内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 22:1‐23

22  それで,ダビデさらにそこから去っ+,アドラム+洞くつ+逃れ+。彼兄弟たちその全家そのこと聞き,そこに,彼もと下った。  そして,困窮いる+,債権いる+,魂苦しむ+皆,彼もと集まるようなり+,彼それら*なっ+。およそ四百いるようなった。  後に,ダビデそこからモアブミツペ行き,モアブ言っ+,「わたしなさる分かるまで,どうか,わたしあなた方もと住まください*+」。  こうて,彼ふたりモアブ住まわで,ふたりダビデ近づき難い*+期間ずっもと住んた。  やがて預言ガド+ダビデ言った,「近づき難いずっ住んなりません。去って,あなたユダ行かなくなりませ+」。そこでダビデ去って,ヘレト行った。  ときサウルは,ダビデいるたち見つかっいうこと聞いた。そのとき,サウルギベア高き所*ぎょりゅう++座しおり,そのたちみな周り立った。  すると,サウル周り立ったち言った,「ベニヤミンよ,どうか,聴いもらいたい。エッサイ+も,あなた方すべてぶどう+与えるだろか。彼あなた方すべて+,百任ずるだろか。  お前たちは,お前たち皆,わたし対し陰謀企てだ。わたし息子エッサイと[契約+を]結ん*,それわたし打ち明けるひとりなく+,またわたしため同情*,わたし息子わたしこのよう待ち伏せする*わたし向かっ立ち上がらことわたし打ち明けるも,お前たちうちひとりない」。  そこでエドムドエグ+は,サウルたち立てられ*で,答え言った,「わたしエッサイノブアヒトブ+アヒメレク+ところ来るました。 10  すると,[アヒメレク]はためエホバ*伺い+,食糧+与え,フィリスティアゴリアテ+与えました」。 11  直ちにやっアヒトブ子,祭司アヒメレクその全家,つまりノブ+いる祭司たち呼んだ。それで,彼らみなもとた。 12  そこでサウル言った,「アヒトブよ,どうか,聴いもらいたい!」 それ対し言った,「我よ,わたしここおります」。 13  次いサウル言った,「お前たちは,お前エッサイは,お前パン与え,またため伺うなど*,このよう+,待ち伏せするわたし向かっ立ち上がらて,どうしてわたし対し陰謀企て+」。 14  そこでアヒメレク答え言った,「ですが,あなたすべてだれダビデ+よう忠実+でしょか。しかも婿+で,あなた護衛ですし,あなた敬わいるです+ 15  わたしため伺う+は,今日始まっことでしょか。わたしそれ考えられないことです! 王この僕[と]わたし全家負わませように。このすべてことで,この大小問わ何事知らなかっですから+」。 16  しかし言った,「アヒメレク,お前必ず死ぬ+。お前も,お前全家+」。 17  そうして,王周り立っいる走者たち+言った,「向かっ行って,エホバ祭司たち殺せ。彼らまたダビデあり,彼らは[ダビデ]が逃亡あること知りながら,それわたし打ち明けなかっから+!」 ところが,王たち出しエホバ祭司たち襲いたい思わなかっ+ 18  ついにドエグ言った,「お前向かっ行って,祭司たち襲え!」 エドム+ドエグ+直ちに向かっ行って,自ら祭司たち襲い,その日,亜麻*エフォド+着け八十五殺し+ 19  祭司たち都市ノブ+さえ,彼討ち,男も,子供乳飲み子ろばで[討った]。 20  しかし,アヒトブアヒメレクの,名アビヤタル+いう息子逃れ,ダビデ追っ逃げた。 21  そこでアビヤタルダビデに,「サウルエホバ祭司たち殺しました」と告げた。 22  ここおいダビデアビヤタル言った,「わたしあの日,エドムドエグそこで,彼必ずサウル告げる+いうことよく知っ+。わたしあなたすべて悪いこと* 23  とにかく,わたしもととどまりなさい。恐れることない。だれわたし求めるあなた求めるからだ。あなたわたし保護必要する+」。

脚注

字義,「て」。ヘ語,レサール創 40:2脚注参照。
字義,「どうか……あなた方もとに[いるよう]出来さください」。
「近づき難い所」。または,「とりで」。シリ訳,「ミツパ」。
高き所の」。または,「ラマの」。ヘ語,バーラーマー; 七十訳バチ写,ラ,「バマの」。
「結んも」。字義,「切っも」。創 15:18脚注参照。
「わたしため同情し」。字義,「わたしこと思い」。
「待ち伏せする者」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「敵」。
または,「と立てられた」。
「エホバ」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「神」。
「伺うなどて」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「亜麻の」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳省いいる。
字義,「わたしは……に敵対た」,マソ本; シリ訳,ウル訳,「わたしは……に関し罪科ある」; 七十訳,「わたしは……に対し責任ある」。