内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コリント第二 10:1‐18

10  さて,私パウロ自身が,キリスト温和+親切*+よっあなた方懇願ます。わたしあなた方あっ見かけは[腰の]低い+あっも,離れいるときあなた方対し大胆です+  そうです,わたしお願います。わたしそこいるなって,わたしたち肉[における自分様]にしたがって歩むよう評価するあるたち対し大胆処置+取ろ考えいるその自信もっ大胆振る舞わなくすむようください。  というのは,わたしたちおい歩ん+,肉[における自分様]にしたがって戦いいるない*からです+  わたしたち戦い武器肉的ものなく+,強固守り固めもの覆すためよっ強力されもの+です。  わたしたちは,[いろいろな]推論や,知識逆らっ立てられ一切高大もの覆しいるです+。そして,一切考えとりこキリスト従順ならせます。  また,あなた方自身従順全うさたら+,一切従順対し直ちに処罰加える用意整えいるです+  あなた方うわべ価値よっ物事ます+。自分キリスト属しいる自任いるいるなら,その自分自身ためこと考慮入れるべきです。すなわち,その同じように,わたしたちキリスト属しいるいうことです+  あなた方築き上げ打ち壊さないため+わたしたち与えくださっ権威つい多少誇り過ぎることある+,わたし被ることないはずです。  これは,わたしが[自分の]手紙あなた方おびえさせよういるなど思わないためです。 10  というのは,「[彼の]手紙重々しく力強いが,身もっそこいる*弱々しく+,その話し方卑しむべきもの+」と彼ら言うからです。 11  そのようこのこと考慮入れるべきです。すなわち,離れいるとき手紙言葉おけるわたしたちと,共いるとき行動おけるわたしたち同じあるいうことです+ 12  わたしたちは,自己推薦するある人々自分同列置いたり,その人々自分比べたりないです+。彼らは,自分よっ自分量り,自分自分比べるいかにも分別ありませ+ 13  わたしたちは,自分たち割り当てられ境界なく+量っわたしたち配分し,あなた方まで達するようくださっ区域境界したがって誇るです+ 14  実際わたしたちは,あなた方ところ達しなかっように,無理伸びいるありません。わたしたちは,キリストつい良いたより宣明ながらあなた方ところまで最初だっです+ 15  そうです,わたしたちは,自分たち割り当てられ境界外,だれほか労苦誇っいるありませ+。ただ,あなた方信仰増しゆくつれ+,わたしたち区域関しは,あなた方わたしたちこと大いに認められるよう希望抱いいるです+。こうて,わたしたちなおいっそう満ちあふれなり, 16  あなた方より向こう地方良いたより宣明+,だれほかの,すでに整えられいる区域誇ることないようます。 17  「しかし,誇るエホバ*あっ誇りなさい+」。 18  自分推薦する是認れるなく+,エホバ*+推薦れる+が[是認れる]のです。

脚注

「親切」。または,「物分かり良さ」。字義,「すぐ応じること」。ギ語,エピエイキアス; ラ語,モデスティアム。
「戦いいるない」。字義,「軍役就いいるない」。ギ語,ウー……ストラテウオメタ; ラ語,ノーン……ミーリタームス。
付録5ロ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。