アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

サムエル第一 16:1-23

16  ついにエホバはサムエルに言われた,「いつまであなたはサウルのために嘆き悲しむというのか+。わたしは,イスラエルの王として支配する[立場]から彼を退けたというのに+。あなたの角に油+を満たして,行きなさい。わたしはあなたをベツレヘム人エッサイ+のもとに遣わす。わたしは彼の息子たちのうちにわたしのために王を備えたからである+」。  しかしサムエルは言った,「私はどうして行けましょう。一度サウルがそのことを聞いたら,必ずや私を殺すでしょう+」。するとエホバは言われた,「群れの一頭の若い雌牛を,あなたは携えて*行き,『エホバに犠牲をささげるためにやって来たのです+』と言いなさい。  そして,あなたはエッサイを犠牲のところに呼びなさい。一方わたしは,あなたのすべきことを知らせよう+。あなたはわたしのために,わたしがあなたに指名する者に油をそそがなければならない+」。  そこでサムエルはエホバの話されたことを行なった。彼がベツレヘム+にやって来ると,その市の年長者たちは彼を迎えておののきはじめ+,「平和なことで来られたのですか」と言った+  これに対して彼は言った,「平和なことです。エホバに犠牲をささげるためにやって来たのです。身を神聖なものとしなさい+。あなた方はわたしと一緒に犠牲のところに来なければなりません」。それから彼はエッサイとその子らを神聖なものとし,そののち彼らを犠牲のところに呼び寄せた。  そして,その後,一同が入って来て,[サムエル]はエリアブ+を見かけると,直ちに,「確かにその油そそがれた者*がエホバの前にいる」と言った。  しかしエホバはサムエルに言われた,「その容姿や丈の高さを見てはならない+。わたしは彼を退けたからである。[の見るところは+]*人の見るところと異なるからだ。人は目に見えるものを見る*+,エホバは心+がどうかを見る*からだ」。  それからエッサイはアビナダブ+を呼んでサムエルの前を通らせたが,「この人もまた,エホバは選んでおられない」と言った。  次にエッサイはシャマ+を通り過ぎさせたが,「この人もまた,エホバは選んでおられない」と言った。 10  こうして,エッサイはその息子のうち七人にサムエルの前を通らせたが,それでもサムエルはエッサイに言った,「エホバはこれらの人を選んでおられません」。 11  最後にサムエルはエッサイに言った,「これで男の子は全部ですか」。これに対して彼は言った,「一番年下のが今まだ残っています+。ご覧なさい,その子は羊を放牧しています+」。そこでサムエルはエッサイに言った,「どうか人をやって,連れて来てください。その子がここに来るまでは,わたしたちは座って食事をしないからです」。 12  それで彼は人をやって,その子を来させた。さて,その子は赤みがかっていて+,美しい目をした,容姿の麗しい若者*であった。そこでエホバは言われた,「立ち上がって,これに油をそそげ。これがその人だからだ+!」 13  こうしてサムエルは油の角を取り+,その兄弟たちの中で彼に油をそそいだ。そしてエホバの霊はその日以降,ダビデの上に働きはじめた+。後にサムエルは立って,ラマ+へ去って行った。 14  ときに,エホバの霊がサウルから離れ+,エホバからの悪い霊+が彼を怖れさせた。 15  それで,サウルの僕たちは彼にこう言いだした。「さあ,ご覧なさい,*悪い霊があなたを怖れさせています。 16  私たちの主よ,どうか,あなたの前にいるこの僕どもに命じて,たて琴を弾く+上手な人+を捜させてください。そして,の悪い霊があなたの上に臨むとき,その人は手で必ず弾くのです。そうすれば,あなたはきっと良くなられるでしょう」。 17  そこでサウルは僕たちに言った,「どうか,わたしに,上手に弾く人を用意してもらいたい。あなた方はその人をわたしのところに連れて来なさい+」。 18  すると,従者の一人が答えて言った,「ご覧ください,わたしはベツレヘム人エッサイの子が弾くのに巧みなのを見たことがありますが+,彼は勇敢な力のある人+で,戦人+で,物分かりのよい話し手+で,容姿の整った人+です。エホバは彼と共におられます+」。 19  そこでサウルは使者をエッサイのもとに遣わして言った,「羊の群れと共にいる,あなたの息子ダビデをどうかわたしのところによこしてもらいたい+」。 20  それでエッサイはろば一頭と,パンと,ぶどう酒の入った皮袋+一つと,やぎの子一頭を取り,これをその子ダビデの手によってサウルのもとに送った+ 21  こうしてダビデはサウルのもとに来て,彼に仕えた*+。そして[サウル]は彼を非常に愛するようになり,彼はその武具持ち+となった。 22  それゆえ,サウルはエッサイのもとに人をやって言った,「どうか,ダビデをわたしにずっと仕えさせてもらいたい。彼はわたしの目に恵みを得たのだから」。 23  そして,の霊がサウルに臨むとき,ダビデはたて琴を取り,手で弾いたのである。すると,サウルには安らぎがあり,彼は良くなって,悪い霊は彼の上から離れた+

脚注

「携えて」。字義,「自分の手に持って」。
「その油そそがれた者」。ヘ語,メシーホー; ギ語,クリストス; シ語,メシーヘ; ラ語,クリストゥス
「神の見るところは」,七十訳; マソ本は省いている。
字義,「人は目に関して見る」。
字義,「エホバは心に関して見る」。
「若者」,マソ本のעִם(イム,「と共に」)をעֶלֶם(エレム,「若者」)と修正することによる。17:56; 20:22と比較。
「神の」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「エホバの」。
「彼に仕えた」。字義,「引き続き彼の前に立っていた」,すなわち,彼に仕えるために。