内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

サムエル第一 26:1‐25

26  やがて​ジフ​+の​人々​*が​ギベア​+の​サウル​の​もと​に​来​て​言っ​た,「ダビデ​は​エシモン​*+に​面する​ハキラ​+の​丘​に​隠れ​て​いる​*では​あり​ませ​ん​か」。  そこで​サウル​は​立ち上がり+,ジフ​の​荒野​へ​下っ​て​行っ​た。ジフ​の​荒野​で​ダビデ​を​捜す​ため,彼​と​共​に​三千​人​の​部下+,イスラエル​の​選ば​れ​た​者​たち​が​い​た。  そして,サウル​は​エシモン​に​面する​ハキラ​の​丘​で,道​の​そば​に​野営​する​よう​に​なっ​た。一方,ダビデ​は​荒野​に​住ん​で​い​た。そして​彼​は,サウル​が​自分​を​追っ​て​荒野​に​来​た​の​を​見​た。  それ​で​ダビデ​は,サウル​が​実際​に​来​た​こと​を​知ろ​う​と​し​て​斥候​+を​遣わし​た。  その​後,ダビデ​は​立ち上がり,サウル​が​陣営​を​敷い​て​い​た​場所​に​行き,ダビデ​は​サウル​と​その​軍​の​長​ネル​の​子​アブネル​+と​が​横​に​なっ​て​いる​場所​を​見つけ​た。サウル​は​陣営​の​囲い​+の​中​で​横たわっ​て​おり,民​は​彼​の​周り​で​宿営​し​て​い​た。  そこで​ダビデ​は​答え​て,ヒッタイト​人​+アヒメレク​と,ヨアブ​の​兄弟​で​ある,ツェルヤ​+の​子​アビシャイ​+に​言っ​た,「だれ​が​わたし​と​共​に​陣営​の​中​の​サウル​の​ところ​へ​下っ​て​行く​か」。これ​に​対し​て​アビシャイ​は​言っ​た,「わたし​が​あなた​と​共​に​下っ​て​行き​ます+」。  それで,ダビデ​は​夜,アビシャイ​と​共​に​民​の​ところ​へ​進ん​で​行っ​た。すると,見よ,サウル​は​陣営​の​囲い​の​中​で​その​槍​を​頭​の​傍ら​の​地​に​突き刺し​た​まま​横たわっ​て​眠っ​て​おり,アブネル​と​民​も​彼​の​周囲​で​横たわっ​て​い​た。  そこで​アビシャイ​は​ダビデ​に​言っ​た,「*は​今日,あなた​の​敵​を​あなた​の​手​に​引き渡さ​れ​まし​た+。それ​で​今,どうか​わたし​に,彼​を​その​槍​で​ただ​一度​地​に​刺し通さ​せ​て​ください。わたし​は​彼​に​二​度​そう​は​致し​ませ​ん」。  ところが,ダビデ​は​アビシャイ​に​言っ​た,「彼​を​滅び​に​陥れ​て​は​なら​ない。エホバ​の​油そそが​れ​た​者​+に​向かっ​て​*手​を​出し​て,罪​の​ない​まま​で​いら​れ​た​者​が​だれ​か​いる​だろ​う​か+」。 10  そして​ダビデ​は​さらに​言っ​た,「エホバ​は​生き​て​おら​れる+。エホバ​が​彼​に​一撃​を​加え​られる​で​あろ​う+。あるいは,彼​の​日​が​来​て+,死な​なけれ​ば​なら​なく​なる​か,戦い​に​下っ​て​行き+,きっと​一掃​さ​れる​こと​で​あろ​う+ 11  エホバ​の​油そそが​れ​た​者​+に​向かっ​て​手​を​出す​+など,わたし​に​は,エホバ​の​見地​+から​し​て​考え​られ​ない​こと​だ+! それ​で​今,どうか,彼​の​頭​の​ところ​に​ある​槍​と​水差し​と​を​取り​なさい。そして,立ち去る​こと​に​し​よう」。 12  こう​し​て,ダビデ​は​サウル​の​頭​の​ところ​から​槍​と​水差し​と​を​取り,それ​から​彼ら​は​立ち去っ​た。だれひとり​と​し​て​見​た​者​+も,気づい​た​者​も,目​を​覚まし​た​者​も​なかっ​た。エホバ​から​の​深い​眠り​+が​彼ら​を​襲っ​て​い​た​ため,彼ら​は​みな​眠っ​て​い​た​から​で​ある。 13  それ​から,ダビデ​は​向こう​側​へ​渡っ​て​行き,かなり​離れ​た​山​の​頂上​に​立っ​た。彼ら​の​間​の​隔たり​は​相当​大きかっ​た。 14  そして,ダビデ​は​民​と​ネル​の​子​アブネル​に​呼ばわっ​て​言いだし​た,「アブネル+,あなた​は​答え​ない​の​か」。すると​アブネル​は​答え​て​言いだし​た,「王​に​呼ばわっ​た​あなた​は​だれ​か」。 15  そこで​ダビデ​は​アブネル​に​さらに​言っ​た,「あなた​は​男​で​は​ない​か。しかも,イスラエル​の​うち​に​あなた​の​よう​な​者​が​だれ​か​いる​だろ​う​か。それなのに,なぜ​あなた​は​王​なる​あなた​の​主​*を​見張ら​なかっ​た​の​か。民​の​一​人​が​あなた​の​主​なる​王​を​滅び​に​陥れ​よう​と​し​て​入り込ん​だ​の​に+ 16  あなた​の​し​た​この​事​は​善く​ない。エホバ​は​生き​て​おら​れる+。あなた方​は​死​に​値する*+。あなた方​の​主​を,エホバ​の​油そそが​れ​た​者​+を​見張っ​て​+い​なかっ​た​から​だ。それ​で​今,王​の​頭​の​ところ​に​あっ​た​その​槍​と​水差し​+が​どこ​に​ある​か​を​見よ」。 17  すると,サウル​は​ダビデ​の​声​に​気づき,こう​言いだし​た。「我​が​子​ダビデ​よ,これ​は​あなた​の​声​か+」。これ​に​対し​て​ダビデ​は​言っ​た,「王​なる​我​が​主​よ,わたし​の​声​です」。 18  そして​彼​は​こう​付け加え​た。「我​が​主​が​この​僕​の​跡​を​追っ​て​おら​れる​と​は,これ​は​どう​いう​訳​です​か+。わたし​が​何​を​し,どんな​悪​が​わたし​の​手​に​ある​と​いう​の​です​か+ 19  ですから​今,どうか,王​なる​我​が​主​が​この​僕​の​言葉​を​聴か​れ​ます​よう​に。もし,エホバ​が​あなた​を​駆り立て​て​わたし​に​刃向かわ​せ​た​の​でし​たら,[]が​穀物​の​捧げ物​の​におい​を​かが​れ​ます​よう​に+。しかし,もし​それ​が​人​の​子​ら​*でし​たら+,彼ら​は​エホバ​の​前​で​のろわ​れ​ます+。彼ら​は​今日,わたし​が​エホバ​の​相続​物​+と​結び付い​て​いる​と​感じる​こと​が​ない​よう,わたし​を​追い出し​て,『行っ​て,ほか​の​神々​に​仕えよ+!』と​言っ​た​から​です。 20  ですから​今,わたし​の​血​が​エホバ​の​み顔​の​前​で​地​に​落ちる​こと​の​ない​よう​に​し​て​ください+。人​が​山​の​上​で​しゃこ​を​追う​よう​に+,イスラエル​の​王​が​一​匹​の​蚤​を​捜そ​う​と​*し​て​出​て​来​られ​た​から​です+」。 21  すると​サウル​は​言っ​た,「わたし​は​罪​を​おかし​た+。我​が​子​ダビデ​よ,帰っ​て​来​なさい。今日,わたし​の​魂​が​あなた​の​目​に​貴い​もの​と​なっ​た​+ゆえ​に,わたし​は​もはや​あなた​に​危害​を​加え​は​し​ない​から​だ。見よ,わたし​は​愚か​な​こと​を​し​た​し,大変​間違っ​て​い​た」。 22  そこで,ダビデ​は​答え​て​言っ​た,「ここ​に​王​の​槍​が​あり​ます。若者​の​一​人​を​渡っ​て​来させ,これ​を​持っ​て​行か​せ​て​ください。 23  そして,エホバ​こそ,各々​に​対し​て​各自​の​義​+と​忠実​さ​と​に​報い​て​くださる​方​です。エホバ​は​今日,あなた​を​私​の​手​に​渡さ​れ​まし​た​が,私​は​エホバ​の​油そそが​れ​た​者​に​向かっ​て​手​を​出そ​う​と​は​し​なかっ​た​から​です+ 24  それで,ご覧​ください,あなた​の​魂​が​今日,私​の​目​に​大いなる​もの​で​あっ​た​通り,私​の​魂​も​エホバ​の​目​に​大いなる​もの​と​なり+,私​を​すべて​の​苦難​から​救い出し​て​ください​ます​よう​に+」。 25  ここ​に​おい​て​サウル​は​ダビデ​に​言っ​た,「我​が​子​ダビデ​よ,あなた​が​祝福​さ​れる​よう​に。あなた​は​必ずや​事​を​行なう​だけ​で​なく,必ずや​勝ち​を​得る​者​と​なる​で​あろ​う+」。こう​し​て​ダビデ​は​去っ​て​行き,サウル​は​自分​の​場所​へ​帰っ​て​行っ​た+

脚注

または,「ジフ​人​たち」。
または,「砂漠」。
「丘​で​わたしたち​の​すぐ​そば​に​隠れ​て​いる」,七十訳。
「神」,マソ本,ウル訳; シリ訳,「あなた​の​神」; 七十訳,「エホバ」。
「の​油そそが​れ​た​者​に​向かっ​て」。ヘ語,ビムシーアハ; ギ語,クリストン; シ語,メシーヘ; ラ語,クリストゥム
「あなた​の​」。ヘ語,アドーネイカー。卓越​を​表わす​複数​形。20:38の​脚注​参照。
字義,「あなた方​は​死​の​子​ら​で​ある」。
人​の​子​ら」。ヘ語,ベネー ハーアーダーム
「一​匹​の​蚤​を​捜そ​う​と」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「わたし​の​魂​を​捜そ​う​と」。