内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 20:1‐42

20  そして,ダビデラマナヨトからげ去っ行っ+。ところが,彼やって,ヨナタン言った,「わたしでしょ+。わたしとがで,わたしあなた父上どんな犯しいうでしょう。[父上]はわたし求めおられるです」。  そこで[ヨナタン]はた,「それ考えられないことです+! あなた死ぬことありません。ご覧なさい,わたしは,大きな小さなも,それわたし打ち明けない*行なうことありませ+。どうしてこのわたし隠すでしょ+。そのようこと起きません」。  しかしダビデさらに+言った,「あなた父上確かに,わたしあなた恵みいる+ことご存じはずです。ですから,『ヨナタン傷つけられるいけないから,このこと知らせないおこう』と言われるでしょう。しかし実際,エホバ生きおら+,あなた生きます+。わたしただ一歩隔たりしかありませ+!」  すると,ヨナタンさらにダビデた,「あなた言う*ことも,わたしあなたためましょう」。  そこでダビデヨナタンた,「ご覧なさい,明日新月+ですから,わたしは,必ず,王座し食事なけれなりません。あなたわたし送り出すです。わたし必ず*夕方まで隠します+  もしも,あなたわたしないこと残念がられるあれば,あなたこう言っください。『ダビデその都市ベツレヘム+急い行くため,しきりわたし賜暇願い求めました。そこで一族全体ためごと犠牲が[供えられる]からです+』。  もしも[父上]が,『それ結構だ!』というよう言われるあれば,それこのとっ平安意味ます。しかし,もしも,怒られるあれば,[父上]によっ悪いこと定められいること知っください+  そして,あなたこの対しある親切*示しください+。あなたエホバ契約+このご自分入れられからです。しかし,もしわたしとがあれ+,ご自分わたし殺しください。どうしてあなた父上ところわたし連れ行く必要あるでしょう」。  これヨナタン言った,「あなた関しそのようこと考えられません! しかし,もしも悪いことあなた臨むようよっ定められいることわたし知るようことあれば,それあなた教えないでしょ+」。 10  するとダビデヨナタンた,「父上あなた答えること厳しいどうだれわたし教えくれるでしょか」。 11  するとヨナタンダビデた,「さあ,来なさい。野出かけましょう」。それで,二出かけた。 12  そしてヨナタンさらにダビデた,「イスラエルエホバ+[が証人ありますよう+]*。わたし明日あさって今ごろ,父当たっましょう。もし[父]がダビデ対し好意なら*,わたしあなたもとやって,必ずやそれあなた打ち明けない*でしょか。 13  もし,あなた悪いことするとっ善いこと思えるに,わたし実際それあなた打ち明けあなた送り出しず,あなた本当無事去らないなら,エホバヨナタンそのようなさり,重ねそのようなさいますよう+。そして,エホバが,わたしおらよう+,あなたおらますよう+ 14  そして,もしわたしなおいるなら+,そうです,あなたわたし対して,わたし死なないように,エホバある親切表わしくださいませ+ 15  そして,あなた*ご自ある親切わたし定めないまでとどまることないよう断つことありませ+。また,エホバダビデを,ことごとくから断ち滅ぼされるときも, 16  ヨナタン[の]はダビデから断たれることありませ*+。そして,エホバ必ずそれダビデ求められます」。 17  それで,ヨナタンダビデするゆえに再び誓っ*。自分愛するよう愛しからある+ 18  そしてヨナタンさらにた,「明日新月+です。あなたないこときっと残念がられるでしょう。あなた空くからです。 19  それで,あさってきっとあなたないこといに残念がられるでしょう。あなたあの仕事隠し+場所行って,こここのそば*とどまっください。 20  そしてわたしは,その*,わたし向けて[放つ]ところそれ放ちましょう。 21  そして,ご覧なさい,わたし従者遣わし,『行って,矢見つけなさい』と[言い]ましょう。もしも,わたし従者はっきりと,『ご覧,矢あなたこちらだ。それ取っなさい』と言っなら,そのときあなたください。エホバ生きおらます+。それあなたとっ平安意味ますし,何事ないからです。 22  しかし,もしもわたしに,『ご覧,矢あなたところからもっと離れいる』というよう言っなら,行っください。エホバあなた送り出さからです。 23  そして,わたしたち,わたしあなた言葉つい+,無論,エホバわたしあなた定めないまでおらますよう+」。 24  こうダビデ隠し+。そして新月なり,王食事ようて,その食事*着い+ 25  そして,王ほかよう自分に,壁そば座した。ヨナタン面しおり*,アブネル+サウルわき座しが,ダビデ場所空いた。 26  ところで,その,サウル全く言わなかった。「何起きで,彼清くない+。彼清められない*からだ」と思った。 27  そして,新翌日,第も,ダビデ場所依然空いいるあった。そこでサウルそのヨナタン言った,「どうしてエッサイ+昨日今日食事なかっか」。 28  そこでヨナタンサウルた,「ダビデベツレヘム+へ[行くため]わたししきり賜暇願い求めました。 29  そしてさらに言いました,『どうか,わたし送り出しください。わたしたち一族犠牲その都市で[ささげられます]ので,わたしわたしに[来るよう]命じものですから。それ今,もしわたしあなた恵みいるでしたら,どうか,わたしそっと出さて,わたし兄弟たち会わせください』。そのようで,彼食卓なかっです」。 30  そこでサウル+ヨナタン対し燃え,彼こう言った。「この反逆+息子め,お前エッサイ*自分と,お前+隠しどころもたらしいることを,わたしよく知らないでも思うか。 31  エッサイ地上生きいる限り,お前お前王権堅く立てられることない+。それ今,人やっわたしところ連れ来い。彼定められいる*+」。 32  ところが,ヨナタンそのサウル答え言った,「なぜ殺されるべきでしょ+。彼いうです+」。 33  すると,サウル投げつけ討と+。それヨナタンは,ダビデ殺すことよっ定められいること知るようなっ+ 34  直ちにヨナタン怒り燃え食卓から立ち上がっ+。彼新月パン食べなかった。ダビデ関し傷つけられある+。それ自分辱めからある+ 35  そして,朝,ヨナタンダビデ定められ場所出かけ行っある+。若い従者た。 36  そこでその従者言った,「走っ行って,どうか,わたし射る見つけくれ+」。従者走っ行った。彼は,矢が[従者]を越すようた。 37  従ヨナタンところまで行っとき,ヨナタン従者後ろから呼ばわっ言いだした,「矢あなたからもっと離れいるない+」。 38  そしてヨナタンさらに後ろから呼んだ,「急いで! 早くなさい! 立ち止まっいけない!」 そして,ヨナタン従者その拾い上げて,それからその主人*ところた。 39  しかしは,何知らなかった。ただヨナタンダビデだけが,そのつい知った。 40  その,ヨナタンその武器属する従者渡し,「さあ,これ持っ行きなさい」と言った。 41  従去っ行った。一方ダビデは,南近くから立ち上がった。それから,彼伏せひれ伏し+,三かがめた。ふたり互い口づけ+,互いため泣きだしが,ダビデ一番[泣い]た+ 42  そしてヨナタンさらにダビデた,「安心行きなさい+。わたしたちは,二も,エホバおい誓い+,『エホバわたしあなた間,またわたし子孫あなた子孫定めないまでおらますよう+』と言っですから*」。 そこでダビデ*立ち上がっ去っ行き,ヨナタン入った。

脚注

字義,「わたし覆い除かないで」。
「言う」,マソ本,シリ訳,ウル訳; タル,七十訳,「願う」。
字義,「第三」,マソ本; 七十訳省いいる。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
「が証人ありますように」,または,「が証しされます」,シリ訳; 七十訳,「がご存じです」; マソ本省いいる。
または,「もしダビデ対し良いなら」。
字義,「あなた覆い除かない」。
「わたし対して(エホバの)憐れみ表わしください。また,実際,もしわたし死んも,(15)あなたは」,七十訳,ウル訳。
「ヨナタンダビデから断たれることありません」,七十訳; マソ本,「次いヨナタンダビデ契約て(契約結んで)[,言った]」。
「再びダビデ誓った」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「再びダビデ誓わた」。
「こここのそばに」。七十訳一致マソ本修正することより,「あのそばに」; ウル訳,「そのエゼルいう近くに」。
あるいは,「一方射」と読むしれない。
「食事(パン)」,マソ本,シリ訳; 七十訳,「食卓」。
七十訳一致て。字義,「しかしヨナタン立ち上がった」。
「彼清められない」,七十訳; マソ本,「彼清くない」。
「子仲間で」,七十訳。
字義,「彼だ」。
「その主人」。ヘ語,アドーナーウ。アードーン複数で,卓越表わす。創 39:2脚注参照。
マソ本七十訳ここ20終わっいる。
「ダビデ」,七十訳,ウル訳; マソ本,「彼」。