アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

コリント第一 15:1-58

15  さて,兄弟たち,わたしはあなた方に良いたより+を知らせます。それはわたしがあなた方に宣明したもの+,またあなた方が受け入れたものであり,あなた方はまたその中に立ち+  それにより,わたしがあなた方に良いたよりを宣明したそのことばをもって救われつつあります+。もしあなた方がそれをしっかりと守っているなら,実際,いたずらに信者となったのでなければですが+  というのは,わたしは,最初の事柄の中で,[次の]ことをあなた方に伝えたからです。それは自分もまた受けたことなのですが+,キリストが聖書にしたがってわたしたちの罪のために死んでくださった+,ということです。  そして,葬られたこと+,そうです,聖書にしたがって+三日目に+よみがえらされたこと+  さらに,ケファに現われ+,次いで十二人に[現われた]ことです+  そののち彼は一度に五百人以上の兄弟に現われました。その多くは現在なおとどまっていますが+,[死の]眠りについた人たちもいます。  そののち彼はヤコブ+に,次いですべての使徒たちに現われました+  しかし,すべての者の最後として,あたかも月足らずで生まれた者に*対するかのように,わたしにも現われてくださいました+  わたしは使徒のうち最も小さな者で+,使徒と呼ばれるに値しないのです。わたしはの会衆を迫害した+からです。 10  しかし,わたしが今あるのは,の過分のご親切+によります。そして,わたしに対するその過分のご親切は無駄になりませんでした+。かえって,わたしは彼らすべてより多く労しました+。といっても,それはわたしではなく,わたしと共にあるの過分のご親切です+ 11  しかし,わたしにせよ彼らにせよ,このように宣べ伝えているのであり,あなた方はこのように信じたのです+ 12  ところが,キリストは死人の中からよみがえらされたと宣べ伝えられているのに+,あなた方のうちのある人たちが,死人の復活*などはないと言っているのはどうしてですか+ 13  実際,もし死人の復活ということがないのであれば,キリストもよみがえらされなかったことになります+ 14  そして,もしキリストがよみがえらされなかったとすれば,わたしたちの宣べ伝える業はほんとうに無駄であり,わたしたちの信仰も無駄になります+ 15  その上,わたしたちはの偽りの証人ともなります+。[]はキリストをよみがえらせたと+に逆らって証しをしてきた+ことになるからであり,死人が実際にはよみがえらされないのであれば,彼をよみがえらせることもされなかったからです+ 16  死人がよみがえらされないのであれば,キリストもよみがえらされなかったのです。 17  さらに,キリストがよみがえらされなかったのであれば,あなた方の信仰は無駄になります。あなた方はまだ自分の罪のうちにあることになります+ 18  また,キリストと結ばれて[死の]眠りについた者たち+は,実際には滅びてしまったことになります+ 19  今の命でキリストに望みをかけてきた+ことがすべてであれば,わたしたちはあらゆる人の中で最も哀れむべき者となります。 20  しかしながら,今やキリストは死人の中からよみがえらされ+,[死の]眠りについている者たちの初穂+となられたのです+ 21  死+がひとりの人を通して来たので,死人の復活+もまたひとりの人を通して来るのです。 22  アダムにあってすべての人が死んでゆく+のと同じように,キリストにあってすべての人が生かされるのです+ 23  しかし,各々自分の順位にしたがっています。初穂なるキリスト+,その後,その臨在*の間に,キリストに属する者たちです+ 24  次いで終わり*となります。その時,彼は王国を自分のまたに渡します。その時,彼はあらゆる政府,またあらゆる権威と力を無に帰せしめています+ 25  []*がすべての敵を彼の足の下に置くまで,彼は王として支配しなければならないのです+ 26  最後の敵として,死が無に帰せしめられます*+ 27  []は「すべてのものを彼の足の下に服させた+」からです。しかし,『すべてのものが服させられた+』と言うとき,すべてのものを彼+に服させた方が含まれていないのは明白です。 28  しかし,すべてのものが彼に服させられたその時には+,み自身も,すべてのものを自分に服させたに自ら服し*+,こうして,がだれに対してもすべてのもの*となるようにするのです+ 29  そうでなければ,死んだ者[となる]ためにバプテスマを*受けている者たちは,何をしていることになりますか+。死人のよみがえらされることが決してないのであれば+,なぜ彼らはそのような者[となる]ためにバプテスマを受けたりするのですか+ 30  なぜわたしたちはまた刻々危難に遭っているのですか+ 31  わたしは日ごとに死に面しているのです+。兄弟たち,わたしたちのキリスト・イエスにあってわたしが抱く,あなた方についての歓喜+にかけて,このことを確言します。 32  わたしがエフェソスで,人間がするようにして野獣と戦ったのであれば*+,それはわたしにとって何の益になるでしょうか。もし死人がよみがえらされないのであれば,「ただ食べたり飲んだりしよう。明日は死ぬのだから+」[ということになります]。 33  惑わされてはなりません。悪い交わりは有益な習慣を損なう*のです+ 34  義にしたがって酔いから覚めなさい+。罪を習わしにしてはなりません。についての知識を持たない人たちがいるからです+。わたしはあなた方を恥じさせるために話しています+ 35  しかしながら,「死人はどのようによみがえらされるのか。いったいどんな体でやって来るのか」と言う人がいることでしょう+ 36  道理をわきまえない人よ! あなたのまくものは,まず死ななければ,生きたものになりません+ 37  そして,あなたがまくものについて言えば,後にできる体ではなく,ただの種粒をまくのです+。それは小麦,あるいはほかの何かでしょう。 38  しかしは,ご自分の喜びとなるとおりに+それに体を与え+,種の一つ一つにそれ自身の体を[与え]られます。 39  すべての肉が同じ肉ではなく,人間の[肉]があり,また畜類の肉があり,また鳥の肉があり,また魚の[肉]があります+ 40  そして,天的な*+体と地的な*+があります。しかし,天的な体の栄光+は一つの種類であり,地的な体の[栄光]は別の種類です。 41  太陽+の栄光は一つの種類であり,月+の栄光はまた別であり,星+の栄光はまた別です。事実,星は他の星と栄光の点で異なります。 42  死人の復活+についてもこれと同じです。朽ちる様でまかれ,朽ちない様でよみがえらされます+ 43  不名誉のうちにまかれ+,栄光のうちによみがえらされます+。弱さのうちにまかれ+,力のうちによみがえらされます+ 44  物質の*体でまかれ+,霊的な体でよみがえらされます+。物質の体があるなら,霊的な[体]もあります。 45  まさにそう書かれています。「最初の人アダムは生きた魂*になった+」。最後のアダムは命を与える+霊になったのです+ 46  とはいえ,最初のものは霊的なものではなく,物質のものであり,後に霊的なものとなります+ 47  最初の人は地から出て塵で造られており+,第二の人は天から出ています+ 48  塵で造られた者たち+は塵で造られた者のようであり,天的な者たち+は天的な者のようです+ 49  そして,わたしたちは,塵で造られた者の像+を帯びてきたように,また天的な者の像+を帯びるのです* 50  また,兄弟たち,わたしはこのことを言います。肉と血はの王国を受け継ぐことができず+,朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはありません+ 51  ご覧なさい,わたしはあなた方に神聖な奥義を告げます。わたしたちはみな[死の]眠りにつくのではありませんが,わたしたちはみな変えられるのです+ 52  一瞬に,またたくまに,最後のラッパの間に*です。ラッパ+が鳴ると,死人は朽ちないものによみがえらされ,わたしたちは変えられるからです。 53  朽ちるものは不朽を着け+,死すべきもの+は不滅性*を着けねばならないのです。 54  しかし,[朽ちるものが不朽を着け,また]*死すべきものが不滅性を着けたその時,「死+は永久に*呑み込まれる+」と書かれていることばがそのとおりになります。 55  「死よ,お前の勝利はどこにあるのか。死よ,お前のとげはどこにあるのか*+」。 56  死を生み出しているとげ+は罪であり,罪のための力は律法です*+ 57  しかし,に感謝すべきです。わたしたちのイエス・キリストを通して勝利を与えてくださるからです+ 58  こうして,わたしの愛する兄弟たち,あなた方の労苦がにあって無駄*でない+ことを知っているのですから,堅く立って+,動かされることなく,の業においてなすべき事を常にいっぱいに持ちなさい+

脚注

「月足らずで生まれた者に」。または,「流産児に」。ラ語,アボルティーウォー。
「復活」。ギ語,アナスタシス,「起き上がらせること; 立ち上がること」(「上へ」を意味するアナと「立つこと」を意味するスタシスから); ラ語,レスッレクティオ。
付録5ロ参照。
または,「完了した(完結した)終わり」。ギ語,テロス。
字義,「彼」。
または,「滅ぼされます」。字義,「無効にされつつあります」。ギ語,カタルゲイータイ。
または,「に服させられ」。
または,「神がすべての人の間ですべてのもの」。
または,「死んだ者たちのゆえにバプテスマを」。
「人間がするようにして……のであれば」。または,「人間的な動機で……のであれば」。字義,「もし人間にしたがって……のであれば」。ギ語,エイ カタ アントローポン。
字義,「を腐敗させている」。
ラ語,カエレスティア,「天界の」。
ラ語,テッレストリア,「地の」。
または,「魂の」。ギ語,プシュキコン; ラ語,アニマーレ。
「生きた魂」。または,「呼吸する生き物」。創 2:7,「魂に」の脚注; 付録4イ参照。
「帯びるのです」,バチ写; パピ写46,シナ写,アレ写,ベザ写,ウル訳,「帯びましょう」。
または,「際に」。
字義,「死のないこと」。ギ語,アタナシアン; ラ語,インモルターリターテム。エ17,18(ヘ語),アル・マーウェト,「不死」。
アレ写,バチ写,ベザ写,シリ訳は角かっこで囲んだこれらの語を含んでいる; シナ写*,ウル訳は省いている。
「永久に」,七十訳のサム二 2:26; 哀 5:20; アモ 1:11; アモ 8:7と同じ。字義,「勝利の中に」。
パウロはホセ 13:14の一部をセプトゥアギンタから引用している。七十訳バグスターはこう読んでいる,「死よ,なんじの刑罰[ギ語,ディケー]はどこか。ハデスよ,なんじのとげはどこか」。
字義,「死のとげは罪であり,罪の力は律法です」。
字義,「空虚」。