内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 21:1‐15

21  後に,ダビデノブ+に,祭司アヒメレクところやった。アヒメレク+ダビデ迎えおののきし,彼言った,「どうしてあなたお独りだけで,だれあなたないです+」。  そこでダビデ祭司アヒメレク言った,「王ある事柄関しわたし命じ+,さらにこう言わました,『わたしお前遣わし,またお前命じ事柄ついだれ知らせならない』。それで,わたししかじか場所若者たち*落ち合うことます。  それ今,もしあなた自由なるパン五つありましたら,それを,あるいは*あるものも,わたし渡しください+」。  しかし祭司ダビデ答え言った,「普通パンわたし手元ありませが,聖なるパン+あります。ただし,若者たち少なく女子から遠ざかっいるならです+」。  それで,ダビデ祭司答え言った,「しかし女子は,わたし出かけ*以前とき同様,わたしたちから遠ざけられます+,若者たち身体*ずっなるものなっます。使命は,普通ものですが。それで,人身体なるものなる今日なおことそうありませか」。  そこで祭司なるもの与え+。そこは,それ取り去られるに,そこできたて*パン置くため,エホバから取り下げられ供えパン*+ほかパンなかっからある。  さて,サウルその日,そこて,エホバ引き留められ+。そのドエグ+いっエドム+で,サウル属する羊飼い+主立っ*あった。  そしてダビデさらにアヒメレク言った,「それに,ここあなた自由なるものも,槍ありませか。わたし自分武器持っなかっです。王用事要するものでしで」。  これ対し祭司言った,「あなたエラ低地平原討ち倒し+フィリスティアゴリアテ+が ― ご覧なさい,それが,マント包まて,エフォド+後ろあります。もしそれご自分ため持っ行くでしたら,持っ行っください。ここそれ以外ないからです」。するとダビデさらに言った,「それ匹敵するものありません。それわたし下さい」。 10  それからダビデ立ち上がり,その日,サウルゆえにさらに逃げ去り+,ついにガト+アキシュところた。 11  すると,アキシュたち言いだした,「このダビデあの+ありませか。人々踊りながら*+『サウル討ち倒し,ダビデ+ 言っ答え応じは,この対しありませでしか」。 12  それで,ダビデこれら言葉留め,ガトアキシュゆえに非常恐れるようなっ+ 13  そこで,彼人々+自分正気偽り+,彼ら手中狂気よう行動しだし,門*十字付けながら*,よだれひげ垂らした。 14  ついにアキシュそのたち言った,「さあ,お前たち気違いよう振る舞ういる。どうしてわたしところ連れなけれならないだ。 15  わたし気違いなったち必要いるでもいうで,お前たちこんな連れて,わたしそば気違いよう振る舞わせるか。こんなわたし入っよいか」。

脚注

「若者たち」,すなわち,彼付き添いたち。
「もしあなたもとパン五つありましたら」,七十訳; マソ本,シリ訳,「あなたもとありますか。五つパン,あるいは」。
すなわち,軍事遠征出ること。
または,「器」。
字義,「熱い」,すなわち,焼き立ての。
「供えパン」。または,「み前パン」,マソ本; ウル訳,「供え物パン」。
「羊飼い主立っ者」。マソ本字母一つ変えることより,「走者たちうち最もある者」。
字義,「踊りで」。
または,「都市」。門表わさいる。七十訳,「市」。
「扉どんどん打ちながら」,七十訳。