内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コリント第二 3:1‐18

3  わたしたち自分推薦始めいるでしょ+。それとも,ある人々ように,あなた方の,またはあなた方から推薦手紙+必要でしょか。  あなた方自身が,わたしたち*書き込まれ,すべて知られ,また読まいる+,わたしたち手紙です+  あなた方は,奉仕あるわたしたちよっ書か+,インクよら生ける+よって,石書き板+なく書き板に,すなわち+*書き込また,キリスト手紙示さいるからです。  さて,わたしたちキリストし,対しこのよう確信+抱います。  すなわち,何せよそれわたしたちからいるみなせるほどわたしたち自身じゅうぶん資格あるいうことなく+,わたしたちじゅうぶん資格ある*からいるいうことです+  実際[]はわたしたち新しい契約奉仕*,つまり書か法典*+なくの[奉仕者]と+じゅうぶん資格させくださいまし+。書か法典死罪定めます+,霊生かすです+  さらに,死もたらし+,文字彫り込ま+法典*栄光うち生じ+,その結果,イスラエルモーセを,その栄光ゆえに,すなわち除き去られることなった[栄光ゆえに]じっ見つめることできなかっ+あれば,  霊もたらすこと+なおいっそう栄光伴うはずありませ+  有宣告もたらす法典+*栄光あるものあっなら*+,義もたらすこと+なおさら栄光満ちあふれる+からです。 10  実際,かつて栄光あるものされものが,それ勝る栄光ゆえに+,その栄光奪い去らです+ 11  除き去られることなっもの栄光うちもたらさあれ+,とどまるものなおいっそう栄光伴う+はずあっからです。 12  それゆえ,このよう+あるで,わたしたち大いにはばかりない言い方ます。 13  そして,除き去られることなっもの終わり+イスラエルじっ見つめることないようと,モーセ自分ベール掛け+ときようことません。 14  彼知力鈍っまし+。同じベール今日まで,古い契約*朗読取ら残っいるです+。というのは,それキリストよっ除き去られるものからです+ 15  実際,今日至るまで,モーセ読まれるときいつも+,彼らベール掛けられます+ 16  しかし,転エホバ*向かうとき,ベール取り除かれるです+ 17  さて,エホバ*です+。そしてエホバ*++ある自由+あります。 18  そして,わたしたちすべて+は,ベールないで,エホバ*栄光+よう反映ながら,なるエホバ**なさるそのとおり+,栄光から栄光+,同じ+造り変えられゆく+です。

脚注

「わたしたちの」,パピ写46,アレ写,バチ写,エフ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ; シナ写,「あなた方の」。
「肉書き板に,すなわちに」。または,「書き板に,すなわち,肉心臓に」。
字義,「わたしたち十分さ」。
「奉仕者」。または,「僕」(複)。ギ語,ディアコヌース; ラ語,ミニストロース(「より小さい」という意味ミヌス由来); エ22(ヘ語),メシャーレティーム。
字義,「書かもの」。ギ語,グランマトス; ラ語,リッテラエ。
または,「さらに,文字彫り込また,死もたらすことが」。
または,「有罪宣告もたらすことが」。
字義,「栄光あっなら」。
「旧約」および「新約」という表現つい付録7ホ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
または,「エホバの」。