内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 11:1‐15

11  それからアンモンナハシュ+上って,ギレアデヤベシュ*+対し陣営敷いた。そこでヤベシュ人々皆,ナハシュ言った,「わたしたち契約結んで,わたしたちあなた仕えるようください+」。  そこでアンモンナハシュ彼ら言った,「このよう条件わたしお前たちそれ結ぼう。お前たちみなえぐり取る+いう条件だ。わたしそれそしりイスラエル必ず置く+」。  すると,ヤベシュ年長たち言った,「わたしたち猶予与えください。そうすれば,わたしたちイスラエル領地使者送ります。もしわたしたち救う+なければ,わたしたちあなたもと必ず行きます」。  やがて使者たちサウルギベア+て,その言葉語っで,民みな上げ泣きはじめ+  ところが,そこサウルから群れ付いやった。次いサウル言った,「民泣いいるが,どうか」。そこで彼らヤベシュ人々言葉述べはじめた。  そして,サウルこれら言葉聞くと,*+働いで,彼怒り激しく燃え+  そこで一対雄牛取り,それ切り裂き,それ使者たちよっイスラエル領地送っ+,「わたしたちうちだれあれ,サウルサムエル従っ行かないは,そのこのようされる+!」と言わせた。すると,エホバ+怖れ+下るようなり,彼らよう+  そこで[サウル]がベゼク彼ら総数+調べると,イスラエル三十万人,ユダ人々三万あった。  さて,彼ら*やっ使者たち言った,「あなた方ギレアデヤベシュ人々このよう言います。『明日,太陽熱くなるころ,あなた方ため救いあります+』」。そこで使者たち帰って,ヤベシュ人々告げで,彼ら歓びだした。 10  そこでヤベシュ人々言った,「明日,わたしたちあなた方もと行きましょう。あなた方すべてあなた方善い思う通りわたしたちください+」。 11  そして,翌日こと,サウル+三つ+,彼ら見張り*+陣営真ん中進入し,それから暑くなるころまでアンモン*+討ち倒した。残っ幾らかいると,それら散っ行って,彼らうち一緒残されることなかっ+ 12  それサムエル言いだした,「『サウル ― 彼我々なる*+』と言っだれですか。それら引き渡しください。わたしたちそれら殺します+」。 13  しかし,サウル*言った,「今日殺しならない+。今日,エホバイスラエル救い施さだから+」。 14  後サムエル言った,「さあ,わたしたちギルガル+行って,そこで王権新たよう+」。 15  それみなギルガル行き,そこで,ギルガルエホバサウル*。それから彼らそこでエホバ共与犠牲供え+,サウルイスラエルすべて人々そこで引き続き大いに歓ん+

脚注

「ギレアデヤベシュ」。または,「ヤベシュギレアデ」。
霊」。ヘ語,ルーアハエローヒーム; タル,七十訳,ウル訳,および二つヘブライ写本,「エホバ霊」。
「彼ら」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「彼」。
出 14:24脚注参照。
「アンモン」,マソ本,ウル訳; タル,七十訳,シリ訳,および三つヘブライ写本,「アンモンら」。
「サウル ― 彼我々なるか」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「サウル ― 彼我々なるべきない」。
「サウル」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳バチ写およびギリシャ写本,「サムエル」。
「そこで……サウルた」。七十訳,「そこで,サムエルは……サウルそそいた」。