内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コリント第二 1:1‐24

1  ご意志よっキリストイエス使徒+なっパウロと,[わたしたちの]兄弟テモテ+から,コリントある会衆,ならびアカイア*+すべてなるたち+へ:  わたしたちなるイエスキリストから過分ご親切平和あなた方ありますよう+  わたしたちイエスキリストまた+,優しい憐れみ+またすべて慰め+ほめたたえられますように。  []はすべて患難おいわたしたち慰めくださり+よっ自ら慰められいるその慰めもっ+,わたしたちどんな患難あるたち慰めることできるよう+くださるです。  というのは,わたしたちうちキリストため苦しみ満ちあふれます+,わたしたち得る慰めまた,キリスト通し満ちあふれいるからです+  さて,わたしたち患難あるも,それあなた方慰め救いためあり+,また慰められつつあるも,それあなた方慰めためあって,わたしたち苦しむ同じ苦しみあなた方忍耐せる働きするです+  こうて,あなた方対するわたしたち希望揺るぎません。あなた方苦しみ分け合うなっいる同じように,慰め分け合うなること知っいるからです+  兄弟たち,アジア+[地区]でわたしたち生じ患難ついて,あなた方知ら欲しくないです。わたしたちは,自分超え極度圧迫受け,そのため自分ついさえ全くおぼつかない状態でし+  事実,自らうちは,死宣告受けいる感じました。これは,わたしたちが,自分自身なく,死人よみがえらせくださる+信頼置くためだっです+ 10  死よう大いなるものから[]はわたしたち確か救い出しくださっあり,[これからも]救い出しくださるでしょ+。今後救い出しくださるいうこと,これこの対するわたしたち希望です+ 11  またあなた方も,わたしたちため祈願ささげることよっ助け加わることできます+。それは,[祈りこもった]多くゆえにわたしたち親切与えられるもの対する感謝+が,わたしたちために,多くよっささげられるようなるためです+ 12  というのは,わたしたちこと誇りいるからです。それわたしたち良心証しいることです+,わたしたちあって,いや,とりわけあなた方対して,神聖敬虔誠実もって,また,肉的知恵なく+過分ご親切もっ行動た,ということです。 13  実際わたしたちは,あなた方よく知っいる*こと,または悟りうること以外は,何あなた方書いないからです。またそれは,終わりまであなた方引き続き悟れるようあっ欲しい思う事柄です+ 14  それは,わたしたちイエス+あなた方わたしたちの[誇り]であるように,わたしたちあなた方とっ誇りあるいうこと+を,あなた方ある程度認め同様です。 15  それで,このよう確信もとに,わたし以前あなた方もと行くつもりでし+。それは,あなた方喜び[の機会]をもう一度+持てるようするためでした。 16  そして,あなた方もと立ち寄っあとマケドニア+行き,その後,マケドニアからあなた方ところ帰り+,ユダヤ行く途中まであなた方見送っもらう+[つもりでした]。 17  さて,このよう意図抱い時,わたし軽率+もてあそんでしょか。それとも,わたし志す事柄,わたしは[それを]肉したがって+志し,わたしとっは,「はい,はい」と「いいえ,いいえ」とがあるよういるでしょ+ 18  しかし,あなた方対するわたしたちことばが,はい,でありながら,なお,いいえ,である*ようことありません。それつい頼ることできます。 19  わたしたちよって,つまりわたしシルワノテモテよっ+あなた方宣べ伝えられ+キリストイエスは,はい,でありながら,なお,いいえ,となっありません。彼場合,はい,は,はい,となりまし+ 20  約束+どんな多くも,それよっ*,はい,となっからです+。それゆえも,わたしたちよる栄光ため,彼通して,に「アーメン+」が[唱えられる]のです。 21  しかし,あなた方わたしたちキリスト属すること保証くださる方,そしてわたしたちそそいくださっ+です。 22  []はまたわたしたちご自分証印+押し,来たるべきもの*+,つまり+わたしたち与えくださっです。 23  そこでわたしは,自分かけ証人なっいただくです+,わたしまだコリント行かないいるは,あなた方辛い思いさせたくないからです+ 24  わたしたちあなた方信仰対する主人あるいうありませ+。わたしたちあなた方喜びため同労+です。あなた方立っいる+は[自分の]信仰よるです+

脚注

ギリシャ南部ローマ属州で,その首府コリント。
字義,「あなた方読んいる」。
または,「はい,である同時に,いいえ,である」。字義,「はい,そして,いいえ」。ギ語,ナイ カイ ウー; ラ語,エスト エト ノーン; エ17,18(ヘ語),ヘーン ワーロー
「彼よって」。または,「彼あって」。
または,「来たるべきもの保証金(手付け金)」。ギ語,アッラボーナ。エフェ 1:14,「印」の脚注参照。