内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コロサイ 2:1‐23

2  というのは,あなた方悟っ欲しい思うですが,あなた方,そしてラオデキア+いるたち,またおいわたしことないたちすべてために,わたしどれほど大きな苦闘+経験いることでしょう。  それは,そのたち慰められるため+,そして,[自分の]理解関する十分確信いうすべて目ざし+,また神聖奥義あるキリスト+関する*正確知識目ざして,彼らうち調和よく組み合わされるためです+  彼うちは,知恵知識すべて注意深く秘められいるです+  わたしこのよう言うは,だれことば巧み論議あなた方だます*ことないためです+  わたしは,肉おい離れも,霊おいやはりあなた方おり+,あなた方秩序あるすがた+と,キリスト対する確固信仰+歓び,また[それを]見守っいるです。  それで,あなた方キリストイエス受け入れですから,彼結ば+歩みつづけ,  教えられところしたがってうち根ざし+,かつ築き上げられ+,信仰おい安定なり+,感謝ささげつつ+[信仰]にあふれ*なさい。  気つけなさい。もしかすると,人間伝統したがい,また基礎+事柄したがってキリストしたがわない哲学+むなしい欺き*+より,あなた方えじき連れ去る+いるしれません。  というのは,[キリスト]のこそ,神+特質*+満ち満ちさま+取っ余すところなく宿っいるからです。 10  そのためあなた方は,彼通し満ち満ちさま有しいるです。彼すべて政府権威です+ 11  あなた方また,彼関係+もとに,手よらないなさ割礼受けまし+。すなわち,肉脱ぎ捨てることよっ+,またキリスト属する割礼よっです。 12  あなた方そのバプテスマうち葬ら+,また関係もとに,彼死人からよみがえらせ+働き+対する信仰よっ+,共よみがえらさです+ 13  さらに,あなた方自分罪過割礼ないことよっ死んましが,[]*そのあなた方生かしくださいまし+。そのご親切よっわたしたちすべて罪過許し+ 14  わたしたち責める手書き文書*+塗り消し*くださっです+。それは[数々の]定めから成り+,わたしたち敵対するものでし+。そして[]は,それ苦しみ*くぎづけ+取りのけくださいまし+ 15  また,もろもろ政府権威+あらわし,それらを[苦しみ杭]*よる凱旋行列+引き立て,征服もの+さらし*です。 16  ですからあなた方は,食べること飲むこと+で,また祭り+新月+習わし安息+関し*,だれから裁かれるべきありませ+ 17  それら来たるべきもの+あって,その実体*+キリスト属しいるです+ 18  あなた方は,[見せかけの]謙遜*み使いたち[をあがめる]崇拝方式*喜びし,ただ自分ものの「上立ち*」,もっとも理由なくその思いまま思い上がる+奪い取らなりませ+ 19  そのようは,頭+しっかり付いないです。つまり,それもと各部すべてが,その関節じん帯よっ供給受けまた調和よく組み合わさつつ+成長くださるまま成長ゆく+そのです。 20  世+基礎+事柄対しキリスト死んあれ+,なぜあなた方は,世生きいるように, 21  「手するな,味わう+,触れる+」といっ定め+なおも服するですか。 22  これは,用いつくさすべて滅びるはずもの関することあり,人間命令教えしたがうものです+ 23  いかにもそう事柄は,自ら課し崇拝方式*と[見せかけの]謙遜,すなわち厳しく扱うこと+おいて,知恵外見有しますが,肉満足闘う価値ありませ+

脚注

「またキリスト神聖奥義関する」,パピ写46,バチ写; シナ写*,アレ写,ウル訳,「またキリスト(・イエス)のなる神聖奥義関する」。
または,「欺く」。
「感謝ささげつつそれ[信仰]にあふれ」,バチ写,シリ訳ヘ,ペ,アル訳; シナ写*,アレ写,ウル訳,「感謝あふれ」。
「欺き」。字義,「たぶらかし」。
「神特質」。字義,「神たること」。ギ語,テオテートス; ラ語,ディーウィーニターティス。
字義,「彼」。
または,「手書き契約」。
字義,「ぬぐい取って」。
付録5ハ参照。
「[苦しみ杭]」。または,「彼」。ギ語,アウトーイ。
「さらした」。字義,「見せしめた」。
「安息関して」。または,「種々安息関して」。
または,「実質」。字義,「体」。ギ語,ソーマ; ラ語,コルプス。
字義,「思い低さ」。
「崇拝様式」。ラ語,レリギオーネ,「宗教」。
異教奥義入門儀式から引用。
字義,「自ら意志よる崇拝方式」。ギ語,エテロトレースキアーイ; ラ語,スペルスティティオーネ,「迷信」。