内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 23:1‐29

23  やがて人々ダビデ報告言った,「今,フィリスティアケイラ+攻め戦っおり,脱穀略奪ます+」。  そこでダビデエホバ伺っ+言った,「私行きましょか。私これらフィリスティア討ち倒さなけれならないでしょか」。するとエホバダビデ言わた,「行け。あなたフィリスティア討ち倒し,ケイラ救いなさい」。  ここおいて,ダビデ部下言った,「ご覧なさい,わたしたちここユダながら恐れます+。まして,わたしたちケイラ行っフィリスティア戦列向かおものならなおさらことでしょ+」。  それで,ダビデさらにもう一度エホバ伺っ+。そこでエホバ答え言わた,「立って,ケイラ下っ行け。わたしフィリスティアあなた渡すから+」。  それゆえ,ダビデ部下ケイラ行き,フィリスティア戦い,彼ら畜類追い払い,彼ら討ち倒し大いに殺した。こうダビデケイラ住民救うなっ+  さて,アヒメレクアビヤタル+ケイラダビデもと逃げとき,その携えられエフォド+あっ*ある。  やがてサウルもとに,「ダビデケイラ+」という報告もたらさた。それで,サウルこう言いだした。「わたし売り渡さ*+。彼かんぬきある都市入っ自ら閉じ込めからだ」。  そこでサウルは,ケイラ下っ行って,ダビデその部下攻め囲むため,民みな戦い召集た。  それで,ダビデサウル自分加えようたくらんいる+こと知るようなった。そこで祭司アビヤタルに,「どうかエフォドそば持っください+」と言った。 10  そしてダビデさらに言った,「イスラエルエホバ+,このサウルケイラて,わたしゆえにこの都市荒廃よういること確か聞きまし+ 11  ケイラ土地所有たち*引き渡すでしょか。サウルは,この聞い通り,下っ来るでしょか。イスラエルエホバよ,どうか,僕お告げください」。これ対しエホバ言わた,「彼下っ来る+」。 12  そこでダビデさらに言った,「ケイラ土地所有たち部下サウル引き渡すでしょか」。するとエホバ言わた,「引き渡すことなろ+」。 13  ダビデ直ちにその部下,およそ六百*+立ち上がり,ケイラて,どこ歩けるところ歩き回った。そして,ダビデケイラから逃れことサウル伝えられで,彼行くやめた。 14  ところダビデ荒野近寄り難い住むようなり,ジフ+荒野山地住んた。そしてサウル絶え捜し求め+*その渡さなかっ+ 15  けれどもダビデは,サウル求め恐れ*。そのときダビデジフ荒野ホレシャ*+た。 16  さて,サウルヨナタン立ち上がり,ホレシャダビデもと行った。それ関し+強めるためあっ+ 17  次い言った,「恐れなりませ+。わたしサウルあなた見いだすことないからです。あなたイスラエルなり+,わたしあなた次ぐなるです。わたしサウルまた,そうなること知っいるです+」。 18  それから彼らエホバ契約結ん+。ダビデずっホレシャ住み,ヨナタンほう自分帰った。 19  後に,ジフ+人々*ギベア+サウルもと上っ言った,「ダビデは,エシモン*+右側ある,ハキラ+ホレシャ+近寄り難いで,わたしたちすぐそば隠れいる+ではありませか。 20  ですから今,王よ,下っ行こいうあなたすべて渇望したがって+,下っください。わたしたち役目引き渡すことです+」。 21  そこでサウル言った,「エホバ祝福れるよう+。あなた方わたし同情くれからだ。 22  どうか,行って,もう少し頑張り,彼赴くを ― だれそこで見かけるせよ ― 確かめ,見定めもらいたい。彼確かこうかつ言わいるから+ 23  それで,彼隠す隠れすべてつい見定め確かめくれ。あなた方証拠携え*わたしところ戻っ来るだ。そうすれば,わたしあなた方行こう。もしそのいるなら,わたし必ずユダ幾千*+すべて注意深く探し求めよう」。 24  それで,彼ら立ち上がり,サウル先立っジフ+行った。一方,ダビデその部下エシモン*,アラバ*+マオン+荒野た。 25  後に,サウルその部下捜し+。人々が[それを]ダビデ告げると,彼直ちに大岩+ところ下り,そのままマオン荒野住ん*。サウルそれ聞くと,ダビデ追っ+マオン荒野た。 26  ついにサウルこちらた。ダビデその部下向こうた。それで,ダビデサウルゆえに急い去っ行こ+。そのずっと,サウルその部下ダビデその部下捕まえよう迫っ+ 27  ところが,サウルもとひとり使者て,「どうか急い行っください。フィリスティアこの侵入からです!」と言った。 28  そこで,サウルダビデ追うやめ引き返し+,フィリスティア立ち向かうため行った。そのようで,人々その場所を“分裂大岩”と呼ん*た。 29 * それから,ダビデそこから上っ行って,エンゲディ+近寄り難い住むようなった。

脚注

「携えられエフォドあった」,マソ本; タル,「彼エフォド携えた」。
「売り渡さた」,タル,七十訳; マソ本,「遠ざけられた(退けられた)」; ウル訳,およびマソ本この言葉最初字母変えることより,「引き渡さた」。
「の土地所有たち」。ヘ語,ヴァアレー; ウル訳,「人々」。
「六百」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「四百」。
「神」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「エホバ」。
「恐れた」,ヘブライ動詞母音符号打ち方よる; マソ本,「[のを]見た」。
「樹木茂っ所」の意。
または,「ジフたち」。
または,「砂漠」。
「証拠携えて」。または,「確実に; 確かに」。
「幾千」。または,「部族区分」。
字義,「右側」,すなわち,人向いときの。
地溝一部で,紅海アカバまで延びいる地域。
「大岩ところ下り,そのままマオン荒野住んた」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「マオン荒野ある大岩ところ下った」。
または,「その場所セラハンマハレコト呼んで」,滑らかな,もしくは滑りやすい場所指しいる。
マソ本,七十訳,ウル訳は,ここから24始まっいる。