内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コロサイ 1:1‐29

1  ご意志よっキリストイエス使徒なっパウロ+と,[わたしたちの]兄弟テモテ+から,  コロサイいる,キリスト結ば+なるたち,また忠実兄弟たちへ: わたしたちなるから過分ご親切平和あなた方ありますよう+  わたしたちは,あなた方ため祈る+いつも*わたしたちイエスキリスト*なる感謝ます+  それは,キリストイエス関するあなた方信仰と,あなた方ため蓄えられいる+希望+ゆえにあなた方なるたちすべて対し抱く*つい聞いからです+  その[希望]は,良いたより真理語り告げられることよっあなた方以前聞いものです+  その[良いたより]はあなた方ところもたらさましが,世界じゅう+結ん+増大いるあり+,それは,あなた方真に+過分ご親切+つい聞き,また正確知っ以来あなた方も[起きいること]と同じです。  これあなた方が,わたしたち愛する仲間奴隷エパフラス+から学ん事柄です。彼わたしたちための,キリスト忠実奉仕*あり,  また霊的*あなた方+わたしたち聞かくれました。  そのゆえまた,わたしたちは,[それついて]聞い以来,あなた方あらゆる知恵+霊的把握+より,[]のご意志関する正確知識満たされるよう+祈り求め*やみませ+ 10  それは,あなた方あらゆる良い+おい結び,また関する正確+知識増し加えつつ,[に]じゅうぶん喜ばれるなること目ざしエホバ*ふさわしい仕方+歩むためあり+ 11  また,あらゆるもって[]の栄光ある強大+ほどまで強力され,十分耐え忍ぶ+,また喜ん辛抱するなり, 12  あなた方+あるなるたち+相続財産+あずかるふさわしいくださっ感謝ささげるためです。 13  []はわたしたち権威+から救い出し,ご自分愛する+王国+移しくださいまし+ 14  この[み]によって,わたしたち贖いよる釈放,すなわち許します+ 15  彼見えない++あって,全創造初子+です。 16  なぜなら,[他の]すべてもの*は,天おいおいも,見えるもの見えないものも,王座あれ主権あれ政府あれ権威あれ+,彼よっ+創造からです。[他の]すべてもの通し+,またため創造いるです。 17  また,彼は[他の]すべてものよりからあり+,[他の]すべてものよっ存在するようなりまし+ 18  そしてある会衆です+。彼初めあり,死人から初子です+。それは,彼すべておい最初+なるためでした。 19  なぜなら,[]*満ち満ちさま+余すところなくうち宿ることよしとし, 20  また,苦しみ*+[彼流した]血+通し平和作ることより+* 地上ものあれあるものあれ,[他の]すべてもの+通し再びご自分和解せること+を[よしされた]からです。 21  そうです,思い邪悪向けられ+ためかつて疎外+,またなっあなた方を, 22  []は今やこのより,[その]死通し+,再び和解くださっです+。それあなた方を,神聖きずなく+,何ら訴えられるところない+そのみ前立たせるためでした。 23  もとよりそれは,あなた方引き続き信仰とどまり+,土台堅く立っ+揺らぐことなく+,自分たち聞い+良いたより希望からそらさないいるならことです。その[良いたより]は天下創造+宣べ伝えられです+。私パウロは,この[良いたよりの]奉仕なりまし+ 24  わたし今,あなた方ため自分苦しみ歓んおり+,また自分自身も,キリスト患難うち欠けところを,彼ために,自分肉体おい補い満たしいるです+。その[体]とすなわち会衆ことです+ 25  わたしは,から受け家令+したがってこの[会衆の]奉仕+なりました。それは,あなた方ため,言葉十分宣べ伝えるために,わたし与えられものです。 26  すなわち,過去事物体制*から,また過去もろもろ世代から隠さ+神聖奥義+を[宣べ伝えるためです]。それ今,[]のなるたち対し明らかされあり+ 27  は,諸国民おけるこの神聖奥義+栄光あるどんなもの彼ら知らせること喜びされです+。それは,あなた方結ばキリスト+,その栄光希望+です。 28  この[キリスト]こそわたしたち言い広め+,すべて訓戒し,知恵つくすべて教えいるあり+,こうわたしたちは,すべてキリスト結ば全き*+差し出そいるです。 29  このために,わたしまさに骨折っ働き,彼働き一致+努力ます+。それもっわたしうち働いいるです+

脚注

または,「あなた方ためいつも祈りつつ」。
「キリスト」,シナ写,アレ写,ウル訳,シリ訳; バチ写省いいる。
シナ写,アレ写,ウル訳よる; バチ写,「希望ゆえの,聖なるたちすべて対する愛」。
「奉仕者」。または,「僕」。ギ語,ディアコノス; ラ語,ミニステル(「より小さい」という意味ミヌス由来); エ17,18(ヘ語),メシャーレート,「従者」。
字義,「霊おける」。
字義,「祈り,また嘆願て」。
「エホバに」,エ7,8; シナ写,アレ写,バチ写(ギ語),トゥー キュリウー; ウル訳,「神に」。付録1ニ参照。
「[他の]すべてもの」,ルカ 11:41,42場合同じように。
字義,「彼」。
付録5ハ参照。
バチ写,ベザ写*,ウル訳よる; パピ写46,シナ写,アレ写,エフ写,ベザ写cは,「そうです,彼通して」を挿入いる。
または,「事物秩序」。ギ語,アイオーノーン; ラ語,サエクリース; エ17,22(ヘ語),メーオーラーミーム,「[過去の]事物秩序から」。
または,「円熟た; 完全な」。ギ語,テレイオン。