内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 25:1‐44

25  やがてサムエル+で,イスラエルみな集まり,彼ため嘆き悲しみ+,彼ラマ+その*葬った。それからダビデ立ち上がり,パラン*荒野+下っ行った。  さて,マオン+ひとりおり,その仕事カルメル*+あった。そして,その非常大いなるで,羊三千やぎ一千持った。彼カルメルその刈ること+に[携わって]いた。  ところで,そのナバル+いい,妻アビガイル+いった。そして,その思慮深さ優れおり+,姿美しかっが,夫粗暴で,行ない悪かっ+。彼カレブ+あった。  そして,ダビデナバルその刈っいること+荒野聞いた。  それダビデ若者遣わし,ダビデその若者たち言った,「カルメル上っ行きなさい。あなた方ナバルもと行って,わたしその安否尋ねるです+  そして,わたし*このよう言うです。『あなた無事ありますよう+。あなた無事ありますように。あなたお持ちものすべて無事ありますように。  ところ,わたし刈るたちあなたところいる聞きました。さて,あなた属する羊飼いたちわたしたちまし+。わたしたち彼ら悩ましませでし+,彼らカルメル期間ずっと,何一彼らものなくなっことありませでした。  あなたたち尋ねください。彼らあなた話すでしょう。ですから,わたし*若者たちあなた恵みられるようください。わたしたち良いですから。とにかく,どうか,何あなた手元あるものこのどもと,あなたダビデお与えください+』」。  こうダビデたちやって,ダビデよっすべてこれら言葉どおりナバル話し,それから待った。 10  そこでナバルダビデたち答え言った,「ダビデ何者+。エッサイ何者だ。このごろは,それぞれ自分主人*から逃げ出す多くなっ+ 11  それなのに,わたしパン+わたし*,それわたしところ刈るたちためほふった,わたしほふらもの取り,どこから分からないたちそれ与えなけれならない+」。 12  そこで,ダビデたち自分たち引き返し,帰って,すべてこれら言葉どおり報告た。 13  ダビデちにその部下言った,「各々自分帯びよ+!」 それ彼ら各々自分帯び,ダビデまた自分帯びた。彼ら,およそ四百は,ダビデ従っ上っ行くことた。一方,二百荷物そば座っ+ 14  そのに,ナバルアビガイルに,若者たち報告言った,「ご覧なさい,ダビデわたしたち主人幸せ祈るため*,荒野から使者たち遣わしに,[ご主人]は彼らどなりつけまし+ 15  それに,あのたちわたしたち大変よくくれました。彼らわたしたち悩ましませでしし,わたしたちとき,彼ら歩き回っ期間ずっと,何一つなくしませでし+ 16  わたしたちて,羊群れ飼っ期間ずっと,彼らわたしたち周り+なっくれました。 17  それ,あなたどうべき知り,わきまえください。災いわたしたち主人その全家対し定められいる+からです。[ご主人]はよう全くどうようない*+です」。 18  直ちに,アビガイル+急いパン二百個,ぶどう入っ大きなつぼ二つ+,整え+頭,炒っ+穀物セア*,干しぶどう菓子+個,押し固めいちじく菓子二百取り+,それらろば載せた。 19  それからその若者たち言った,「わたしより進みなさい+。ご覧なさい,わたしあなた方従っ行きます」。しかし,自分ナバル彼女告げなかった。 20  そして,彼ろば乗り+,ひそか下っ行くと,何と,ダビデその部下下っ来るところで,彼女会うことなっある。それで,彼女彼ら出会った。 21  一ダビデは,こう言った。「わたし荒野この属するものみな守っやり,彼属するものすべてうちただひとつなくなっものなかっ+,それ全く期待外れだった。それなのに,彼代えわたし返しいる+ 22  もしわたし属するすべてうち,壁向かっ放尿する*+ひとりまで残し置くなら+ダビデ*そのようなさり,重ねそのようなさるよう+」。 23  アビガイルダビデかけると,すぐ急いろばから降り,ダビデ伏せひれ伏し,地かがめ+ 24  そうして,彼足もと伏し+言った,「我よ,このあのとがありますよう+。どうか,この奴隷あなた話さくださり+,この奴隷言葉お聴きください。 25  どうか,我このどうようない+ナバル向けなりませように。そのように,あのそのようございますから。ナバル*いうそので,無分別*あのあるです+。あなた奴隷あるは,あなたお遣わしなった,我若者たちませでした。 26  それ,我よ,エホバ生きおら+,あなた生きおります+。エホバあなた+*陥り,あなたあなた救い+なること*とどめられまし+。ですから今,あなたと,我危害加えようするたちナバルようなりますよう+ 27  それ,このはしため持っ参りましこの祝福贈り物+つきましは,我足跡従っ+歩き回っいる若者たち与えられますように。 28  どうか,この違犯お赦しください+。エホバ必ずため永続する*作られるからです+。エホバ戦い戦っおられるですから+。悪いことは,あなた生涯*,あなたうち見いだされることないでしょ+ 29  人あなた追跡し,あなた捜し求めよう立ち上がるとき,我必ずあなたエホバもと+包まいることでしょ+。しかし,あなたついは,石投げくぼみからするように,[]は石投げこれ投げ出されるでしょ+ 30  そして,エホバそのすべてことしたがってに,あなた対し良いこと行なっくださいますで,必ずあなたイスラエル指導任命さることでしょ+ 31  ですから,故なく流し+,また主[の手]*その救いなっ+,これあなたとっよろめき*もと,またつまずきもとなりませように。そして,エホバ必ずよくくださいますで,この奴隷ぜひ思い出さますよう+」。 32  そこでダビデアビガイルた,「このあなた遣わしわたし会わせくださっイスラエルエホバほめたたえられるよう+ 33  そして,あなたほめたたえられ+,またこのわたし陥り+,わたしわたし救いなる+思いとどまらあなたほめたたえられるように。 34  だが,反に,わたしあなた危害加えるとどめられ+イスラエルエホバ生きおられる。もしあなた急いわたし会おなかっなら+,確かに,明け方までナバル向かっ放尿する*+ひとり残らなかっあろう」。 35  そこで,ダビデからその持っもの受け取り,彼女言った,「安心+あなた上っ行きなさい。ご覧なさい,わたしあなた聴き入れで,あなた考慮あげよう+」。 36  その,アビガイルナバルところが,見よ,彼自分+よう催した。ナバルその快く感じおり,彼このなく酔っ+で,彼女明け方まで,大小問わず,一事話さなかった。 37  そして,朝なって,ぶどう酒[の酔い]がナバルから去っから,そのこれら語りだしある。すると,彼+その死んようなり,彼ようなった。 38  その,約たって,エホバナバル打た+で,彼死んだ。 39  そして,ダビデナバルことやがて聞いた。それ言った,「ナバルから[わたし自由するため]わたし非難+訴え+処理し,ご自分悪いこと+する食い止めくださっエホバほめたたえられるように。ナバルエホバ返さ+!」 こうダビデやって,アビガイル自分+めとる彼女申し入れた。 40  それダビデたちカルメルアビガイルところて,彼女話し言った,「ダビデあなためとるためわたしたちあなたもと遣わしました」。 41  直ちに彼女立ち上がり,地伏せかがめ+言った,「ここたち洗う+はしためこの奴隷おります+」。 42  それから,アビガイル+立ち上がり,彼女つい*行く自分侍女連れろば乗っ+。彼女ダビデ使者たち伴っ*行き,こうそのなった。 43  ダビデエズレル+アヒノアム+めとっで,このたちそのなっ+ 44  一サウルは,その娘,ダビデミカル+ガリム+出身あるライシュパルティ+与えた。

脚注

「そのに」,マソ本,七十訳,ウル訳; シリ訳,「その埋葬に」。
「パラン」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「マオン」。
ヘブロン12ところある,ユダ山地都市。カルメル同一ない。ヨシュ 15:20,54,55参照。
「わたし兄弟に」,マソ本わずか修正することよる; ヘ語,レハーイ,「生けるに」。
字義,「その」。
「自分主人」。ヘ語,アドーナーウ。20:38脚注参照。
「水」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「ぶどう酒」。
字義,「わたしたち主人祝福するために」。
「全くどうようない方」。字義,「ベリアル(無価値)の子」。
1セア7.33相当た。
「壁向かっ放尿する者」。男性指すヘブライ慣用句。
「ダビデに」,七十訳。サム二 12:14脚注比較。
「無分別な」の意。ヘ語,ナーヴァール。
分別」。ヘ語,ウーネヴァーラー
字義,「血(複)とに」。
「救いなること」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
または,「忠実な(堅く立てられた)家」。
「あなた生涯中」。字義,「あなた日々から」,すなわち,あなた生ま以来生きすべて日々。
「我手」,七十訳; マソ本,「我主」。
「よろめき」。良心かしゃく表わす。
22,「放尿する者」の脚注参照。
字義,「彼女足もとを」。
または,「従って」。