​で​イスラエル​は​戦い​で​フィリスティア​人​に​立ち向かう​ため​に​出​て​行っ​た*。彼ら​は​エベネゼル​*+の​そば​に​*野営​する​よう​に​なっ​た。フィリスティア​人​の​ほう​は​アフェク​+で​陣営​を​敷い​た。  そして,フィリスティア​人​は​イスラエル​に​立ち向かう​ため​隊形​を​整え​た+。戦い​は​ひどく​なっ​て*,イスラエル​は​フィリスティア​人​の​前​に​撃ち破ら​れ​た+。[フィリスティア​人]は​野​の​閉ざさ​れ​た​戦列​で​約​四千​人​を​討ち倒す​こと​に​なっ​た*  民​が​陣営​に​戻っ​て​来​た​とき,イスラエル​の​年長​者​たち​*は​言いだし​た,「なぜ​エホバ​は​今日,フィリスティア​人​の​前​で​わたしたち​を​撃ち破ら​れ​た​の​だろ​う+。シロ​から​エホバ​の​契約​の​箱​を​わたしたち​の​ところ​に​持っ​て​来​よう+。それ​が​わたしたち​の​中​に​入っ​て,わたしたち​を​敵​の​たなごころ​から​救う​ため​で​ある」。  そこで​民​は​シロ​に​人​を​やっ​て,そこ​から,ケルブ​たち​の​上​に​*座し​て​おら​れる​万軍​の​エホバ​+の​契約​の​箱​を​運ん​だ。そして,エリ​の​二​人​の​子​は[まこと​の]*の​契約​の​箱​と​共​に​そこ​に​い​た。すなわち,ホフニ​と​ピネハス​+で​あっ​た。  さて,エホバ​の​契約​の​箱​が​陣営​に​入る​や,イスラエル​人​は​皆​どっ​と​大​歓声​を​上げ​た​の​で+,地​は​どよめく​の​で​あっ​た。  フィリスティア​人​も​その​歓声​を​聞い​て,「ヘブライ​人​の​陣営​の​この​大​歓声​+は​どういう​こと​な​の​か」と​言いだし​た。ついに​彼ら​は​エホバ​の​箱​が​陣営​に​入っ​た​こと​を​知っ​た。  そして​フィリスティア​人​は​恐れ​た。彼ら​は,「*が​陣営​に​入っ​た+!」と​言っ​た​の​で​ある。それ​で​彼ら​は​言っ​た,「我々​は​災い​だ! この​よう​な​こと​は​これ​まで​一度​も​起き​た​こと​が​ない​から​だ。  我々​は​災い​だ! だれ​が​我々​を​この​威光​の​ある​​の​手​から​救え​よう。この​方​こそ,荒野​で,あらゆる​殺りく​を​もっ​て​エジプト​を​打つ​者​と​なっ​た​​だ*+  フィリスティア​人​よ,勇気​を​奮い,男らしく​せよ。ヘブライ​人​が​お前​たち​に​仕え​た​よう​に+,お前​たち​が​彼ら​に​仕える​こと​の​ない​ため​だ。お前​たち​は​男らしく​し​て,戦わ​なけれ​ば​なら​ない!」 10  こう​し​て​フィリスティア​人​は​戦い,イスラエル​は​撃ち破ら​れ+,彼ら​は​各々​自分​たち​の​天幕​*に​逃げ​て​行っ​た+。殺りく​は​非常​に​大きかっ​た​+ため,イスラエル​の​うち​徒歩​の​者​三万​人​が​倒れ​た+ 11  そして​*の​箱​も​奪い取ら​れ+,エリ​の​二​人​の​子,ホフニ​と​ピネハス​は​死ん​だ+ 12  そして,ひとり​の​ベニヤミン​人​が​戦列​から​走っ​て​来​て,その​日,シロ​に​着い​た。その​衣​は​引き裂か​れ+,頭​に​は​泥​を​かぶっ​て​い​た+ 13  彼​が​着い​て​みる​と,エリ​は​道端​の​席​に​座っ​て,見張っ​て​い​た。その​心​は[まこと​の]​の​箱​の​こと​で​おののい​て​い​た​から​で​ある+。そして,その​人​が​市内​に​入っ​て​報告​し​た​の​で,全市​は​叫びだし​た。 14  そして​エリ​は​その​叫び声​を​聞い​た。それ​で​彼​は​言っ​た,「この​騒然​と​し​た​音​は​どういう​こと​な​の​か+」。そして,その​人​は​入っ​て​エリ​に​報告​し​よう​と​急い​だ。 15  (さて,エリ​は​九十八​歳​で,その​目​は​こわばっ​て​い​た​ため,見る​こと​が​でき​なかっ​た+。) 16  それ​から,その​人​は​エリ​に​言っ​た,「私​は​戦列​*から​来​た​者​です。私​は ― 今日,戦列​から​逃れ​て​来​た​の​です」。そこで​彼​は,「我​が​子​よ,状況​は​どう​なっ​た​の​か」と​言っ​た。 17  そこで,知らせ​を​持っ​て​来​た​その​人​は​答え​て​言っ​た,「イスラエル​は​フィリスティア​人​の​前​から​逃げ,また​民​の​間​に​は​大​敗北​が​生じ​まし​た+。それ​に​また,あなた​の​二​人​の​ご子息 ― ホフニ​と​ピネハス+ ― も​死​に,[まこと​の]​の​契約​の​箱​まで​奪い取ら​れ​て​しまい​まし​た+」。 18  そして,彼​が[まこと​の]​の​箱​の​こと​を​述べ​た​*ところ,[エリ]は​その​席​から​門​の​そば​に​あお向け​に​落ち,その​首​が​折れ​て,死ん​だ。この​人​は​年​を​取っ​て​い​て,重かっ​た​から​で​ある。彼​は,四十​年​間​イスラエル​を​裁い​た。 19  また,彼​の​嫁,ピネハス​の​妻​は​身ごもっ​て​い​て​出産​が​近かっ​た​が,[まこと​の]​の​箱​が​奪い取ら​れ,しゅうと​と​夫​が​死ん​だ​と​いう​報告​を​聞い​た。すると​彼女​は​身​を​かがめ,出産し​はじめ​た。突然,陣痛​が​臨ん​だ​*から​で​ある+ 20  そして,彼女​が​死​に​かけ​て​い​た​時,その​傍ら​に​立っ​て​い​た​女​たち​が​話しだし​た,「恐れ​て​は​なり​ませ​ん。男​の​子​を​あなた​は​産ん​だ​の​ですから+」。ところ​が​彼女​は​答え​ず,その[言葉]に​心​を​留め​なかっ​た。 21  ただ​彼女​は​その​子​を​イカボド​*+と​呼ん​で,「栄光​は​イスラエル​を​追わ​れ​て​去り​まし​た+」と​言っ​た​が,[これ​は][まこと​の]​の​箱​が​奪い取ら​れ​た​こと​と,その​しゅうと​と​夫​の​こと​を​指し​た​の​で​ある+ 22  それ​で​彼女​は​言っ​た,「栄光​は​イスラエル​を​追わ​れ​て​去り​まし​た+。[まこと​の]*の​箱​が​奪い取ら​れ​て​しまっ​た​から​です+」。

脚注

または,「臨ん​だ」。
多く​の​ヘブライ​語​写本​に​は​ここ​に​空白​の​箇所​が​ある。それ​は​恐らく​脱落​が​生じ​た​こと​を​示す​もの​と​思わ​れる​が,七十訳​の​次​の​よう​な​一文​を​付け加える​こと​に​より​埋め​られる。「そして,その​ころ,フィリスティア​人​は​戦い​の​ため​イスラエル​に​向かっ​て​寄り集まる​よう​に​なっ​た」。
または,「フィリスティア​人​に​向かっ​て​出​て​行っ​た」,マソ本; 七十訳,「彼ら​に​立ち向かう​ため​に​出​て​行っ​た」。
「エベネゼル」。字義,「“”“助け”」。ヘ語,ハーエヴェン(「石」)ハーエーゼル(「助け」); ギ語,アベネゼル; ウル訳,「“助け​の​石”」。7:12,「エベネゼル」の​脚注​と​比較。
または,「の​上​に」。
「戦い​は​傾い​て​いき」,七十訳,すなわち,イスラエル​に​不利​に​なり。
「[フィリスティア​人]は……約​四千​人​を​討ち倒す​こと​に​なっ​た」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「(約)四千​人​が……討ち倒さ​れ​た」。
または,「長老​たち」。
または,「の​間​に」。マソ本​は​省い​て​いる。
「[まこと​の]」。ヘ語,ハーエローヒーム; シリ訳,ウル訳,「エホバ」; ウル訳​,「神」。付録1ヘ参照。
「神」。ヘ語,エローヒーム。威光​を​表わす​複数​形​で,「入っ​た」と​いう​単数​形​の​動詞​を​伴っ​て​いる; 七十訳,「これら​の​神々」; ラ語,デウス。
または,「これら​威光​の​ある​神々……。これら​の​方々​こそ……打つ​者​と​なっ​た​神々​だ」。これら​の​言葉​は​マソ本​で​は​複数​形​で​あり,異教​徒​の​フィリスティア​人​さえ,これら​の​言葉​で​威光​を​表わし​て​い​た​と​考え​られる。5:7の​脚注​参照。
「天幕」(単),七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「天幕」(複)。
「神」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,テウー; ラ語,デイー; シリ訳,「エホバ」。
「戦列」,マソ本; ウル訳,「戦い」; 七十訳,「陣営」。
または,「箱​の​こと​を​思い起こさ​せ​た」。
「突然,陣痛​が​臨ん​だ」。字義,「陣痛​が​彼女​に​向かっ​た」。
「栄光​は​どこ​に​ある​の​か」の​意。
「[まこと​の]」。ヘ語,ハーエローヒーム; 七十訳,「エホバ」。付録1ヘ参照。