アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

コリント第二 2:1-17

2  というのは,わたしは自分でこのように決めたからです。つまり,二度と悲しみ+のうちにあなた方のもとに行くことはすまい,と。  わたしがあなた方を悲しませるとすれば+,わたしによって悲しまされた人以外のいったいだれが,わたしを元気づけてくれるでしょうか。  それでわたしは,まさにこのこと,つまり,わたしが行くときには,自分が当然歓ぶはずの人たち+のために悲しまされることがないように+と書いたのです。自分が持つ喜びはあなた方すべての[喜び]でもあるとの確信+を,あなた方すべてについて抱いているからです。  わたしは多くの患難と心の苦もんから,多くの涙をもって+あなた方に書いたのです。それはあなた方を悲しませるためではなく+,わたしがあなた方に対して特に抱いている愛を知ってもらうためでした。  さて,もしだれかが悲しみをもたらしたのであれば+,その人はわたしをではなく,あなた方すべてをある程度―わたしの言うことが厳しすぎないようにしているのですが―悲しませたのです。  そのような人にとって,大多数の人から与えられたこの叱責+は十分です。  ですから,今はむしろ,親切に許して+慰め,そのような人が過度の悲しみに呑み込まれてしまうことのないようにすべきです+  それで,あなた方が彼に対する愛+を確証するように勧めます。  わたしはこのためにも,つまり,あなた方がすべての事において従順であるかどうか+,その証拠を確かめるためにも[こう]書くのです。 10  何かについてあなた方がだれかを親切に許すなら,わたしもそうします+。事実,わたしについて言えば,自分が親切に許したことが何であれ,もしわたしが何かを親切に許したのであれば,それはキリストのみ前においてあなた方のためになされたのです。 11  それは,わたしたちがサタンに乗ぜられることのないためです+。わたしたちはその謀りごとを知らないわけではないのです+ 12  さて,キリストについての良いたよりを宣明するためわたしがトロアス+に着き,にあってわたしのために戸口が開かれた時+ 13  わたしは自分の兄弟テトス+に会えなかったために霊に安らぎを得られず,みんなに別れを告げてマケドニア+に向かいました。 14  しかし,キリストと共なる+凱旋行列において常にわたしたちを導き+,[キリスト]についての知識の香りを,わたしたちを通していたるところで知覚できるようにしてくださるに感謝がささげられますように+ 15  救われてゆく者たちと滅びてゆく者たちの中にあって+,わたしたちはに対し,キリストの甘い香り+だからです。 16  後者にとっては死から出て死に至る香り+,前者にとっては命から出て命に至る香りです。それで,これらの事に関してじゅうぶんに資格があるのはだれですか+ 17  [わたしたちです。] わたしたちは,多くの人のように+の言葉を売り歩く者*ではなく+,誠実さから出た者,そうです,から遣わされた者として,の見ておられるところで,キリストと共に語っているのです+

脚注

「売り歩く者」。または,「営利化する(利得を得る)者; 不純にする者」。