アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

コリント第一 13:1-13

13  たとえわたしが人間やみ使いの[いろいろな]ことばを話しても+,愛がなければ,音を立てる[一片の]しんちゅうか,ただ鳴り響くシンバル+となっています。  そして,たとえ預言[の賜物]を持ち+,すべての神聖な奥義+とすべての知識に通じていても+,また,たとえ山を移す*ほどの全き信仰を持っていても+,愛がなければ,何の価値もありません+  そして,ほかの人たちに食物を与えるために自分のすべての持ち物を施しても+,また,自分の体を渡して+自分を誇れるようにしたとしても,愛がなければ+,わたしには何の益にもなりません。  愛*+は辛抱強く+,また親切です+。愛はねたまず+,自慢せず+,思い上がらず+  みだりな振る舞いをせず+,自分の利を求めず+,刺激されてもいら立ちません+。傷つけられてもそれを根に持たず+  不義を歓ばないで+,真実なことと共に歓びます+  すべての事に耐え+,すべての事を信じ+,すべての事を希望し+,すべての事を忍耐します+  愛は決して絶えません+。それに対し,預言[の賜物]があっても,それは廃され,異言があっても,それはやみ,知識があっても,それは廃されます*+  わたしたちの知識は部分的なものであり*+,預言も部分的なものだからです+ 10  全きものが到来すると+,部分的なものは廃されるのです。 11  わたしがみどりごであった時には,みどりごのように話し,みどりごのように考え,みどりごのように論じていました。しかし,大人となった今+,みどりごの[時の]ことをやめたのです。 12  現在わたしたちは金属の鏡でぼんやりした輪郭*を見ていますが+,その時には顔と顔を向かい合わせて[見るの]です+。現在わたしが知っているのは部分的なことですが*,その時には,自分が正確に知られているのと同じように,正確に知ることになります+ 13  しかし今,信仰,希望,愛,これら三つは残ります。しかし,このうち最大のものは愛*です+

脚注

字義,「山々を移動させてゆく」。
「愛」。ギ語,ヘー アガペー。
字義,「それは無効にされます」。
または,「わたしたちが取り入れているのは部分的な知識であり」。
「ぼんやりした輪郭」。字義,「不明瞭な表現」。
または,「わたしが取り入れているのは部分的な知識ですが」。
「愛」。ギ語,アガペー; ラ語,カーリタス; エ17,18(ヘ語),ハーアハヴァー,「」。