内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コリント第一 9:1‐27

9  わたし自由ないです+。わたし使徒ないです+。わたしは,わたしたちイエスないです+。あなた方は,あるわたしないですか。  わたしほかたち対し使徒ないも,あなた方対し確かそうです。あなた方は,関連おいわたし使徒確認する証印です+  わたし調べるたち対するわたし弁明とおりです+  わたしたち飲食する権限ある+ありませか。  わたしたちは,ほか使徒兄弟たち+,またケファ+同じように,姉妹連れ歩く権限ある+ありませか。  また,[世俗の]仕事+やめる権限ないは,バルナバ+わたしだけですか。  自費*兵士仕えたりするいったいだれでしょか。だれぶどう設けその食べないでしょ+。また,だれが[羊の]群れ牧しその群れあずからないでしょ+  わたしこれらこと人間標準いるでしょ+律法+そう言っいるありませか。  モーセ律法に,「脱穀いるくつこ掛けならない+」と書かいるです。かけおられることですか。それとも,専らわたしたちためそう言われるですか。 10  まさにわたしたちためそれ書かです+。すき返す希望もっすき返し,脱穀するそれあずかる希望もっそうべきからです+ 11  わたしたち霊的もの+あなた方まいあれば,肉体ためものあなた方から刈り取っも,それ大それたことなるでしょ+ 12  他たちあなた方対するこの権限あずかっいるあれ+,ましてわたしたちそうありませか。しかしそうあっも,わたしたちこの権限利用ませでし+。かえって,わたしたちすべて忍び,キリストつい良いたより妨げ来たさないようます+ 13  あなた方は,神聖務め行なうたち神殿もの食べ+,絶え祭壇こと仕えるたち+祭壇分け合う持つこと知らないですか。 14  これ同じように,また,良いたよりふれ告げる良いたよりよっ生活すること+定められ+です。 15  しかしわたしは,こうた[備え]を何一つ利用ことありませ+。事実,わたしこれらことを,自分場合そうなるよう思っ書いありません。[そうする]くらいなら,むしろ死んほうわたしとっ良いからです ― わたし誇る理由+だれむなしくすることできません! 16  わたし良いたより宣明いる+,それわたし誇る理由ないです。わたしその必要+課せられいるからです。実際,もし良いたより宣明なかっすれば,わたしとっ災い+なるです! 17  もしこれ進ん行なえ+,わたし報いあります+。しかしそれ自分意志逆らっするも,わたしやはり家令仕事託さます+ 18  では,わたし報いですか。それは,良いたより宣明する際し,良いたよりなし提供+,良いたよりおける自分権限乱用ないことです。 19  というのは,わたしすべて対し自由ですが,できるだけ多くかち得るため+,自分すべて奴隷からです+ 20  こうわたしは,ユダヤ対しユダヤようなりまし+。ユダヤかち得るためです。律法もとあるたち対し律法もとあるようなりまし+。わたし自身律法もとませ+,こう律法もとあるたちかち得るためです。 21  律法ないたち+対し律法ないようなりまし+。自分対し律法ないなく,キリスト対し+律法もとあるです+,こう律法ないたちかち得るためです。 22  弱いたち対し弱いなりました。弱いたちかち得るためです+。わたしあらゆる+対しあらゆるものなっました。何でも救うためです。 23  わたし良いたよりためすべてするです。それを[他人々]と分かち合う+なるためです。 24  競走走者+みな走りますが,ただだけ+受けることを,あなた方知らないですか。あなた方も,それ獲得するよう仕方+走りなさい+ 25  また,競技参加する皆,すべてこと自制+働かます。もちろん彼ら朽ちる+得るためそうするですが,わたしたち場合不朽の[冠+ため]です。 26  ですから,わたし走り方+は[目標の]不確かものありません。わたし打撃仕方打つようものありませ+ 27  むしろ,自分打ちたたき*+,奴隷引い行くです。それは,他たち宣べ伝えながら,自分自身ことされる+ようことならないためです。

脚注

字義,「自分賃金で」。
「打ちたたき」。字義,「(目の)下打ちつつ」。