内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

サムエル第一 1:1‐28

1  さて,エフライム山地+ラマタイムツォフィム+*あるた。そのエルカナ+いい,エロハムで,[順次さかのぼって]エリフ*子,トフ子,ツフ+子,エフライム*あった。  そしており,そのハンナ,もうペニンナいった。そして,ペニンナ子供が,ハンナ子供なかっ+  そして,そのシロ万軍エホバ*伏し拝み+,犠牲ささげるため,年ごと*その都市から上っ行っ+。そして,そこエリ息子*,ホフニピネハス+エホバ祭司+あった。  ときに,エルカナ犠牲ささげるなり,彼ペニンナそのすべて息子たちに[多くの]受け分与え+  しかし,ハンナただ一つ受け分与えた。それでも*,彼ハンナ愛し+,エホバは,彼女ふさいおら+  それで,彼女張り合う*も,エホバそのふさがことで,当惑よう彼女ひどく悩ませ+  そして彼女*は,エホバ上っ行く+,年ごとそのよう+。彼女そのよう悩ませで,[ハンナ]は泣いて,食事ようなかった。  そこでエルカナ言った,「ハンナ,なぜ泣くか。なぜ食事ないか。どうしてあなた痛む+。わたしあなたとっ息子より勝っいるない+」。  それから,彼ら*シロ*食べて,飲ん*,ハンナ立ち上がった。そのとき,祭司エリエホバ神殿*+戸柱傍ら座った。 10  そして彼女苦しん+,エホバ祈っ+ひどく泣きだし+ 11  そこで,彼女誓約+言った,「万軍エホバよ,もしあなたこの奴隷苦悩必ずご覧なり+,実際覚えくださり+,この奴隷お忘れならず,実際この奴隷お授けくださいますなら,私そのその一生エホバおささげ致します。決してかみそりその当てることありませ+」。 12  そして,彼女エホバ長く祈っ+,そのエリ彼女口元見守った。 13  ハンナほうは,その語っ+,ただその震えいるだけで,その聞こえなかった。しかしエリ彼女酔っいる思っ+ 14  それエリ彼女言った,「いつまで酔っいる+。ぶどう酒[の酔い]を去らなさい」。 15  そこでハンナ答え言った,「いいえ,我よ,私は,霊ひどく苦しめられいるございます。ぶどう酔わせる飲んおりません。ただ,私エホバ注ぎ出しおります+ 16  この奴隷どうようない+*ようないください。気遣い悩みおびただしさために,今までございますから+」。 17  そこでエリ答え言った,「安心行きなさい+。イスラエルが,あなた願い求めその請願かなえくださるよう+」。 18  それ対し彼女言った,「このはしためあなた恵みますよう+」。それからこの去っ行って,食事+。そのもはや自分こと気遣っいるようなかっ+ 19  それから彼ら朝早く起きて,エホバ伏し拝み,その後,ラマ+ある自分たち帰っ行った。さて,エルカナそのハンナ交わり持っ+。エホバ彼女こと思い起こされるようなっ+ 20  それで,年*巡っころ,ハンナ身ごもっ出産し,そのサムエル*呼んある+。それ彼女が,「わたしエホバこの願い求めおりまし+」と言っからある。 21  やがてエルカナそのすべてに,年ごと犠牲*+誓約捧げ物+エホバささげるため上っ行った。 22  一方ハンナは,上っ行かなかっ+。彼女に,「この乳離れましたらすぐ+,私この連れ行き,このエホバ出,定めないまでそこ住まなけれならないです+」と言っからある。 23  そこで+エルカナ彼女言った,「あなた善いことなさい+。その乳離れせるまでとどまっなさい。ただ,エホバその*言葉果たさますよう+」。こうこのとどまり,乳離れせるまで+その飲ませた。 24  そこで,その乳離れせるすぐ,彼女雄牛*,麦粉エファ*,ぶどう+入っ大きなつぼ一つ携え,その連れ上り,シロあるエホバ+入っ*行った。そして,その彼女* 25  それから彼らその雄牛ほふり,そのエリもと連れ行っ*+ 26  そこで彼女言った,「恐れ入りますが,我よ! あなたかけ+,我よ,私ここあなたもと立ち,エホバ祈っございます+ 27  私このことで,私願い求め+請願エホバかなえ頂きたい祈りまし+ 28  それまた,このエホバお貸し致しまし*+。このまさしく*その一生間,エホバ求められ*です」。 こう*そこでエホバかがめ+

脚注

「ラマタイムツォフィムの」。または,「ラマの,ツフある」。七十訳,「アルマタイムジファの」; ウル訳,「ラマタイムソフィムの」。19および一 6:26,35参照。
「エリフ」,マソ本; 七十訳,「エリウー」; マソ本,七十訳一 6:27では「エリアブ」; 一 6:34では「エリエル」。
エフライム領地定住ためあるが,エルカナ実際レビ人。一 6:19,22‐28参照。
万軍エホバを」。ヘ語,ライフワー ツェヴァーオート; マソ本この表現最初来る箇所。
字義,「日々から日々に」。出 13:10; 裁 11:40; 裁 21:19比較。
「エリ息子」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「エリその息子」。
「与えた。それでも」,七十訳; ウル訳,「与えが,[彼は]悲しかった。なぜなら」。
または,「彼女仲間妻」。
「彼女」であろう。シリ訳,「ペニンナ」; マソ本,「彼」。
「彼ら」,七十訳; マソ本,「彼女」。この女性代名詞は,ハンナここ別れ一行指す。
シロで」。ヘ語,ヴェシロー; あるいは,「広間で」と読むしれない。修正よる。すなわち,食事ため広間,または食堂こと。
「飲ん後」。ヘブライここ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。七十訳この箇所よう読んいる,「彼ら食べ後,彼女立ち上がり,エホバ立った」。
「の神殿」。ヘ語,ヘーカル; ギ語,ナウー; ラ語,テンプリー。このヘブライ最初来る箇所。二 20:18マタ 23:16脚注参照。
「どうようない女」。字義,「ベリアル(無価値)の娘」。
字義,「日々」。取り入れ祭り言及いる,出 34:22比較。
書名脚注参照。
字義,「日々犠牲」。3,「年ごとに」の脚注比較。
「その」,マソ本,ウル訳; シリ訳,「あなたの」。
「三雄牛頭」,七十訳,シリ訳; マソ本,ウル訳,「雄牛頭」。
22㍑。
「入って」,七十訳; マソ本,シリ訳,ウル訳,「彼連れて」。
字義,「そして,その少年少年[であった]」。ヘ語,ウェハンナアル ナーアル; 七十訳,「そして,その彼らた」; ウル訳,「そのまだ幼児あった」。
「(彼らは)そのエリもと連れ行った」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「そのアンナは[そのを]エリもと連れ行った」。
「このを……お貸し致しました」。字義,「彼を……請わました」,すなわち,エホバため借りること。同じ動詞二 4:3;二 6:5では借りるいう意味用いられいる。
「このまさしく」。字義,「彼まさしくいる」,マソ本; タル,七十訳,シリ訳,「彼生きいる」。
または,「エホバため借りられ者; エホバ貸さ者」。
「彼」,すなわち,エルカナ。2:11参照。