内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コリント第一 7:1‐40

7  さて,あなた方書い事柄ついですが,男触れない+よいことです。  しかし,淫行はびこっますから*+,男おのおの自分持ち+,女おのおの自分持ちなさい。  夫対しその当然受けるべきもの与えなさい+。また対し同じようなさい+  妻自分関し権限行使するなく,夫そうするです+。同じように,夫自分関し権限行使するなく,妻そうするです+  互いに[それを]奪うことないようなさい+。ただし,定められあいだ相互同意+,祈りささげて,そののち再びなる場合です。これは,あなた方自己抑制+欠けいることゆえに,サタンあなた方誘惑つづけることないためです+  しかしながら,わたしこう言う譲歩*あっ+,命令*ありませ+  それにしても,わたしは,すべてわたしようあれ願います+。しかしやはり,人それぞれ,あるこのように,他かのようと,から自分賜物受けます+  さて,結婚ないたち+やもめたち言いますが,わたし同じよう+,そのままいるよいことです。  しかし,自制できないなら+,そのたち結婚なさい。[情欲に]燃えるより+結婚するほう良いからです+ 10  結婚いるたちわたし指示与えます。といっも,わたしなく,が[与えるの]ですが+,妻から離れるべきありませ+ 11  しかし,もしも離れるようことあるなら,結婚ないいるか,さもなければ和解なさい。夫去るべきありません。 12  しかし,他たちわたし言います。そうです,なく,わたしが[言い]ます+。ある兄弟信者ないて,彼女が[夫]と住むこと快く思っいるなら,そのは[妻]を去っなりません。 13  また,信者ないいるは,彼が[妻]と住むこと快く思っいるなら,彼女去っなりません。 14  信者ない関係神聖ものされ,信者ない兄弟関係神聖ものされいるからです。そうなければ,あなた方子供実際清くないことなります+。でも今,彼らなるです+ 15  しかし,信者ない離れ行くなら+,その離れるまかなさい。兄弟せよ姉妹せよ,そう事情もと隷属ありません。あなた方平和召さです+ 16  というのは,妻よ,あなた救えないどうして分かるです+。また,夫よ,あなた救えないどうして分かるです+ 17  ただ各人は,エホバ*それぞれ与えくださっところ応じ+*召さとおり歩みなさい+。そして,わたしすべて会衆このよう定めいる+です。 18  割礼受けから召さます+。その割礼なっなりません。無割礼まま召さます+。その割礼受けなりませ+ 19  割礼+何ら意味なく,無割礼+意味ありません。ただおきて守り行なうこと[に意味あるです+]。 20  どんな状態*召さ+,各自それとどまっなさい+ 21  あなた奴隷召さましか。そのこと思い悩むことありませ+。ですが,自由なることできるなら,むしろその機会とらえなさい。 22  ある奴隷召さ自由からです+。同じように,自由+召さキリスト奴隷+です。 23  あなた方代価もっ買わです+。もう人間奴隷なっなりませ+ 24  兄弟たち,どんな状態+召さも,各自結ばて,それとどまっなさい。 25  さて,童貞ついて,わたしから命令受けませが,忠実+あるようから憐れみ示さ+て,わたし意見述べます+ 26  それで,現状よる必要考慮て,わたしことよい考えます。人あるままいるよいいうことです+ 27  あなたつながます+。放たれること求めなりませ+。あなたから解かますか。妻求めなりません。 28  しかし,たとえ結婚も,それ犯すことありませ+。そして,童貞*結婚も,その犯すことなりません。しかしながら,そうするたち自分肉身患難招くでしょ+。しかしわたしは,あなた方が[それに]遭わないすむよういるです。 29  さらに,兄弟たち,わたしは,残さ少なくなっいる+,という言います。今後,妻持っいる持っないようなりなさい+ 30  また,泣く泣かないように,歓ぶ歓ばないように,買う所有ないように, 31  世+利用いるそれ十分用いないようなりなさい。このありさま変わりつつあるからです+ 32  実際わたしは,あなた方思い煩いないよう願っいるです+。結婚ない男子は,どうたら是認られると,事柄遣います。 33  一方,結婚いる男子は,どうたら是認られる+,世事柄遣い+ 34  彼分かたれるです。さらに,結婚ない女,および処女は,事柄遣い+,自分両面なるあろます。しかしながら,結婚いるは,どうたら是認られると,世事柄遣います+ 35  しかし,わたしこれ言うは,あなた方自身ためあって,あなた方輪なわ掛けるためありません。あなた方を,ふさわしい事柄+,また散らすことなく+絶え仕えられるよう事柄動かすためです。 36  しかし,人自分童貞*+ふさわしくない振る舞いいる考え,若さ*盛り過ぎ*おり,しかもそれ当然あれば,その自分望むこと行ないなさい。そのおかすわけありません。そのたち結婚なさい+ 37  しかし,心しっかり定めおり,必要なく,自分意志制することでき,童貞守ろ自ら決めいるあれば,そのりっぱ行動いることなります+ 38  したがって,結婚自分童貞離れるりっぱ行動ます+,結婚ないで,それ離れない*,さらにりっぱ行動いることなります+ 39  妻生きいるずっつながます+。しかし,もしが[死の]眠りつくことあれば,彼女自分望む自由結婚できます。ただしある[者と]だけです*+ 40  しかし,わたし意見は,彼女そのままほう幸福です+。わたし自分持っいる確か考えます+

脚注

「淫行はびこっますから」。字義,「淫行(複)のゆえに」。
字義,「一緒意見」。
「命令」。字義,「指図」。
「エホバ」,ロマ 12:3およびコリ二 10:13一致て; パピ写46,シナ写,アレ写,バチ写,エフ写,ベザ写(ギ語),ホ キュリオス; シリ訳公本,「神」。付録1ニ参照。
「神」,パピ写46,シナ写,アレ写,バチ写,エフ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳; シリ訳公本,「主」; エ7,8,10,「エホバ」。
または,「召しで」。
「童貞人」,バチ写。
または,「処女」。ギ語,パルテノン; ラ語,ウィルギネ。
または,「彼女若さの」。
「若さ盛り過ぎて」。字義,「人生盛り過ぎて」。ギ語,ヒュペラクモス; ラ語,スペルアドゥルタ。
または,「りっぱ行動ますが,彼女結婚ないは」。
または,「ただしその結びついいるならことです」。