内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コリント第二 3:1‐18

3  わたしたちは再び自分を推薦し始めているのでしょうか+。それとも,ある人々のように,あなた方への,またはあなた方からの推薦の手紙+が必要なのでしょうか。  あなた方自身が,わたしたちの*心に書き込まれ,すべての人に知られ,また読まれている+,わたしたちの手紙なのです+  あなた方は,奉仕者であるわたしたちによって書かれ+,インクによらず生けるの霊+によって,石の書き板+ではなく肉の書き板に,すなわち心+*書き込まれた,キリストの手紙として示されているからです。  さて,わたしたちはキリストを通し,に対してこのような確信+を抱いています。  すなわち,何にせよそれがわたしたちから出ているとみなせるほどわたしたち自身にじゅうぶん資格があるということではなく+,わたしたちにじゅうぶん資格があるの*から出ているということです+  実際[]はわたしたちを新しい契約の奉仕者*,つまり書かれた法典*+ではなく霊の[奉仕者]として+じゅうぶんに資格を得させてくださいました+。書かれた法典は死罪に定めますが+,霊は生かすのです+  さらに,死をもたらし+,文字で石に彫り込まれた+法典が*栄光のうちに生じ+,その結果,イスラエルの子らがモーセの顔を,その顔の栄光ゆえに,すなわち除き去られることになっていた[栄光ゆえに]じっと見つめることができなかった+のであれば,  霊をもたらすこと+にはなおいっそうの栄光が伴うはずではありませんか+  有罪宣告をもたらす法典+*栄光あるものであったなら*+,義をもたらすこと+にはなおさら栄光が満ちあふれる+からです。 10  実際,かつては栄光あるものとされたものが,それに勝る栄光のゆえに+,その点で栄光を奪い去られたのです+ 11  除き去られることになっていたものが栄光のうちにもたらされたのであれば+,とどまるものにはなおいっそうの栄光が伴う+はずであったからです。 12  それゆえ,このような希望+があるので,わたしたちは大いにはばかりのない言い方をしています。 13  そして,除き去られることになっていたものの終わり+をイスラエルの子らがじっと見つめることのないようにと,モーセが自分の顔にベールを掛けた+ときのようなことはしていません。 14  彼らの知力は鈍っていました+。同じベールが今日まで,古い契約*の朗読の際に取られずに残っているのです+。というのは,それはキリストによって除き去られるものだからです+ 15  実際,今日に至るまで,モーセが読まれるときにはいつも+,彼らの心の上にベールが掛けられています+ 16  しかし,転じてエホバ*に向かうとき,ベールは取り除かれるのです+ 17  さて,エホバ*です+。そしてエホバ*+の霊+のある所には自由+があります。 18  そして,わたしたちすべて+は,ベールをしていない顔で,エホバ*の栄光+を鏡のように反映させながら,なるエホバ**なさるそのとおりに+,栄光から栄光へと+,同じ像+に造り変えられてゆく+のです。

脚注

「わたしたちの」,パピ写46,アレ写,バチ写,エフ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ; シナ写,「あなた方の」。
「肉書き板に,すなわちに」。または,「書き板に,すなわち,肉心臓に」。
字義,「わたしたち十分さ」。
「奉仕者」。または,「僕」(複)。ギ語,ディアコヌース; ラ語,ミニストロース(「より小さい」という意味ミヌス由来); エ22(ヘ語),メシャーレティーム。
字義,「書かもの」。ギ語,グランマトス; ラ語,リッテラエ。
または,「さらに,文字彫り込また,死もたらすことが」。
または,「有罪宣告もたらすことが」。
字義,「栄光あっなら」。
「旧約」および「新約」という表現つい付録7ホ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
または,「エホバの」。