内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 2:1‐36

2  さらにハンナ祈っ+言った,「わたし確かエホバよっ歓喜+わたしエホバよっ*まさしく高められます+わたし向かっ開かます。わたしあなたから救い確か歓ぶからです+   エホバようなるません。あなたほかないからです+わたしたちよう*ありませ+   あなた方余りごう慢多く語っなりません。慎みないことあなた方から出すことありませよう+まことエホバ知識*あられ+このよっ*もろもろ行ない正しく評価れるからです+   弓持つある人々*恐怖満たさます+つまずいいる*まさしく活力帯びます+   満ち足り人々パンため雇わなけれなりませ+飢え人々実際[飢えることが]なくなります+うまずめさえ*産みまし+たくさんいるしおれしまいまし+   エホバ殺す,また保たせる*+シェオル*下らせる+で,また上らます+   エホバ貧しくさせる+富ませる+卑しめる,また高める+   立場低いから起こすです+灰溜めから貧しい引き上げ+高貴座らせ,栄光+所有彼ら与えます+支えエホバもの+[]はその産出*置かれるからです。   その忠節たち*を[]は守らます+邪悪たちは,闇沈黙られます+*勝っいることよっ示すないからです+ 10  エホバついいえば,この争うおびえます+彼ら*向かって[]は雷鳴とどろかます+エホバ果て裁かます+その与え+その油そそが*高めるため+」。 11  それから,エルカナラマへ,自分行っ*。そのは,祭司エリエホバ奉仕*+なった。 12  さて,エリ息子たちどうようないたち*あっ+。彼らエホバ認めなかっ+ 13  民から*祭司正当権利ついいえ+,だれ犠牲ささげいるときいつも,丁度煮えいるときに,祭司従者三つ又肉刺しやっ+ 14  [それを]鉢や,二つ取っ手ある料理なべや,大釜や,一つ取っ手ある料理なべ突き入れた。肉刺し引き上げものも,祭司自分ため*取った。彼らシロで,そこ*来るすべてイスラエルこのようするあっ+ 15  また,人々脂肪ささげ立ち上らないうち+,祭司従者やって,犠牲ささげる言った,「祭司ため焼くぜひ渡しなさい。[祭司]があなたから,煮なく,生受け取るため+」。 16  そのが,「まず最初彼ら必ず脂肪ささげ立ち上らせるようください+。それから,何あなた渇望するものご自分ためお取りなさい+」と言うと,実際,[従者]はこう言った。「いや*,今それ渡すべきだ。でなければ,わたしそれ必ず力ずく取る+!」 17  こうて,その従者たち*エホバ非常大きくなっ+。それらエホバ捧げ物不敬仕方扱っからある+ 18  ときに,サムエルは,少年て,亜麻エフォドまとい+,エホバ奉仕+ 19  また,そのため小さなそでなし上着作っは,年ごと犠牲ささげ上るとき,年ごとそれ持っ+ 20  そして,エリエルカナその祝福+言った,「エホバ貸さ*,貸さもの代わりに,エホバこのからあなた立てくださるよう+」。そして彼ら自分たち場所*行った。 21  こうて,エホバハンナ注意向けられ+,彼女さらに身ごもって,三息子産ん+。そして,少年サムエルエホバみもと成長いっ+ 22  ときに,エリ非常取った。彼自分息子たちイスラエル全体すべてこと+,また彼ら会見天幕+入口仕え*たちこと*+つい聞い+ 23  それで,彼らこう言っ+。「なぜそのよういる+。わたしこのすべてからお前たちつい聞いいる*悪いこと+ 24  いや+,息子たち,わたし聞き,エホバ言いふらしいるうわさ良くないから+ 25  もしも対しおかすなら+ため仲裁れる+,もしもエホバ対しおかすなら+,そのためだれ祈るいるだろ+」。ところが,彼らその聴き従おなかっ+。今やエホバ彼ら死なせること喜ばからある+ 26  そのずっと,少年サムエルますます大きくなり,エホバ見地からも,人々の[見地]からますます好まれるよう*なっ+ 27  次い*+エリもとやって,こう言った。「エホバこのよう言わた。『あなた父祖エジプトファラオ奴隷*あっとき,わたし実際,自ら彼ら現わしない+ 28  そして,わたしためイスラエルすべて部族うちから選ぶことなさ*+。祭司務め*,犠牲立ち上らせる*ために,わたし祭壇上り+,わたしエフォド着けるためあった。それは,わたしイスラエルよる捧げすべてあなた父祖与えるためあっ+ 29  なぜ,あなた方は,わたしが[わたしの]住まい+[で*]命じた,わたし犠牲わたし捧げ物けり+,あなたわたし*イスラエルすべて捧げ物うち最良もの+自分たち*肥やし+,わたしより自分尊んいるか。 30  「『それゆえに,イスラエルエホバお告げなる,「わたし確かに,あなたあなた父祖は,定めないまで+わたし歩む言った」。しかし今やと,エホバお告げなる,「それわたし考えられないことある。わたし敬うたち+わたし尊び+,わたし侮るたち取る足りないなる+からだ」。 31  見よ,わたしあなたと,あなた父祖必ず切り落とす来るで,あなた年老いなくなる+ 32  あなたイスラエル行なわれるすべて善いことうちに,[わたしの]住みか[で],実際,敵対見ることなり+,あなた年老い絶えなくなる。 33  それにしても,わたし祭壇傍らからわたし断ち滅ぼさないあなたうちひとりて,あなた*衰えさせ,あなた*やつれ果てさせるが,あなた多数みな人々よっ死ぬ*あろ+ 34  そして,これあなた息子,ホフニピネハス+臨む,あなたためしるしある。すなわち,一日うち彼ら死ぬ+ 35  そして,わたしひとり忠実祭司わたしため必ず起こす+。わたしわたしうちあることしたがって行なうあろう。わたし永続する*ため必ず建て,彼*わたし油そそが*+必ず歩む。 36  そして,あなた残っいる+だれも,金支払い丸いパンを[求めて]彼ところかがめ,「どうか,わたし祭司一つ就け,一切れパン食べさせください+」と,必ず言うようなるある』」。

脚注

「エホバよって」,マソ本,ウル訳; 七十訳および27ヘブライ写本,「わたしよって」。
「わたしたちような」。ヘ語,ケーローヘーヌー(kEʼ·lo·heh'·nu); ギ語,テオス; ラ語,デウス
「の神」。ヘ語,エール; ギ語,テオス; ラ語,デウス。
「このよって」,マソ本欄外,ウル訳,および多くヘブライ写本。
字義,「力ある人々は」。
または,「つまずきそうな」。
字義,「実際なくなります。うまずめさえ」。マソ本わずか修正することより,「実際仕える(奴隷仕える)ことなくなります。うまずめは」。
「また保たせる」。または,「また生き返らせる」。ヘ語,ウーメハイエ; ラ語,ウィーウィフィカート
人類共通墓。ギ語,ハーイドゥー; シ語,ラシウール; ラ語,インフェルヌム。付録4ロ参照。
「産出地」,マソ本,シリ訳; ラ語,オルベム,「円」,すなわち,地の。
または,「その忠節たち」。
「人」。ヘ語,イーシュ; ギ語,アネール; ラ語,ウィル。
「彼らに」,シリ訳,ウル訳; マソ本,「彼に」,つまり争う部類成員に。
「その油そそがメシア)」。ヘ語,メシーホー; ギ語,クリストゥー; シ語,ダムシーヘ; ラ語,クリスティー
「それから……行った」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳バチ写,「そして彼女そこ,エホバ残しアルマタイム立ち去った」。
または,「従者」。ヘ語,メシャーレート; ギ語,レイトゥールゴーン,「公僕」; ラ語,ミニステル。
「どうようないたち」。字義,「ベリアル(無価値)のら」。
「からの」,タル,七十訳,シリ訳,および少数ヘブライ写本; マソ本,「といる」。
「自分ために」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「それ載せて(それで)」。
「そこに」,マソ本,シリ訳; 七十訳,「エホバ犠牲ささげるために」。
「こう言った。『いや』」,マソ本欄外,七十訳,および20ヘブライ写本; マソ本,「彼言った」; シリ訳,ウル訳,「彼言った。『いや』」。
または,「その若者たち」。
または,「エホバお求めなった(借りた)」,「に」に相当するヘブライ前置詞省くことより; マソ本は,「彼エホバため求めた(借りた)」と読むよう母音符号打たいる。
「自分たち場所」,シリ訳および12ヘブライ写本; マソ本,「彼場所」。
「仕えた」。ヘ語,ハッツォーヴェオート。この動詞軍役指し用いられるものあり,それらなって,組織奉仕従事こと示唆いる。
「また彼らが……寝こと」,マソ本; 七十訳この省いいる。
マソ本は,「まさしくこれら[の言葉]」を付け加えいるが,これ重複誤写思われる。
または,「ますます良く」。
人」。ヘ語,イーシュエローヒーム
「奴隷で」,七十訳; マソ本,シリ訳,ウル訳省いいる。
「選ぶことなさた」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「選ぶことなさた。祭司務め」,七十訳; マソ本,シリ訳,ウル訳,「祭司選ぶことなさた」。
「犠牲立ち上らせる」。または,「香煙らせる」。
「[わたしの]住まい[で]」。マソ本ここで「住まい」を修飾なし独立用いいる。
「わたし民」。次よう読むしれない,「わたしからすっかり見えるところで」,修正より,七十訳一致て。
「自分たち(あなた方)を」,マソ本; タル,「彼らを」。
「あなたの」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「彼の」。
「あなたの」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「彼の」。七十訳エリ子孫アビヤタル指しいる思われる。
「人々よっ死ぬ」,七十訳; マソ本,シリ訳,「人死ぬ」。
または,「忠実な; 堅く立てられた」。
字義,「すべて日々」。
「わたし油そそが」。ヘ語,メシーヒー; ギ語,クリストゥー; シ語,メシーハイ; ラ語,クリストー