内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 18:1‐30

18  さて,彼サウル話し終えるや,ヨナタン*+ダビデ結び付き+,ヨナタン自分よう愛するようなっある+  そこで,サウルその,彼召し抱え,その帰らなかっ+  そしてヨナタンダビデ結ん+。彼自分よう愛しためある+  その,ヨナタン着けそでなし上着自ら脱いで,それダビデ与え,また自分や,そのまでも[与えた]。  こうダビデ行くようなった。どこサウル遣わすところ慎重行動+,サウル戦人たち立て+。これすべてに,またサウルたち良いこと思えた。  そして,ダビデフィリスティア討ち倒し帰っとき,彼ら入っ来る*,女たち歌ったり+踊ったりながら,イスラエルすべて都市からて,タンバリン+歓び+リュートもっサウル迎えはじめある。  そして,祝たち答え応じしきり言った, 「サウル討ち倒し,ダビデ+」。  それサウル怒るようなり+,この言わこと見地から悪かっ*で,彼言った,「ダビデ与えが,わたし与えた。まだ与えない王権だけ+!」  そしてサウルその以降,絶えダビデ疑るよう+ 10  そして,その+悪いサウル働い+で,彼預言よう振る舞うあっ+。一方,ダビデ以前日々ように,その音楽奏で+。サウルあっ+ 11  するとサウル投げつけ+,「わたしダビデ突き刺しやる+!」と言っが,ダビデ+からかわした。 12  そして,サウルダビデれるようなっ+。エホバおら+,サウルから去っしまわ+からある。 13  それゆえ,サウルその交わりから退け+,自分ため任じた。彼いつも立っ出入り+ 14  そして,ダビデそのすべて終始慎重行動+,エホバおら+ 15  そしてサウル非常慎重+行動するで,彼ことおびえた。 16  ときに,イスラエルユダ,ダビデ愛するあった。それが[民]に先立っ出入りからある。 17  ついにサウルダビデた,「見よ,わたし一番年上メラブ+いる。彼女わたしあなた与えよう+。ただ,わたしため勇敢なり,エホバ戦い*戦っくれ+」。ところサウルは,「わたし臨まないで,フィリスティア臨まよう」と思っある+ 18  そこでダビデサウルた,「私何者でしょう。私親族,私一族イスラエル何者でしょう。私婿なるなど+」。 19  ところが,サウルメラブダビデ与えるなっみると,彼女ほう既にメホラ+アドリエル+与えられある。 20  さて,サウルミカル+ダビデ愛した。人々そのことサウル伝えるようなり,その入るところなっ* 21  それサウルた,「わたしは[ミカル]を与えよう。[ミカル]がためわななり+,フィリスティア臨むためだ」。そこでサウルダビデ言った,「この女[のうち人]によっ*,あなた今日,わたし姻戚関係結ぶだ」。 22  その,サウルそのたち命じた,「ひそかダビデ話し言え,『ご覧なさい,王あなたこと喜んおらますし,そのたち皆,あなた愛するようなりました。ですから今,王姻戚関係結んください』」。 23  それで,サウルたちこれら言葉ダビデ語るようなっが,ダビデ言った,「王姻戚関係結ぶあなた方容易ことですか。わたし資力乏しい+で,軽んじられいる+に」。 24  それで,サウルたち報告て,「ダビデこのよう言葉ました」と言った。 25  そこでサウルた,「あなた方ダビデこのよう言うだ。『王婚姻+なく,王復しゅうする+ため,フィリスティア包皮+喜びされる』」。しかしサウルは,フィリスティアよっダビデ倒れさせよう企てある。 26  それで,彼たちこれら言葉ダビデ伝えところ,そのは,王姻戚関係結ぶ+に,ダビデ入るところなっ*。期間まだ切れなかった。 27  そこでダビデち上がり,彼その部下たち行って,フィリスティア二百*討ち倒し+,ダビデ彼ら包皮持っ+,王姻戚関係結ぶため,十分そろえそれ差し上げた。すると,サウルそのミカル与え+ 28  こうサウルは,エホバダビデおられる見,また知るようなっ+。一方,サウルミカルは,彼愛し*+ 29  そしてまた,サウルダビデゆえになお恐れ感じた。サウル終始ダビデなっ+ 30  そして,フィリスティアたち+が,彼ら来るダビデサウルすべてうち最も慎重行動するあっ+。彼非常貴いものなっ+

脚注

字義,「エホナタン」。19:1脚注参照。
七十訳バチ写は,17:55からここまで省いいる。
字義,「彼悪かった」。
または,「戦闘」。
字義,「彼正しかった」。
「このうちよって」,タル; マソ本,「二つで」,すなわち,もう一度。
字義,「ダビデ正しかった」。
「二百」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「百」。
「一方,サウルミカルは,彼愛した」。七十訳,「また,イスラエルみな愛した」。