内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

サムエル第一 3:1‐21

3  その​間​ずっ​と,少年​サムエル​は​エリ​の​前​で​エホバ​に​奉仕​し​て​い​た+。その​ころ,エホバ​から​の​言葉​+は​まれ​で+,幻​+は​ひとつ​も​広め​られ​て​い​なかっ​た。  さて,その​日,エリ​は​自分​の​場所​で​寝​て​い​た​の​で​あっ​た。その​目​は​かすむ​よう​に​なり+,彼​は​見る​こと​が​でき​なかっ​た。  とき​に,神​の​ともしび​*は​まだ​消さ​れ​て​おら​ず,サムエル​は,神​の​箱​の​ある​エホバ​の​神殿​+で​寝​て​い​た。  すると,エホバ​は​サムエル​を​呼ば​れ​た*。そこで​彼​は,「はい,ここ​に​おり​ます+」と​言っ​た。  そして​彼​は​エリ​の​もと​に​走っ​て​行っ​て,こう​言っ​た,「はい,ここ​に​おり​ます。私​を​お呼び​に​なり​まし​た​の​で」。しかし[エリ]は,「わたし​は​呼び​は​し​ない。帰っ​て​寝​なさい」と​言っ​た。それで,彼​は​行っ​て​寝​た。  すると​エホバ​は​さらに​もう​一度,「サムエル+!」と​呼ば​れ​た。そこで​サムエル​は​起き​て,エリ​の​もと​に​行き,「はい,ここ​に​おり​ます。確か​に​私​を​お呼び​に​なり​まし​た​の​で」と​言っ​た。しかし[エリ]は​言っ​た,「我​が​子​よ+,わたし​は​呼び​は​し​ない。帰っ​て​寝​なさい」。  (サムエル​に​つい​て​いえ​ば,まだ​エホバ​を​知っ​て​は​おら​ず,エホバ​の​言葉​も​まだ​彼​に​啓示​さ​れる​よう​に​なっ​て​は​い​なかっ​た+。)  それ​で​エホバ​は​三​度​目​に​もう​一度,「サムエル!」と​呼ば​れ​た。そこで​彼​は​起き​て,エリ​の​もと​へ​行き,「はい,ここ​に​おり​ます。私​を​お呼び​に​なっ​た​に​違いあり​ませ​ん​の​で」と​言っ​た。 こう​し​て​エリ​は,エホバ​が​この​少年​を​呼ん​で​おら​れる​こと​を​悟る​よう​に​なっ​た。  そこで​エリ​は​サムエル​に​言っ​た,「行っ​て,寝​なさい。もしも​お前​を​お呼び​に​なっ​た​なら,お前​は​必ず,『エホバ​よ,お話し​ください。僕​は​聴い​て​おり​ます​から』と​言う​よう​に​し​なさい」。そこで​サムエル​は​行っ​て,自分​の​場所​で​寝​た。 10  それ​から​エホバ​が​来​て​立ち,先​の​時​の​よう​に,「サムエル,サムエル!」と​呼ば​れ​た。そこで​サムエル​は,「お話し​ください。僕​は​聴い​て​おり​ます​から+」と​言っ​た。 11  エホバ​は​さらに​サムエル​に​言わ​れ​た,「見よ,わたし​は​イスラエル​で,だれ​で​も​それ​に​つい​て​聞く​なら,両耳​が​鳴る​よう​な+,ある​事​を​し​よう​と​し​て​いる+ 12  その​日,わたし​は,エリ​の​家​に​関し​て​言っ​て​おい​た​すべて​の​こと​を,初め​から​終わり​まで​彼​に​対し​て​果たす+ 13  それで,お前​は,わたし​が​彼​の​知っ​て​いる​とが​+の​ため​に*,定め​の​ない​時​まで​も​その​家​を​裁こ​う​と​し​て​いる​+こと​を​彼​に​告げ​なけれ​ば​なら​ない*。その​息子​たち​が​神​*の​上​に​災い​を​呼び求め​て​いる​の​に+,彼​は​これ​を​叱ら​なかっ​た​から​で​ある+ 14  そして,その​よう​な​訳​で,わたし​は​エリ​の​家​に​対し​て,エリ​の​家​の​とが​は​犠牲​に​よっ​て​も,捧げ物​に​よっ​て​も​定め​の​ない​時​まで​も​処罰​を​免れる​こと​は​ない​と​誓っ​た​の​で​ある+」。 15  そして​サムエル​は​朝​まで​ずっ​と​寝​て​い​た*。それ​から​彼​は​エホバ​の​家​の​戸​を​開け​た+。けれども,サムエル​は​その​現われ​に​つい​て​エリ​に​告げる​の​を​恐れ​た+ 16  しかし​エリ​は​サムエル​を​呼ん​で​言っ​た,「我が​子,サムエル!」 そこで​彼​は,「はい,ここ​に​おり​ます」と​言っ​た。 17  [エリ]は​さらに​言っ​た,「お前​に​お話し​に​なっ​た​言葉​は​どんな​こと​だっ​た​の​か。どうか,わたし​に​隠さ​ない​で​くれ+。もしも​お前​に​お話し​に​なっ​た​すべて​の​言葉​の​うち​一言​で​も​わたし​に​隠す​なら,神​が​お前​に​その​よう​に​なさり,重ね​て​その​よう​に​なさる​よう​に+」。 18  それ​で​サムエル​は​すべて​の​言葉​を​彼​に​告げ,何​も​彼​に​隠さ​なかっ​た。そこで​彼​は​言っ​た,「それ​は​エホバ​だ。その​目​に​善い​こと​を​行なわ​れ​ます​よう​に+」。 19  そして​サムエル​は​成長​し​て​ゆき,エホバ​も​彼​と​共​に​おら​れ+,その​すべて​の​言葉​を​一つ​も​地​に​落ち​させ​なかっ​た+ 20  そして,全​イスラエル​は​ダン​から​ベエル​・​シェバ​まで+,サムエル​が​エホバ​の​預言​者​の​立場​に​就く​よう​認め​られ​た​者​で​ある​こと​を​知る​よう​に​なっ​た+ 21  そこで​エホバ​は​再び​シロ​で​現われ​た+。それ​は​エホバ​が,エホバ​の​言葉​に​よっ​て​シロ​で​ご自身​を​サムエル​に​現わさ​れ​た​から​で​ある+

脚注

「神​の​ともしび」,つまり,燭台。レビ 24:2,3参照。
「サムエル​を​呼ば​れ​た」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「『サムエル,サムエル!』と​呼ば​れ​た」。10​節参照。
「彼​の​知っ​て​いる​とが​の​ため​に」,マソ本,シリ訳​に​よる; 「とが」と​いう​ヘブライ​語​を​わずか​に​修正​し​て「ゆえに」と​読め​ば,ここ​は​次​の​よう​に​なる,「その​息子​たち​が​神​の​上​に​災い​を​呼び求め​て​いる​こと​を​彼​が​知っ​て​い​た​の​に,彼​は​これ​を​叱ら​なかっ​た​ゆえ​に,わたし​が」; 七十訳,「その​息子​たち​の​不正​の​ため​に」。
「それで,お前​は……告げ​なけれ​ば​なら​ない」,15​節に​合わせ​て; マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳,「それで,わたし​は……告げ​た」。
元々,「神」で​あっ​た​が,ソフェリム​に​より「自分​自身​の​ため​に」と​読む​よう​に​修正​さ​れ​た。18​の​修正​箇所​の​一つ。ギ語,テオン,「神」。付録2ロ参照。
七十訳​は,「そして​朝早く​起き​た」を​付け加え​て​いる。