内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コリント第二 2:1‐17

2  というのは,わたしこのよう決めからです。つまり,二悲しみ+うちあなた方もと行くことすまい,と。  わたしあなた方悲しませるすれ+,わたしよっ悲しまさ以外いったいだれが,わたし元気づけくれるでしょか。  それわたしは,まさにこのこと,つまり,わたしときは,自分当然歓ぶはずたち+ため悲しまされることないよう+書いです。自分持つ喜びあなた方すべての[喜び]でもある確信+を,あなた方すべてつい抱いいるからです。  わたし患難苦もんから,多くもっ+あなた方書いです。それあなた方悲しませるためなく+,わたしあなた方対し特に抱いいる知っもらうためでした。  さて,もしだれしみもたらしあれ+,そのわたしなく,あなた方すべてある程度 ― わたし言うこと厳しすぎないよういるですが ― 悲しまです。  そのようとって,大多数から与えられこの叱責+十分です。  ですから,今むしろ,親切許し+慰め,そのよう過度悲しみ呑み込ましまうことないようべきです+  それで,あなた方対する+確証するよう勧めます。  わたしこのためも,つまり,あなた方すべておい従順あるどう+,その証拠確かめるためも[こう]書くです。 10  何ついあなた方だれ親切許すなら,わたしそうます+。事実,わたしつい言えば,自分親切許しことあれ,もしわたし親切許しあれば,それキリストみ前おいあなた方ためなさです。 11  それは,わたしたちサタンられることないためです+。わたしたちその謀りごと知らないわけないです+ 12  さて,キリストついたより宣明するためわたしトロアス+着き,あっわたしため戸口開か+ 13  わたし兄弟テトス+会えなかっため安らぎられず,みんな別れ告げマケドニア+向かいました。 14  しかし,キリストなる+凱旋行列おいわたしたち導き+,[キリスト]につい知識香りを,わたしたち通しいたるところ知覚できるようくださる感謝ささげられますよう+ 15  救ゆくたち滅びゆくたちあっ+,わたしたち対し,キリスト甘い香り+からです。 16  後とっから至る香り+,前者とっから至る香りです。それで,これら関しじゅうぶん資格あるだれです+ 17  [わたしたちです。] わたしたちは,多よう+言葉売り歩く*なく+,誠実から者,そうです,から遣わさて,おられるところで,キリスト語っいるです+

脚注

「売り歩く者」。または,「営利する(利得得る)者; 不純する者」。