内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 3:1‐21

3  そのずっと,少年サムエルエリエホバ奉仕+。そのころ,エホバから言葉+まれ+,幻+ひとつ広められなかった。  さて,その日,エリ自分場所あった。そのかすむようなり+,彼見ることできなかった。  ときに,ともしび*まだ消さおらず,サムエルは,あるエホバ神殿+た。  すると,エホバサムエル呼ば*。そこでは,「はい,ここおります+」と言った。  そしてエリもと走っ行って,こう言った,「はい,ここおります。私お呼びなりましで」。しかし[エリ]は,「わたし呼びない。帰っなさい」と言った。それで,彼行った。  するとエホバさらにもう一度,「サムエル+!」と呼ばた。そこでサムエル起きて,エリもと行き,「はい,ここおります。確かお呼びなりましで」と言った。しかし[エリ]は言った,「我+,わたし呼びない。帰っなさい」。  (サムエルついいえば,まだエホバ知っおらず,エホバ言葉まだ啓示れるようなっなかっ+。)  それエホバもう一度,「サムエル!」と呼ばた。そこで起きて,エリもと行き,「はい,ここおります。私お呼びなっ違いありませで」と言った。 こうエリは,エホバこの少年呼んおられること悟るようなった。  そこでエリサムエル言った,「行って,寝なさい。もしもお前お呼びなっなら,お前必ず,『エホバよ,お話しください。僕聴いおりますから』と言うようなさい」。そこでサムエル行って,自分場所た。 10  それからエホバ立ち,先ように,「サムエル,サムエル!」と呼ばた。そこでサムエルは,「お話しください。僕聴いおりますから+」と言った。 11  エホバさらにサムエル言わた,「見よ,わたしイスラエルで,だれそれつい聞くなら,両耳鳴るよう+,あるよういる+ 12  その日,わたしは,エリ関し言っおいすべてことを,初めから終わりまで対し果たす+ 13  それで,お前は,わたし知っいるとが+ため*,定めないまでその裁こいる+こと告げなけれならない*。その息子たち*災い呼び求めいる+,彼これ叱らなかっからある+ 14  そして,そのようで,わたしエリ対して,エリとが犠牲よっも,捧げ物よっ定めないまで処罰免れることない誓っある+」。 15  そしてサムエルまでずっ*。それからエホバ開け+。けれども,サムエルその現われついエリ告げる恐れ+ 16  しかしエリサムエル呼ん言った,「我が子,サムエル!」 そこでは,「はい,ここおります」と言った。 17  [エリ]はさらに言った,「お前お話しなっ言葉どんなことだっか。どうか,わたし隠さないくれ+。もしもお前お話しなっすべて言葉うち一言わたし隠すなら,お前そのようなさり,重ねそのようなさるよう+」。 18  それサムエルすべて言葉告げ,何隠さなかった。そこで言った,「それエホバだ。その善いこと行なわますよう+」。 19  そしてサムエル成長ゆき,エホバおら+,そのすべて言葉一つ落ちさせなかっ+ 20  そして,全イスラエルダンからベエルシェバまで+,サムエルエホバ預言立場就くよう認められあること知るようなっ+ 21  そこでエホバ再びシロ現われ+。それエホバが,エホバ言葉よっシロご自身サムエル現わさからある+

脚注

「神ともしび」,つまり,燭台。レビ 24:2,3参照。
「サムエル呼ばた」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「『サムエル,サムエル!』と呼ばた」。10参照。
「彼知っいるとがために」,マソ本,シリ訳よる; 「とが」というヘブライわずか修正て「ゆえに」と読めば,ここようなる,「その息子たち災い呼び求めいること知っに,彼これ叱らなかっゆえに,わたしが」; 七十訳,「その息子たち不正ために」。
「それで,お前は……告げなけれならない」,15合わせて; マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳,「それで,わたしは……告げた」。
元々,「神」であっが,ソフェリムより「自分自身ために」と読むよう修正た。18修正箇所一つ。ギ語,テオン,「神」。付録2ロ参照。
七十訳は,「そして朝早く起きた」を付け加えいる。