内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 27:1‐12

27  ところが,ダビデその言った,「今やわたしは,いつかサウルよっ一掃れるだろう。わたしとっフィリスティア+ぜひとも逃れる+越しことない。そうすれば,サウルイスラエル領地これ以上わたし捜すこと関し+わたしことあきらめる違いないし,わたしきっとから逃れられるだろう」。  そこでダビデち上がり,彼六百人々+ガト王,マオクアキシュ+ところ渡っ行った。  そして,ダビデガトアキシュ住んた。彼その部下たち,各々自分たち一緒+,ダビデその妻,エズレルアヒノアム+ナバル妻,カルメルアビガイル+あった。  そのうちに,ダビデガトげ去っ報告サウルもたらさで,[サウル]はなおもう一度捜し行こなかっ+  その,ダビデアキシュ言った,「もし今,私あなた恵みいるでしたら,人々地方都市一つ場所与えて,私そこ住めるようください。どうしてこのあなた王都住んでしょう」。  それゆえ,アキシュその,彼チクラグ与えた。そのようで,チクラグ+今日至るまでユダ属するようなっある。  そして,ダビデフィリスティア地方住ん日数か月+なった。  それダビデその上っ行った。それゲシュル+,ギルズ人,アマレク+襲撃するためあった。彼らテラム+から*シュル+まで,またエジプトまで[及ぶ]地住んある。  そして,ダビデその討つと,男生かしおかなかっ+。彼羊,牛,ろば,らくだ,衣取り,その後,アキシュもと帰った。 10  するとアキシュた,「あなた方今日,どこ襲撃か」。これ対しダビデ言っ+,「ユダ+と,エラフメエル+と,ケニ+です」。 11  男ついは,ダビデだれ生かしおいガト連れ来るようことず,こう言った。「彼ら我々こと告げて,『ダビデこのよう+』と言わないためだ」。(そして,彼フィリスティア地方住ん期間ずっと,彼やり方このようあった。) 12  そこで,アキシュダビデ+こう思った,「彼疑いなくそのイスラエル悪臭放つなっ+。彼定めないまでわたしなる違いない」。

脚注

「テラ(ム)から」,七十訳12写; ヘ語,メーオーラーム,「から」。15:4; ヨシュ 15:24比較。