内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 19:1‐24

19  ついにサウルそのヨナタン*自分すべてダビデ殺すこと話し+  一方サウル子,ヨナタンは,ダビデこと大いに喜び+。それヨナタンダビデ語っ言った,「わたしサウルあなた殺そます。それゆえ,どうか,朝,用心ください。あなた是非ひそかところとどまり,身隠しいるです+  一方わたしは,出行って,あなたいる必ず傍ら立ち,わたしあなたため話します。わたし起きる必ずて,確かあなた知らせます+」。  それゆえ,ヨナタンそのサウルダビデこと良く言い+,こう言った。「王そのダビデ対しおかしませよう+。彼あなた対しおかしませし,彼あなたとっ非常良いものなっおります+  そして,彼自分そのたなごころ置い+あのフィリスティア討ち倒し+,エホバイスラエルため大いなる救い+*施さました。あなたそれご覧なって,歓ばれるようなりました。それなのに,どうしてなく+ダビデ殺し+,罪ない[者の]血対しおかしでしょか」。  すると,サウルヨナタン従い,サウルこう誓った。「エホバ生きおられる+。彼殺されることない」。  後に,ヨナタンダビデ呼び,ヨナタンこれら言葉みな告げた。それからヨナタンダビデサウルもと連れ行き,こうて[ダビデ]は以前同じよう+とどまった。  そのうちに,再び戦い起こり,ダビデ打っフィリスティア戦い,彼ら討ち倒し大いに殺し+。それ彼らは[ダビデ]のから逃げ去っ行っ+  ときに,エホバ*悪い+サウル臨んが,彼自分その持っ座った。一方,ダビデ音楽奏でた。 10  そこで,サウルダビデ突き刺そ+,彼サウルからかわし+で,[サウル]は突き刺した。それダビデは,そのうち逃れよう逃げ+ 11  その後,サウル使者たち+ダビデ遣わしこれ見張らせ,朝なっ殺さよう+。しかし,そのミカルダビデ告げ言った,「もしあなた今夜ご自分逃れさせなければ,明日あなた殺されるなるでしょう」。 12  直ちにミカルダビデから降りせ,彼行っ逃げ去り,逃れられるよう+ 13  それからミカルテラフィム+取り,それいす置き,やぎ*ところ置き,その後,それ覆った。 14  サウル今やダビデ捕らえよう使者たち遣わしが,彼女は,「あの病気です+」と言った。 15  そこでサウルダビデよう使者たち遣わし言った,「彼そのいすままわたしもと連れ来い。彼殺す+」。 16  使者たち入っみると,何と,テラフィムいすあり,やぎところあった。 17  そこでサウルミカル言った,「お前なぜこのようわたしだまし+,わたし+送り出し,彼逃れさせか」。すると,ミカルサウル言った,「あのが,『わたし送り出しくれ! どうしてわたしお前殺せるだろ*』と,私言っです」。 18  一方ダビデは,逃げ去っ逃れ+,ラマサムエルもとやっ+。こうて,サウル自分すべてこと告げた。そこで,彼サムエル去って,ふたりナヨト+住むようなった。 19  そのうちに,「見よ,ダビデラマナヨトいる」という報告サウルもと届いた。 20  直ちにサウルダビデ捕らえよう使者たち遣わした。彼ら預言年長たち*預言し,サムエルこれつかさどる立場立っいるところ,+サウル使者たち臨み,彼らまた,預言よう振る舞いだし+ 21  人々このことサウル告げると,彼直ちにほか使者たち遣わしが,彼らまた,預言よう振る舞いだした。それで,サウルまたもや使者たちを,三一群遣わしが,彼らまた,預言よう振る舞いだした。 22  ついにラマ行った。セクある大きな水溜め*までやっとき,彼尋ね言いだした,「サムエルダビデどこいるか」。これ対し人々は,「ラマナヨト+ます」と言った。 23  それで,[サウル]はそこからラマナヨト進ん行っが,+に,実臨み,歩きながら,ラマナヨト入るまで預言よう振る舞い続けた。 24  こうまた,その脱ぎ捨て,サムエル預言よう振る舞い,そのも,そのずっ*倒れ+。そのようで,人々は,「サウル預言たちいるか」と言うようなっ+

脚注

「ヨナタン」。ヘ語,ヨーナーターン。18:1からサム終わりまで,サウル言及いるすべて箇所は,マソ本エホーナーターンあるが,やはり「ヨナタン」と訳さいる。
シリ訳は,「そのみ手よって」を付け加えいる。
「エホバの」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「神の」。
または,「やぎキルト」。
または,「わたし送り出しくれ。わたしお前殺すことないためだ」。
「年長たち」。あるいは,「一行; 一隊」と読むしれない。七十訳,「エクレシア」; シリ訳,「集会」; ウル訳,「くさび分隊」。
「セフィ[何生えない高い所]にある脱穀井戸」,七十訳。
または,「薄着で」。