アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

サムエル第一 1:1-28

1  さて,エフライムの山地+のラマタイム・ツォフィム+の出の*ある人がいた。その名をエルカナ+といい,エロハムの子で,[順次さかのぼって]エリフ*の子,トフの子,ツフ+の子,エフライム人*であった。  そして彼には二人の妻がおり,その一人の名をハンナ,もう一人の名をペニンナといった。そして,ペニンナには子供がいたが,ハンナには子供がいなかった+  そして,その人はシロで万軍のエホバを*伏し拝み+,犠牲をささげるため,年ごとに*その都市から上って行った+。そして,そこではエリの二人の息子*,ホフニとピネハス+がエホバの祭司+であった。  ときに,エルカナが犠牲をささげる日となり,彼は妻ペニンナとそのすべての息子や娘たちに[多くの]受け分を与えた+  しかし,ハンナにはただ一つの受け分を与えた。それでも*,彼はハンナを愛していたが+,エホバは,彼女の胎をふさいでおられた+  それで,彼女と張り合う妻*も,エホバがその胎をふさがれたことで,当惑させようとして彼女をひどく悩ませた+  そして彼女*は,エホバの家に上って行く度に+,年ごとにそのようにした+。彼女がそのように悩ませたので,[ハンナ]は泣いて,食事をしようとしなかった。  そこで夫エルカナは言った,「ハンナ,なぜ泣くのか。なぜ食事をしないのか。どうしてあなたの心は痛むのか+。わたしはあなたにとって十人の息子よりも勝っているではないか+」。  それから,彼ら*がシロで*食べて,飲んだ後*,ハンナは立ち上がった。そのとき,祭司エリはエホバの神殿*+の戸柱の傍らの席に座っていた。 10  そして彼女は魂が苦しんでいたので+,エホバに祈って+ひどく泣きだした+ 11  そこで,彼女は誓約をして+言った,「万軍のエホバよ,もしあなたがこの奴隷女の苦悩を必ずご覧になり+,実際に私を覚えてくださり+,この奴隷女をお忘れにならず,実際にこの奴隷女に男の子をお授けくださいますなら,私はその子をその一生の間エホバにおささげ致します。決してかみそりをその頭に当てることはありません+」。 12  そして,彼女がエホバの前で長く祈っていたが+,その間エリは彼女の口元を見守っていた。 13  ハンナのほうは,その心の中で語っていたので+,ただその唇が震えているだけで,その声は聞こえなかった。しかしエリは彼女が酔っているのだと思った+ 14  それでエリは彼女に言った,「いつまで酔っているのか+。ぶどう酒[の酔い]を去らせなさい」。 15  そこでハンナは答えて言った,「いいえ,我が主よ,私は,霊のひどく苦しめられている女でございます。ぶどう酒や酔わせる酒を飲んではおりません。ただ,私はエホバの前に魂を注ぎ出しております+ 16  この奴隷女をどうしようもない+*のようにしないでください。気遣いと悩みのおびただしさのために,今まで話していたのでございますから+」。 17  そこでエリは答えて言った,「安心して行きなさい+。イスラエルのが,あなたの願い求めたその請願をかなえてくださるように+」。 18  それに対して彼女は言った,「このはしためがあなたの目に恵みを得ますように+」。それからこの女は去って行って,食事をした+。その顔はもはや自分のことを気遣っているようではなかった+ 19  それから彼らは朝早く起きて,エホバの前で伏し拝み,その後,ラマ+にある自分たちの家へ帰って行った。さて,エルカナはその妻ハンナと交わりを持った+。エホバは彼女のことを思い起こされるようになった+ 20  それで,年*が巡って来たころ,ハンナは身ごもって男の子を出産し,その名をサムエル*と呼んだのである+。それは彼女が,「わたしはエホバにこの子を願い求めておりました+」と言ったからである。 21  やがて夫のエルカナはその家の者すべてと共に,年ごとの犠牲*+と誓約の捧げ物+とをエホバにささげるために上って行った。 22  一方ハンナは,上って行かなかった+。彼女は夫に,「この子が乳離れしましたらすぐ+,私はこの子を連れて行き,この子はエホバの前に出,定めのない時までもそこに住まなければならないのです+」と言ったからである。 23  そこで夫+エルカナは彼女に言った,「あなたの目に善いことをしなさい+。その子を乳離れさせるまで家にとどまっていなさい。ただ,エホバがその*言葉を果たされますように+」。こうしてこの女は家にとどまり,乳離れさせるまで+その子に乳を飲ませた。 24  そこで,その子を乳離れさせるとすぐ,彼女は三歳の雄牛一頭*,麦粉一エファ*,ぶどう酒+の入った大きなつぼ一つを携え,その子を連れて上り,シロにあるエホバの家+に入って*行った。そして,その子は彼女と共にいた* 25  それから彼らはその雄牛をほふり,その子をエリのもとに連れて行った*+ 26  そこで彼女は言った,「恐れ入りますが,我が主よ! あなたの魂の命にかけて+,我が主よ,私はここであなたのもとに立ち,エホバに祈った女でございます+ 27  私はこの子のことで,私の願い求めた+請願をエホバにかなえて頂きたいと祈りました+ 28  それで私もまた,この子をエホバにお貸し致しました*+。この子はまさしく*その一生の間,エホバに求められた者*なのです」。 こうして彼*はそこでエホバに身をかがめた+

脚注

「ラマタイム・ツォフィムの出の」。または,「ラマの出の,ツフ人である」。七十訳,「アルマタイム・ジファの出の」; ウル訳,「ラマタイム・ソフィムの出の」。サム一 1章19節および代一 6:26,35参照。
「エリフ」,マソ本; 七十訳,「エリウー」; マソ本,七十訳の代一 6:27では「エリアブ」; 代一 6:34では「エリエル」。
エフライムの領地に定住したためであるが,エルカナは実際はレビ人。代一 6:19,22‐28参照。
万軍エホバを」。ヘ語,ライフワー ツェヴァーオート; マソ本でこの表現が最初に出て来る箇所。
字義,「日々から日々に」。出 13:10; 裁 11:40; 裁 21:19と比較。
「エリの二人の息子」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「エリとその二人の息子」。
「与えた。それでも」,七十訳; ウル訳,「与えたが,[彼は]悲しかった。なぜなら」。
または,「彼女の仲間の妻」。
「彼女」であろう。シリ訳,「ペニンナ」; マソ本,「彼」。
「彼ら」,七十訳; マソ本,「彼女」。この女性代名詞は,ハンナがここで別れた一行を指す。
シロで」。ヘ語,ヴェシロー; あるいは,「広間で」と読むのかもしれない。修正による。すなわち,食事のための広間,または食堂のこと。
「飲んだ後」。ヘブライ語ではここの動詞は不定詞独立形で,時に関しては不定で,非人称。七十訳はこの箇所を次のように読んでいる,「彼らが食べた後,彼女は立ち上がり,エホバの前に立った」。
「の神殿」。ヘ語,ヘーカル; ギ語,ナウー; ラ語,テンプリー。このヘブライ語が最初に出て来る箇所。王二 20:18とマタ 23:16の脚注参照。
「どうしようもない女」。字義,「ベリアル(無価値)の娘」。
字義,「日々」。取り入れの祭りに言及している,出 34:22と比較。
書名の脚注参照。
字義,「日々の犠牲」。1章3節,「年ごとに」の脚注と比較。
「その」,マソ本,ウル訳; シリ訳,「あなたの」。
「三歳の雄牛一頭」,七十訳,シリ訳; マソ本,ウル訳,「雄牛三頭」。
約22㍑。
「入って」,七十訳; マソ本,シリ訳,ウル訳,「彼を連れて」。
字義,「そして,その少年少年[であった]」。ヘ語,ウェハンナアル ナーアル; 七十訳,「そして,その子は彼らと共にいた」; ウル訳,「その子はまだ幼児であった」。
「(彼らは)その子をエリのもとに連れて行った」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「その子の母アンナは[その子を]エリのもとに連れて行った」。
「この子を……お貸し致しました」。字義,「彼を……請わせました」,すなわち,エホバのために彼を借りること。同じ動詞が王二 4:3; 王二 6:5では借りるという意味で用いられている。
「この子はまさしく」。字義,「彼はまさしくいる」,マソ本; タル,七十訳,シリ訳,「彼の生きている」。
または,「エホバのために借りられた者; エホバに貸された者」。
「彼」,すなわち,エルカナ。2:11参照。