内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

コロサイ 2:1‐23

2  というのは,あなた方​に​悟っ​て​欲しい​と​思う​の​です​が,あなた方,そして​ラオデキア​+に​いる​人​たち,また​肉​に​おい​て​わたし​の​顔​を​見​た​こと​の​ない​人​たち​すべて​の​ため​に,わたし​は​どれ​ほど​大きな​苦闘​+を​経験​し​て​いる​こと​でしょ​う。  それ​は,その​人​たち​の​心​が​慰め​られる​ため+,そして,[自分​の]理解​に​関する​十分​な​確信​と​いう​富​の​すべて​を​目ざし+,また​​の​神聖​な​奥義​で​ある​キリスト​+に​関する​*正確​な​知識​を​目ざし​て,彼ら​が​愛​の​うち​に​調和​よく​組み合わさ​れる​ため​です+  彼​の​うち​に​は,知恵​と​知識​と​の​すべて​の​宝​が​注意深く​秘め​られ​て​いる​の​です+  わたし​が​この​よう​に​言う​の​は,だれ​も​ことば​巧み​な​論議​で​あなた方​を​だます​*こと​の​ない​ため​です+  わたし​は,肉​に​おい​て​は​離れ​て​い​て​も,霊​に​おい​て​は​やはり​あなた方​と​共​に​おり+,あなた方​の​秩序​ある​すがた​+と,キリスト​に​対する​確固​と​し​た​信仰​+と​を​歓び,また[それ​を]見守っ​て​いる​の​です。  それで,あなた方​は​​キリスト​・​イエス​を​受け入れ​た​の​ですから,彼​と​結ば​れ​て​+歩みつづけ,  教え​られ​た​ところ​に​したがって​彼​の​うち​に​根ざし+,かつ​築き上げ​られ+,信仰​に​おい​て​安定​し​た​者​と​なり+,感謝​を​ささげ​つつ+[信仰]に​あふれ​*なさい。  気​を​つけ​なさい。もしか​する​と,人間​の​伝統​に​したがい,また​世​の​基礎​的​な​+事柄​に​したがって​キリスト​に​したがわ​ない​哲学​+や​むなしい​欺き​*+に​より,あなた方​を​えじき​と​し​て​連れ去る​+者​が​いる​か​も​しれ​ませ​ん。  というのは,[キリスト]の​中​に​こそ,神​の​+特質​*+の​満ち満ち​た​さま​+が​形​を​取っ​て​余す​ところ​なく​宿っ​て​いる​から​です。 10  その​ため​あなた方​は,彼​を​通し​て​満ち満ち​た​さま​を​有し​て​いる​の​です。彼​は​すべて​の​政府​と​権威​の​頭​です+ 11  あなた方​は​また,彼​と​の​関係​+の​もと​に,手​に​よら​ない​で​なさ​れ​た​割礼​を​受け​まし​た+。すなわち,肉​の​体​を​脱ぎ捨てる​こと​に​よっ​て+,また​キリスト​に​属する​割礼​に​よっ​て​です。 12  あなた方​は​彼​と​共​に​その​バプテスマ​の​うち​に​葬ら​れ+,また​彼​と​の​関係​の​もと​に,彼​を​死人​の​中​から​よみがえらせ​た​+​の​働き​+に​対する​信仰​に​よっ​て+,共​に​よみがえらさ​れ​た​の​です+ 13  さらに,あなた方​は​自分​の​罪過​と​肉​に​割礼​の​ない​こと​と​に​よっ​て​死ん​で​い​まし​た​が,[]*は​その​あなた方​を​彼​と​共​に​生かし​て​ください​まし​た+。その​ご親切​に​よっ​て​わたしたち​の​すべて​の​罪過​を​許し+ 14  わたしたち​を​責める​手書き​の​文書​*+を​塗り消し​て​*くださっ​た​の​です+。それ​は[数々​の]定め​から​成り+,わたしたち​に​敵対​する​もの​でし​た+。そして[]は,それ​を​苦しみ​の​杭​*に​くぎづけ​に​し​て​+取りのけ​て​ください​まし​た+ 15  また,もろもろ​の​政府​と​権威​+を​あらわ​に​し,それら​を[苦しみ​の​杭]*に​よる​凱旋​行列​+に​引き立て,征服​さ​れ​た​もの​と​し​て​+公​に​さらし​た​*の​です。 16  ですから​あなた方​は,食べる​こと​や​飲む​こと​+で,また​祭り​+や​新月​+の​習わし​や​安息​日​+に​関し​て*,だれ​から​も​裁か​れる​べき​で​は​あり​ませ​ん+ 17  それら​の​事​は​来たる​べき​もの​の​影​+で​あっ​て,その​実体​*+は​キリスト​に​属し​て​いる​の​です+ 18  あなた方​は,[見せかけ​の]謙遜​*や​み使い​たち[を​あがめる]崇拝​の​方式​*を​喜び​と​し,ただ​自分​の​見​た​もの​の「上​に​立ち*」,もっとも​な​理由​も​なく​その​肉​の​思い​の​まま​に​思い上がる​者​に​賞​+を​奪い取ら​れ​て​は​なり​ませ​ん+ 19  その​よう​な​者​は,頭​+に​しっかり​付い​て​い​ない​の​です。つまり,それ​を​もと​に​し​て​体​の​各部​すべて​が,その​関節​と​じん帯​に​よっ​て​供給​を​受け​また​調和​よく​組み合わさ​れ​つつ+​が​成長​さ​せ​て​くださる​まま​に​成長​し​て​ゆく​+その​方​に​です。 20  世+の​基礎​的​な​+事柄​に​対し​て​キリスト​と​共​に​死ん​だ​の​で​あれ​ば+,なぜ​あなた方​は,世​に​生き​て​いる​か​の​よう​に, 21  「手​に​する​な,味わう​な+,触れる​な+」と​いっ​た​定め​+に​なおも​服する​の​です​か。 22  これ​は,用いつくさ​れ​て​すべて​滅びる​はず​の​もの​に​関する​こと​で​あり,人間​の​命令​や​教え​に​したがう​もの​です+ 23  いかにも​そう​し​た​事柄​は,自ら​課し​た​崇拝​の​方式​*と[見せかけ​の]謙遜,すなわち​体​を​厳しく​扱う​こと​+に​おい​て,知恵​の​外見​を​有し​て​は​い​ます​が,肉​の​満足​と​闘う​点​で​は​何​の​価値​も​あり​ませ​ん+

脚注

「また​キリスト​の​神​の​神聖​な​奥義​に​関する」,パピ写​46,バチ写; シナ写​*,アレ写,ウル訳,「また​キリスト(・​イエス)の​父​なる​神​の​神聖​な​奥義​に​関する」。
または,「欺く」。
「感謝​を​ささげ​つつ​それ[信仰]に​あふれ」,バチ写,シリ訳​ヘ,ペ,アル訳; シナ写​*,アレ写,ウル訳,「感謝​に​あふれ」。
「欺き」。字義,「たぶらかし」。
「神​の​特質」。字義,「神​たる​こと」。ギ語,テオテートス; ラ語,ディーウィーニターティス。
字義,「彼」。
または,「手書き​の​契約」。
字義,「ぬぐい取っ​て」。
付録5ハ参照。
「[苦しみ​の​杭]」。または,「彼」。ギ語,アウトーイ。
「さらし​た」。字義,「見せしめ​に​し​た」。
「安息​日​に​関し​て」。または,「種々​の​安息​に​関し​て」。
または,「実質」。字義,「体」。ギ語,ソーマ; ラ語,コルプス。
字義,「思い​の​低さ」。
「崇拝​の​様式」。ラ語,レリギオーネ,「宗教」。
異教​の​奥義​へ​の​入門​儀式​から​の​引用。
字義,「自ら​の​意志​に​よる​崇拝​の​方式」。ギ語,エテロトレースキアーイ; ラ語,スペルスティティオーネ,「迷信」。