内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コリント第二 6:1‐18

6  この働きつつ+,わたしたちまたあなた方懇願ます。過分ご親切受けながらその目的逸することないようください+  「受け入れることできるわたしあなた[のことば]を聞き,救いあなた助け+」と言っおられるです。見よ,今こそ特に受け入れられる+です。見よ,今こそ救いです+  わたしたちどんな決してつまずき原因作らないようます+。わたしたち奉仕務めとがめられるようことないためです+  かえって,あらゆる自分奉仕*推薦するです+。多大忍耐と,患難と,窮乏と,困難+と,  殴打と,獄+と,無秩序と,労苦と,眠らと,食物ない+と,  純粋と,知識と,辛抱強さ+と,親切+と,聖霊と,偽善ない+と,  真実ことばと,+より,[また]右手左手*武器+より,  栄光名誉より,悪い評判良い評判よっです。[人を]欺くよう+真実あり,  知らないようよく知らおり+,死そうありながら,見よ,生きおり+,懲らしめられいるようあっ+渡さいるわけなく+ 10  悲しんいるよう歓んおり,貧しいよう多く富ませ,何持っないようすべて所有いるです+ 11  コリントたち,わたしたちあなた方対し開かれ,わたしたち+広げられます。 12  あなた方わたしたち窮屈なっいるなく+,自分自身優しい愛情窮屈なっいるです+ 13  それで,あなた方返報て ― わたし子供対するよう話しいるです+ ― 自分広くなさい。 14  不釣り合い信者くびき*なりませ+。義不法交友あるでしょ+。また,光分け合うでしょ+ 15  さらに,キリストベリアル*どんな調和あるでしょ+。また,忠実*信者どんな+持つでしょか。 16  そして,神殿*偶像どんな一致あるでしょ+。わたしたち生ける神殿+です。言わとおりです。「わたし彼ら住み+,[彼らの]中歩くあろう。そしてわたし彼らなり,彼らわたしなる+」。 17  「『それゆえ,彼らからて,離れよ』と,エホバ*言われる。『そして汚れ触れるやめ+』」。「『そうすれわたしあなた方迎えよう+』」。 18  「『そしてわたしあなた方なり+,あなた方わたし息子またなる+』と,全能+エホバ*言われる」。

脚注

「奉仕者」。または,「僕」(複)。ギ語,ディアコノイ; ラ語,ミニストロース(「より小さい」を意味するミヌス由来); エ18,22(ヘ語),キムシャーレテー,「の従者て」。
「右手左手の」。または,「攻撃防御ための」。
字義,「不信者異質くびき就いは」。
「ベリアル」(Belial),ウル訳; パピ写46,シナ写,バチ写,エフ写,「ベリアル」(Beliar); シリ訳,「サタン」。
または,「また,信者が」。
「神殿」。ギ語,ナオーイ; エ17,18,22(ヘ語),レヘーカル,「の宮殿神殿)に」。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。