内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

コリント第二 4:1‐18

4  その​よう​な​わけ​で,わたしたち​は​この​奉仕​の​務め​+を​自分​たち​に​示さ​れ​た​憐れみ​に​したがって​持っ​て​いる​の​ですから+,あきらめる​よう​な​こと​は​し​ませ​ん。  むしろ,わたしたち​は​恥ず​べき​隠れ​た​事柄​+を​捨て去っ​て​しまい,こうかつ​に​歩む​こと​なく,また​神​の​言葉​を​不純​に​する​こと​も​あり​ませ​ん+。かえって,真理​を​明らか​に​する​こと​に​より,神​の​み前​で​自分​を​すべて​の​人間​の​良心​に​推薦​する​の​です+  そこで,もし​わたしたち​の​宣明​する​良い​たより​に​事実​上​ベール​が​掛け​られ​て​いる​と​すれ​ば,それ​は​滅びゆく​人​たち​+の​間​で​ベール​が​掛け​られ​て​いる​の​で​あり,  その​人​たち​の​間​に​あっ​て,この​事物​の​体制​*の​神​*+が​不​信者​の​思い​*を​くらまし+神​の​像​+で​ある​キリスト​に​つい​て​の​栄光​ある​良い​たより​*+の​光明​*+が​輝きわたら​ない​よう​に​し​て​いる​の​です+  わたしたち​は,自分​自身​で​は​なく,キリスト​・​イエス​を​主​と​し​て+,また​自分​自身​を​イエス​の​ため​の​あなた方​の​奴隷​と​し​て​+宣べ伝え​て​いる​から​です。  神​は,「光​が​闇​の​中​から​輝き出よ*+」と​言わ​れ​た​方​で​あり,キリスト​の​顔​に​より*神​の​栄光​ある​知識​*+を​もっ​て​明るく​する​ため+,わたしたち​の​心​を​照らし​て​くださっ​た​の​です+  しかしながら,わたしたち​は​この​宝​+を​土​+の​器​+に​*持っ​て​い​ます。それ​は,普通​を​超え​た​その​力​+が​神​の​もの​と​なり+,わたしたち​自身​から​出​た​もの​と​は​なら​ない​ため​です+  わたしたち​は,あらゆる​面​で​圧迫​さ​れ​ながら​も+,動き​が​取れ​ない​ほど​締めつけ​られ​て​いる​わけ​で​は​なく,困惑​さ​せ​られ​ながら​も,逃れ​道​が​全く​ない​わけ​で​は​なく+  迫害​さ​れ​ながら​も,見捨て​られ​て​いる​わけ​で​は​なく+,倒さ​れ​ながら​も+,滅ぼさ​れ​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん+ 10  わたしたち​は​常​に,イエス​に​加え​られ​た​致死​的​な​仕打ち​+*,自分​たち​の​体​の​いたるところ​で​耐え忍ん​で​い​ます。わたしたち​の​体​の​中​で​も​イエス​の​命​が​明らか​に​なる​ため​です+ 11  生き​て​いる​わたしたち​は,イエス​の​ため​に​絶え​ず​死​に​直面​さ​せ​られ​て​い​ます​*+,それ​は,わたしたち​の​死す​べき​肉体​の​中​で​も,イエス​の​命​が​明らか​に​なる​ため​な​の​です+ 12  こう​し​て,わたしたち​の​うち​に​は​死​が​働い​て​い​ます​が,あなた方​の​うち​に​は​命​が[働い​て​い​ます+]。 13  さて,わたしたち​は,「わたし​は​信仰​を​働か​せ​た。ゆえに​語っ​た+」と​書か​れ​て​いる​の​と​同じ​信仰​の​霊​を​持っ​て​いる​の​で,わたしたち​も​信仰​を​働かせ,それゆえに​語り​ます。 14  イエス​*を​よみがえらせ​た​方​が​イエス​と​一緒​に​わたしたち​を​も​よみがえらせ,あなた方​と​一緒​に​立た​せ​て​くださる​こと​を​知っ​て​いる​から​です+ 15  すべて​の​事​は​あなた方​の​ため​な​の​です+。それ​は,増し加え​られ​た​過分​の​ご親切​が,さらに​多く​の​人​の​表わす​感謝​の​ゆえに​満ちあふれ,神​の​栄光​と​なる​ため​です+ 16  ですから,わたしたち​は​あきらめ​ませ​ん。むしろ,たとえ​わたしたち​の​外​なる​人​は​衰え​て​ゆこ​う​と​も,わたしたち​の​内​なる​人​+は,日々​新た​に​され​て​ゆく​の​です。 17  患難​は​つかの間​+で​軽い​もの​です​が,いよいよ​重み​を​増す​永遠​の​栄光​を​わたしたち​の​ため​に​生み出す​から​です+ 18  同時​に​わたしたち​は,見える​もの​で​は​なく,見え​ない​もの​に​目​を​留め​ます+。見える​もの​は​一時​的​です​が+,見え​ない​もの​は​永遠​だ​から​です+

脚注

または,「事物​の​秩序」。ギ語,アイオーノス; ラ語,サエクリー; エ17,18,22(ヘ語),ハーオーラーム,「事物​の​秩序」。
「神」。ギ語,ホ テオス; ラ語,デウス; エ17,18(ヘ語),エローヘー; エ22(ヘ語),エール。
字義,「知力」(複)。ギ語,ノエーマタ; ラ語,メンテース。
または,「キリスト​の​栄光​に​つい​て​の​良い​たより」。
字義,「光る​こと」。
または,「輝き出る」。
または,「に​おける」。
または,「栄光​の​知識」。
字義,「焼い​た​粘土​の​器​に」。
または,「イエス​を​死​に​処する​こと​を」。
または,「死​に​引き渡さ​れ​て​い​ます」。
「イエス」,パピ写​46,バチ写,ウル訳; シナ写,エフ写,ベザ写,シリ訳​,「主​イエス」。