アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

サムエル第一 29:1-11

29  それからフィリスティア人+はその陣営[の者]をことごとくアフェクに集めた。一方,イスラエル人はエズレル+にある泉のほとりに野営していた。  そして,フィリスティア人の枢軸領主たち+は百人,または千人を従えて進み,ダビデとその部下はその後アキシュ+と共に進んでいた。  すると,フィリスティア人の君たちは言いだした,「これらのヘブライ人+は一体何者だ」。そこでアキシュはフィリスティア人の君たちに言った,「これはここ一,二年*わたしと共にいた,イスラエルの王サウルの僕ダビデではないか+。わたしは彼が[わたしのもとに]脱走して来た日から今日に至るまで彼にただの一事も見いださなかった+」。  ところが,フィリスティア人の君たちは彼に対して憤慨した。それでフィリスティア人の君たちはさらに言った,「この男を帰し+,あなたが割り当てた場所に帰らせよ。我々と共に戦いに下って行かせてはならない。彼が戦いで我々の反抗者*+とならないためだ。それに,この者は何をもってその主*の恵みにあずかれるようにするであろうか。これら[我々の]部下の首をもってするのではないか。  これは人々が踊りながら答え応じて,『サウルは千を討ち倒し,ダビデは万を』と言い続けた,そのダビデではないか+」。  それゆえ,アキシュ+はダビデを呼んで言った,「エホバは生きておられる+。あなたは廉直な人だ。あなたが陣営でわたしと共に出入りする+のは,わたしの目には善いことであった+。わたしはあなたがわたしのもとに来た日から今日まであなたに悪いことを見いださなかったからだ+。しかし,枢軸領主たち+の目にはあなたは善くないのだ。  それで今,安らかに帰って行きなさい。あなたがフィリスティア人の枢軸領主たちの目に何も悪いことを行なわないためだ」。  ところが,ダビデはアキシュに言った,「しかし,私が何をしたというのですか+。私があなたの前にいるようになった日から今日まで,あなたがこの僕に何を見いだされたというので+,私が行って,実際,王なる我が主の敵と戦ってはならないのでしょうか」。  そこでアキシュはダビデに答えて言った,「わたしはあなたがわたしの目にのみ使いのように善かったことをよく知っている+。ただフィリスティア人の君たちが,『彼を我々と共に戦いに上って行かせるな』と言ったのだ。 10  それで今,あなたと共に来たあなたの主の僕たちと共に朝早く起きなさい。あなた方にとって明るくなったなら,朝早く起きるように。それから行きなさい+」。 11  こうしてダビデは,すなわち彼とその部下は,早く起きて,朝出て行き+,フィリスティア人の地へ帰って行った。フィリスティア人は,エズレル+へ上って行った。

脚注

「ここ一,二年」。七十訳,「日々,この第二年」; マソ本,「これらの日々,もしくはこれらの年々」,ウル訳,「多くの日々,もしくは年々」。
反抗者」。ヘ語,レサーターン; ラ語,アドウェルサーリウス
「その」。ヘ語,アドーナーウ。20:38の脚注参照。