アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

サムエル第一 19:1-24

19  ついにサウルはその子ヨナタン*と自分のすべての僕にダビデを殺すことを話した+  一方サウルの子,ヨナタンは,ダビデのことを大いに喜びとしていた+。それでヨナタンはダビデに語って言った,「わたしの父サウルはあなたを殺そうとしています。それゆえ,どうか,朝,用心してください。あなたは是非ひそかなところにとどまり,身を隠しているのです+  一方わたしは,出て行って,あなたがいる野で必ず父の傍らに立ち,わたしがあなたのために父に話します。わたしは何が起きるかを必ず見て,確かにあなたに知らせます+」。  それゆえ,ヨナタンはその父サウルにダビデのことを良く言い+,こう言った。「王がその僕ダビデに対して罪をおかしませんように+。彼はあなたに対して罪をおかしていませんし,彼の業はあなたにとって非常に良いものとなっておりますので+  そして,彼は自分の魂をそのたなごころに置いて+あのフィリスティア人を討ち倒したので+,エホバは全イスラエルのために大いなる救い+*施されました。あなたはそれをご覧になって,歓ばれるようになりました。それなのに,どうして故なく+ダビデを殺して+,罪のない[者の]血に対して罪をおかしてよいのでしょうか」。  すると,サウルはヨナタンの声に従い,サウルはこう誓った。「エホバは生きておられる+。彼は殺されることはない」。  後に,ヨナタンはダビデを呼び,ヨナタンはこれらの言葉をみな彼に告げた。それからヨナタンはダビデをサウルのもとに連れて行き,こうして[ダビデ]は以前と同じように+彼の前にとどまった。  そのうちに,再び戦いが起こり,ダビデは打って出てフィリスティア人と戦い,彼らを討ち倒して大いに殺した+。それで彼らは[ダビデ]の前から逃げ去って行った+  ときに,エホバの*悪い霊+がサウルに臨んだが,彼は自分の家でその手に槍を持って座っていた。一方,ダビデは手で音楽を奏でていた。 10  そこで,サウルは槍でダビデを壁に突き刺そうとしたが+,彼がサウルの前から体をかわした+ので,[サウル]は槍を壁に突き刺した。それでダビデは,その夜のうちに逃れようとして逃げた+ 11  その後,サウルは使者たち+をダビデの家に遣わしてこれを見張らせ,朝になって彼を殺させようとした+。しかし,その妻ミカルはダビデに告げて言った,「もしあなたが今夜ご自分の魂を逃れさせなければ,明日あなたは殺される身となるでしょう」。 12  直ちにミカルはダビデを窓から降りさせ,彼が行って逃げ去り,逃れられるようにした+ 13  それからミカルはテラフィム+の像を取り,それを寝いすの上に置き,やぎの毛の網*を彼の頭のところに置き,その後,それを衣で覆った。 14  サウルは今やダビデを捕らえようとして使者たちを遣わしたが,彼女は,「あの人は病気です+」と言った。 15  そこでサウルはダビデを見ようとして使者たちを遣わして言った,「彼をその寝いすのままわたしのもとに連れて来い。彼を殺すのだ+」。 16  使者たちが入ってみると,何と,テラフィムの像が寝いすの上にあり,やぎの毛の網が彼の頭のところにあった。 17  そこでサウルはミカルに言った,「お前はなぜこのようにわたしをだまして+,わたしの敵+を送り出し,彼を逃れさせたのか」。すると,ミカルはサウルに言った,「あの人が,『わたしを送り出してくれ! どうしてわたしがお前を殺せるだろう*』と,私に言ったのです」。 18  一方ダビデは,逃げ去って逃れて+,ラマのサムエルのもとにやって来た+。こうして,サウルが自分にしたすべてのことを彼に告げた。そこで,彼とサムエルは去って,ふたりはナヨト+に住むようになった。 19  そのうちに,「見よ,ダビデはラマのナヨトにいる」という報告がサウルのもとに届いた。 20  直ちにサウルはダビデを捕らえようとして使者たちを遣わした。彼らは預言者の年長の者たち*が預言し,サムエルがこれをつかさどる立場に立っているのを見たところ,の霊+がサウルの使者たちに臨み,彼らもまた,預言者のように振る舞いだした+ 21  人々がこのことをサウルに告げると,彼は直ちにほかの使者たちを遣わしたが,彼らもまた,預言者のように振る舞いだした。それで,サウルはまたもや使者たちを,三度目の一群の者を遣わしたが,彼らもまた,預言者のように振る舞いだした。 22  ついに彼もラマへ行った。セクにある大きな水溜め*までやって来たとき,彼は尋ねて言いだした,「サムエルとダビデはどこにいるのか」。これに対して人々は,「ラマのナヨト+にいます」と言った。 23  それで,[サウル]はそこからラマのナヨトへ進んで行ったが,の霊+が彼に,実に彼にも臨み,歩きながら,ラマのナヨトに入るまで預言者のように振る舞い続けた。 24  こうして彼もまた,その衣を脱ぎ捨て,サムエルの前で預言者のように振る舞い,その日も,その夜もずっと裸で*倒れていた+。そのような訳で,人々は,「サウルも預言者たちの中にいるのか」と言うようになった+

脚注

「ヨナタン」。ヘ語,ヨーナーターン。18:1からサム二の終わりまで,サウルの子に言及している他のすべての箇所は,マソ本ではエホーナーターンであるが,やはり「ヨナタン」と訳されている。
シリ訳は,「そのみ手によって」を付け加えている。
「エホバの」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「神の」。
または,「やぎの毛のキルト」。
または,「わたしを送り出してくれ。わたしがお前を殺すことのないためだ」。
「年長の者たち」。あるいは,「一行; 一隊」と読むのかもしれない。七十訳,「エクレシア」; シリ訳,「集会」; ウル訳,「くさび分隊」。
「セフィ[何も生えていない高い所]にある脱穀場の井戸」,七十訳。
または,「薄着で」。