内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 13:1‐23

13  サウル治めはじめ+,[?*]歳で,彼年間イスラエル治めた。  そしてサウル自分ためイスラエルから三千選んだ。二千サウルミクマシュ+ベテル山地いるようなり,千ヨナタン+ベニヤミンギベア+た。その他は,それぞれ各自天幕*帰した。  それから,ヨナタンゲバ*+フィリスティア+守備+討ち倒した。フィリスティアこれ聞いた。一方サウルは,国中至る所角笛吹き鳴らし+,「ヘブライよ,聞け」と言わせた。  そしてイスラエルが,「サウルフィリスティア守備討ち倒し,今やイスラエルフィリスティア鼻持ちならないもの+なった」と言う聞いた。それギルガル+呼び集められサウル従った。  そしてフィリスティアほうは,イスラエル戦うため寄り集まった。戦車三万*+,騎手六千,それおびただしさ海辺ある砂粒よう+あった。彼ら上って,ベトアベン+東,ミクマシュ陣営敷きはじめた。  それで,イスラエル人々は,自分たち窮境陥っいる+。民ひどく圧迫からある。民洞くつ+や,くぼ地,大岩,[地下の]丸天井*や,水坑隠れるようなった。  ヘブライ実際,ヨルダン+渡っガド+ギレアデ行った。しかしサウルは,なおギルガルおり,民皆,おののきながら従っ+  そしてサムエルが[言っ+]*定められまで待ち続けが,サムエルギルガルなかっで,民もとから散っ行こた。  ついにサウルは,「焼燔犠牲共与犠牲わたしそば持っなさい」と言った。こう焼燔犠牲ささげだし+ 10  そして,彼焼燔犠牲ささげ終えところ,何と,サムエルやっ来るあった。それサウル迎え行き,彼祝福+ 11  するとサムエル言った,「あなたです+」。これ対しサウル言った,「わたしわたしから離れ散っ行っまし+,あなたは ― 定められうちおいでなりませでし+し,フィリスティアミクマシュ+集められました。 12  それわたしこう思いまし*+。『今やフィリスティアギルガルわたし向かっ下っ来るに,エホバわたし和めない』。それわたし自ら強いて+焼燔犠牲ささげることです」。 13  そこでサムエルサウル言った,「あなた愚かことまし+。あなたあなたエホバ命じられ+そのおきて守りませでし+。もしそうなら,エホバあなた王国イスラエル定めないまで確固ものされでしょから。 14  それ今や,あなた王国長続きませ+。エホバ必ずご自分ためそのかなう見いださます*+。エホバそのご自分指導任命ます+。あなたエホバ命じられこと守らなかっからです+」。 15  それからサムエル立って,ギルガルから*ベニヤミンギベア上っ行った。次いサウル民,すなわちなおたち調べた。およそ六百あっ+ 16  そして,サウルそのヨナタン,およびなおふたりもとは,ベニヤミンゲバ+とどまった。フィリスティアほうは,ミクマシュ+陣営敷いた。 17  そして,略奪フィリスティア陣営から三つなっ打っ出るあっ+。そのオフラ+取って,シュアル向かい, 18  ほかベトホロン+向かい,三荒野方,ツェボイム*望む境界向かうあった。 19  さて,イスラエル全地鍛冶なかった。それフィリスティアが,「ヘブライ作るいけないから+」と言っためある。 20  それイスラエル皆,各々自分すきや,つるはしぐわや,斧や,鎌研い*もらうため,フィリスティアところ下っ行くあっ+ 21  そして研ぐすきや,つるはしぐわや,三つ歯道具や,斧ため,また牛追い棒+直すためピム*あった。 22  それで,戦いなっが,サウルヨナタンうちだれも,剣+なかった。ただサウル+そのヨナタンものあった。 23  さて,フィリスティア前哨部隊+ミクマシュ+峡谷渡し打っ出るあった。

脚注

マソ本数字抜けいる。
「天幕」(単),七十訳; マソ本,ウル訳,「天幕」(複); シリ訳,「家」。
「ゲバ」,マソ本,シリ訳。裁 20:10,「ギベア」の脚注参照。
「三万」,マソ本,七十訳,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「三千」。
または,「地下空洞」。
「言った」,タル,七十訳,および四つヘブライ写本; マソ本省いいる。
または,「わたしこう自分言いました」。
または,「見いだそされます」。詩 27:8; 箴 18:15参照。
七十訳古ラ訳こう付け加えいる,「上っ行った。また残り戦士たち立ち向かうためサウル従っ上っ行った。彼らギルガルから(ベニヤミンギベア行った)」。
「ハイエナ」の意。
「鍛えて」,七十訳。創 4:22比較。
古代重量単位で,およそ1シェケル32。