内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

サムエル第一 16:1‐23

16  ついに​エホバ​は​サムエル​に​言わ​れ​た,「いつ​まで​あなた​は​サウル​の​ため​に​嘆き悲しむ​と​いう​の​か+。わたし​は,イスラエル​の​王​と​し​て​支配​する[立場]から​彼​を​退け​た​と​いう​の​に+。あなた​の​角​に​油​+を​満たし​て,行き​なさい。わたし​は​あなた​を​ベツレヘム​人​エッサイ​+の​もと​に​遣わす。わたし​は​彼​の​息子​たち​の​うち​に​わたし​の​ため​に​王​を​備え​た​から​で​ある+」。  しかし​サムエル​は​言っ​た,「私​は​どうして​行け​ましょ​う。一度​サウル​が​その​こと​を​聞い​たら,必ずや​私​を​殺す​でしょ​う+」。すると​エホバ​は​言わ​れ​た,「群れ​の​一​頭​の​若い​雌牛​を,あなた​は​携え​て​*行き,『エホバ​に​犠牲​を​ささげる​ため​に​やっ​て​来​た​の​です+』と​言い​なさい。  そして,あなた​は​エッサイ​を​犠牲​の​ところ​に​呼び​なさい。一方​わたし​は,あなた​の​す​べき​こと​を​知らせ​よう+。あなた​は​わたし​の​ため​に,わたし​が​あなた​に​指名​する​者​に​油​を​そそが​なけれ​ば​なら​ない+」。  そこで​サムエル​は​エホバ​の​話さ​れ​た​こと​を​行なっ​た。彼​が​ベツレヘム​+に​やっ​て​来る​と,その​市​の​年長​者​たち​は​彼​を​迎え​て​おののき​はじめ+,「平和​な​こと​で​来​られ​た​の​です​か」と​言っ​た+  これ​に​対し​て​彼​は​言っ​た,「平和​な​こと​です。エホバ​に​犠牲​を​ささげる​ため​に​やっ​て​来​た​の​です。身​を​神聖​な​もの​と​し​なさい+。あなた方​は​わたし​と​一緒​に​犠牲​の​ところ​に​来​なけれ​ば​なり​ませ​ん」。それ​から​彼​は​エッサイ​と​その​子​ら​を​神聖​な​もの​と​し,その​のち​彼ら​を​犠牲​の​ところ​に​呼び寄せ​た。  そして,その​後,一同​が​入っ​て​来​て,[サムエル]は​エリアブ​+を​見かける​と,直ちに,「確か​に​その​油そそが​れ​た​者​*が​エホバ​の​前​に​いる」と​言っ​た。  しかし​エホバ​は​サムエル​に​言わ​れ​た,「その​容姿​や​丈​の​高さ​を​見​て​は​なら​ない+。わたし​は​彼​を​退け​た​から​で​ある。[​の​見る​ところ​は+]*人​の​見る​ところ​と​異なる​から​だ。人​は​目​に​見える​もの​を​見る​*+,エホバ​は​心​+が​どうか​を​見る​*から​だ」。  それ​から​エッサイ​は​アビナダブ​+を​呼ん​で​サムエル​の​前​を​通ら​せ​た​が,「この​人​も​また,エホバ​は​選​ん​で​おら​れ​ない」と​言っ​た。  次​に​エッサイ​は​シャマ​+を​通り過ぎ​させ​た​が,「この​人​も​また,エホバ​は​選​ん​で​おら​れ​ない」と​言っ​た。 10  こう​し​て,エッサイ​は​その​息子​の​うち​七​人​に​サムエル​の​前​を​通ら​せ​た​が,それでも​サムエル​は​エッサイ​に​言っ​た,「エホバ​は​これら​の​人​を​選​ん​で​おら​れ​ませ​ん」。 11  最後​に​サムエル​は​エッサイ​に​言っ​た,「これ​で​男​の​子​は​全部​です​か」。これ​に​対し​て​彼​は​言っ​た,「一番​年下​の​が​今​まだ​残っ​て​い​ます+。ご覧​なさい,その​子​は​羊​を​放牧​し​て​い​ます+」。そこで​サムエル​は​エッサイ​に​言っ​た,「どうか​人​を​やっ​て,連れ​て​来​て​ください。その​子​が​ここ​に​来る​まで​は,わたしたち​は​座っ​て​食事​を​し​ない​から​です」。 12  それ​で​彼​は​人​を​やっ​て,その​子​を​来さ​せ​た。さて,その​子​は​赤みがかっ​て​い​て+,美しい​目​を​し​た,容姿​の​麗しい​若者​*で​あっ​た。そこで​エホバ​は​言わ​れ​た,「立ち上がっ​て,これ​に​油​を​そそげ。これ​が​その​人​だ​から​だ+!」 13  こう​し​て​サムエル​は​油​の​角​を​取り+,その​兄弟​たち​の​中​で​彼​に​油​を​そそい​だ。そして​エホバ​の​霊​は​その​日​以降,ダビデ​の​上​に​働き​はじめ​た+。後​に​サムエル​は​立っ​て,ラマ​+へ​去っ​て​行っ​た。 14  とき​に,エホバ​の​霊​が​サウル​から​離れ+,エホバ​から​の​悪い​霊​+が​彼​を​怖れ​させ​た。 15  それで,サウル​の​僕​たち​は​彼​に​こう​言いだし​た。「さあ,ご覧​なさい,​の​*悪い​霊​が​あなた​を​怖れ​させ​て​い​ます。 16  私たち​の​主​よ,どうか,あなた​の​前​に​いる​この​僕​ども​に​命じ​て,たて琴​を​弾く​+上手​な​人​+を​捜さ​せ​て​ください。そして,​の​悪い​霊​が​あなた​の​上​に​臨む​とき,その​人​は​手​で​必ず​弾く​の​です。そうすれば,あなた​は​きっと​良く​なら​れる​でしょ​う」。 17  そこで​サウル​は​僕​たち​に​言っ​た,「どうか,わたし​に,上手​に​弾く​人​を​用意​し​て​もらい​たい。あなた方​は​その​人​を​わたし​の​ところ​に​連れ​て​来​なさい+」。 18  すると,従者​の​一​人​が​答え​て​言っ​た,「ご覧​ください,わたし​は​ベツレヘム​人​エッサイ​の​子​が​弾く​の​に​巧み​な​の​を​見​た​こと​が​あり​ます​が+,彼​は​勇敢​な​力​の​ある​人​+で,戦人​+で,物分かり​の​よい​話し手​+で,容姿​の​整っ​た​人​+です。エホバ​は​彼​と​共​に​おら​れ​ます+」。 19  そこで​サウル​は​使者​を​エッサイ​の​もと​に​遣わし​て​言っ​た,「羊​の​群れ​と​共​に​いる,あなた​の​息子​ダビデ​を​どうか​わたし​の​ところ​に​よこし​て​もらい​たい+」。 20  それ​で​エッサイ​は​ろば​一​頭​と,パン​と,ぶどう​酒​の​入っ​た​皮袋​+一つ​と,やぎ​の​子​一​頭​を​取り,これ​を​その​子​ダビデ​の​手​に​よっ​て​サウル​の​もと​に​送っ​た+ 21  こう​し​て​ダビデ​は​サウル​の​もと​に​来​て,彼​に​仕え​た*+。そして[サウル]は​彼​を​非常​に​愛する​よう​に​なり,彼​は​その​武具​持ち​+と​なっ​た。 22  それゆえ,サウル​は​エッサイ​の​もと​に​人​を​やっ​て​言っ​た,「どうか,ダビデ​を​わたし​に​ずっ​と​仕え​させ​て​もらい​たい。彼​は​わたし​の​目​に​恵み​を​得​た​の​だから」。 23  そして,​の​霊​が​サウル​に​臨む​とき,ダビデ​は​たて琴​を​取り,手​で​弾い​た​の​で​ある。すると,サウル​に​は​安らぎ​が​あり,彼​は​良く​なっ​て,悪い​霊​は​彼​の​上​から​離れ​た+

脚注

「携え​て」。字義,「自分​の​手​に​持っ​て」。
「その​油そそが​れ​た​者」。ヘ語,メシーホー; ギ語,クリストス; シ語,メシーヘ; ラ語,クリストゥス
「神​の​見る​ところ​は」,七十訳; マソ本​は​省い​て​いる。
字義,「人​は​目​に​関し​て​見る」。
字義,「エホバ​は​心​に​関し​て​見る」。
「若者」,マソ本​の​עִם(イム,「と​共​に」)を​עֶלֶם(エレム,「若者」)と​修正​する​こと​に​よる。17:56; 20:22と​比較。
「神​の」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「エホバ​の」。
「彼​に​仕え​た」。字義,「引き続き​彼​の​前​に​立っ​て​い​た」,すなわち,彼​に​仕える​ため​に。