アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

サムエル第一 27:1-12

27  ところが,ダビデはその心の中で言った,「今やわたしは,いつかサウルの手によって一掃されるだろう。わたしにとってはフィリスティア人+の地にぜひとも逃れる+に越したことはない。そうすれば,サウルはイスラエルの全領地でこれ以上わたしを捜すことに関し+わたしのことをあきらめるに違いないし,わたしはきっと彼の手から逃れられるだろう」。  そこでダビデは立ち上がり,彼と彼と共にいた六百人の人々+はガトの王,マオクの子アキシュ+のところへ渡って行った。  そして,ダビデはガトでアキシュと共に住んでいた。彼とその部下たち,各々自分の家の者たちと一緒で+,ダビデとその二人の妻,エズレル人の女アヒノアム+とナバルの妻,カルメル人の女アビガイル+とであった。  そのうちに,ダビデはガトへ逃げ去ったとの報告がサウルにもたらされたので,[サウル]はなおもう一度彼を捜しに行こうとはしなかった+  その後,ダビデはアキシュに言った,「もし今,私があなたの目に恵みを得ているのでしたら,人々が私に地方の都市の一つの中で場所を与えて,私がそこに住めるようにしてください。どうしてこの僕があなたと共に王都に住んでよいのでしょう」。  それゆえ,アキシュはその日,彼にチクラグを与えた。そのような訳で,チクラグ+は今日に至るまでユダの王に属するようになったのである。  そして,ダビデがフィリスティア人の地方に住んだ日数は一年四か月+となった。  それでダビデはその部下と共に上って行った。それはゲシュル人+,ギルズ人,アマレク人+を襲撃するためであった。彼らはテラム+から*シュル+まで,またエジプトの地にまで[及ぶ]地に住んでいたのである。  そして,ダビデはその地を討つと,男も女も生かしておかなかった+。彼は羊,牛,ろば,らくだ,衣を取り,その後,アキシュのもとに帰って来た。 10  するとアキシュは言った,「あなた方は今日,どこを襲撃したのか」。これに対してダビデは言った+,「ユダ+の南と,エラフメエル人+の南と,ケニ人+の南です」。 11  男や女については,ダビデはだれかを生かしておいてガトに連れて来るようなことはせず,こう言った。「彼らが我々のことを告げて,『ダビデはこのようにした+』と言わないためだ」。(そして,彼がフィリスティア人の地方に住んだ期間中ずっと,彼のやり方はこのようであった。) 12  そこで,アキシュはダビデを信じて+こう思った,「彼は疑いなくその民イスラエルの中で悪臭を放つ者となった+。彼は定めのない時までもわたしの僕となるに違いない」。

脚注

「テラ(ム)から」,七十訳12写; ヘ語,メーオーラーム,「から」。15:4; ヨシュ 15:24と比較。