内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コリント第一 14:1‐40

14  愛追い求めなさい。そのに,霊賜物+を,それも,できるなら,預言すること熱心求めゆきなさい+  異言話すは,人対しなく,対し話すからです。だれ聴いない+,そのよっ神聖奥義話しいるです+  しかし,預言するは,その話す事柄よっ築き上げ+,励まし,慰めます。  異言話す自分築き上げますが,預言する会衆築き上げるです。  そこで,わたしは,あなた方すべて異言話すこと欲します+,それよりは,あなた方預言することほう望みます+。実際,異言話す+が[それを]翻訳て,会衆築き上げられるようするないかぎり,預言するほう優れます。  また,兄弟たち,わたしあなた方ところ行っ異言話すも,啓示*+,あるいは知識+,預言,教えもっ話すなければ,あなた方なるでしょう。  実際ところ,フルートしろたて琴しろ,無生*出します+,音程はっきりなければ,そのフルートたて琴演奏いるどうして分かるでしょか。  また,ラッパ出す明りょうあれば,いったいだれ戦闘用意するでしょ+  これ同じように,あなた方も,舌で,容易理解できることば出さないなら+,何話しいるどうして[人に]分かるでしょか。あなた方は,実際空気話しいることなるです+ 10  世界非常多く種類音声あることでしょう。それでも,意味持たないものありません。 11  そこで,もしわたし音声真意理解ないなら,[それを]話しいるとっわたし異国あり+,話しいるわたしとっ異国あることなります。 12  それで,あなた方自身も,霊[の賜物+]を熱心求めいる*からは,会衆築き上げるいう目標それ満ちあふれるよう努めなさい+ 13  ですから,異言話すは,自分が[それを]翻訳できるよう祈りなさい+ 14  というのは,わたし異言祈っいる場合,祈っいるわたし霊[の賜物]であっ+,わたし思い結んないからです。 15  では,どうべきでしょか。わたし霊[の賜物]をもっ祈りますが,同時に[自分の]思いもっ祈ります。わたし霊[の賜物]をもっ賛美歌います+,同時に[自分の]思いもっ賛美歌うです+ 16  そうなければ,たとえあなた霊[の賜物]をもっ賛美ささげも,普通座席着いいるは,あなた言っいる分からないですから,あなたささげる感謝どうして「アーメン+」と言えるでしょか。 17  確かに,あなたりっぱ感謝ささげいることでしょう。それでも,相手築き上げられないです+ 18  わたしは,自分あなた方すべてより多く異言話す+こと感謝ます。 19  しかしそうあっも,会衆は,異言一万言葉[を話す]より,むしろ自分思いもっ五つ言葉話し,こうたち口頭教え諭すことできるよう願うです+ 20  兄弟たち,理解幼子なっなりませ+。しかし,悪関しみどりごありなさい+。そして,理解十分成長なりなさい+ 21  律法こう書いあります。「『異国*もって,またよそからもっ+,わたしこの話す+,彼らなおもわたし[のことば]に注意向けないあろう』と,エホバ*言われる+」。 22  それゆえ,異言しるしためです+。それも,信者対しなく,不信者対しです+。一方,預言信者ためなく,信者ためです+ 23  そこで,会衆全体一つ場所集まっみんな異言話しいるところ+,普通もしくは信者入っ場合,そのは,あなた方狂っいる言わないでしょか。 24  しかし,あなた方みな預言いるところだれ信者または普通入っ来れば,そのみんなから戒め受け+,みんなからつぶさ調べられます。 25  その秘密明らかされ+,そのためひれ伏し*崇拝し,「ほんとうあなた方おられる」とはっきり言うようなります+ 26  兄弟たち,では,どうべきでしょか。あなた方集まるとき,ある*あり,ある教えあり,ある啓示あり,ある異言あり,ある解釈あります+。すべて築き上げること目ざし行ないなさい+ 27  そして,だれ異言話すあれば,多く限り,順番に[話し]なさい。そして,だれ翻訳なさい+ 28  しかし,もし翻訳ないなら,その会衆黙っおり,自分自身話しなさい+ 29  さらに,二預言+話し,他たちその意味識別するようなさい+ 30  しかし,そこ座っいる啓示あるなら+,初め黙っなさい。 31  あなた方ひとりずつ預言することでき+,こうすべて学び,またすべて励まされるです+ 32  それで,預言霊[の賜物]は*預言よっ制御れるべきです。 33  秩序の[]でなく+,平和の[]だからです+ なるたちすべて会衆おける同じく, 34  女会衆黙っなさい+。話すこと許可ないからです。むしろ,律法+言うとおり,[女]は服しなさい+ 35  それで,何学びたい思うなら,家それぞれ自分質問なさい。女会衆話す恥ずべきこと+からです。 36  言葉あなた方からでもいうでしょ+。あるいは,それただあなた方ところだけ達しでもいうでしょか。 37  自分預言ある,あるいは授かっいる*考えるいるなら,そのわたしあなた方書いいる事柄認めるべきです。それおきてからです*+ 38  しかし,知らいるいるなら,その知らないままます。 39  そのようわけで,わたし兄弟たち,預言すること熱心求めゆきなさい+。けれども,異言話すこと禁じなりませ+ 40  しかし,すべて適正に,また取り決めもと*行ないなさい+

脚注

字義,「覆い外すこと; 打ち明けること」。ギ語,アポカリュプセイ。
または,「魂ない物」。ギ語,アプシュカ。
字義,「霊(複)につい熱心ある」。
字義,「異なった(者たち)の」。
付録1ニ参照。
または,「平伏て」。
「詩」。または,「聖なる曲」。
字義,「霊(複)は」。
「霊授かっいる」。字義,「霊的な(者)」。
または,「つまり,それおきてあるいうことを」。
または,「順番したがって」。ギ語,カタ タクシン民 1:52,「宿営地」の脚注参照。