アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

コリント第一 12:1-31

12  さて,兄弟たち,霊の賜物*+について,あなた方に知らずにいて欲しくありません。  あなた方も知るとおり,諸国民の者であった時+,あなた方はただ導かれるままに,声のない+偶像のもとへと導かれていました+  それで,あなた方に知らせておきたいと思うのは,の霊によって話しているなら,だれも,「イエスはのろわれている*!」とは言わず+,聖霊によるのでなければ,だれも,「イエスはである!」とは言えない+,という点です。  さて,賜物*はさまざまですが+,霊は同じです+  奉仕の務めはさまざまでも+は同じです+  働きはさまざまでも+,すべての人の中であらゆる働きをされる+は同じです+  しかし,霊の顕現は,有益な事柄を目的として各々に与えられます+  たとえば,ある人には霊によって知恵のことば+,ある人には同じ霊にしたがって知識のことば+  ある人には同じ霊によって信仰+,ある人にはその一つの霊によっていやしの賜物+ 10  さらにある人には強力な業*の働き+,ある人には預言すること+,ある人には霊感のことば*+を識別する力+,ある人には種々の異言+,そしてある人には異言を解釈する力+が与えられています。 11  しかし,これらのすべての働きを同一の霊が行なうのであり+,その欲するとおりに+各々に分配する+のです。 12  体は一つであっても多くの肢体に分かれており,また体の肢体は多くあっても,その全部が一つの体を成しますが+,キリストもそれと同じなのです+ 13  まさしくわたしたちは,ユダヤ人であろうとギリシャ人であろうと,奴隷であろうと自由であろうと,みな一つの霊によって一つの体へのバプテスマを受け+,みな一つの霊を飲む+ようにされたからです。 14  実際,体は一つの肢体ではなく,多くの[肢体]です+ 15  たとえ足が,「わたしは手ではないから,体の一部ではない」と言ったとしても,そのためにそれが体の一部でないというわけではありません+ 16  また,たとえ耳が,「わたしは目ではないから,体の一部ではない」と言ったとしても,そのためにそれが体の一部でないというわけではありません+ 17  もし全身が目であったなら,聴覚はどこなのですか。それが聴くことばかりであったなら,においをかぐことはどこなのですか。 18  しかし今,は体に肢体を,その各々を,ご自分の望むままに置かれたのです+ 19  もしそのすべてが一つの肢体であったなら+,体はどこにあるのでしょうか。 20  しかし今,それは多くの肢体であり+,それでもなお一つの体です。 21  目は手に向かって,「わたしにあなたは必要でない」とは言えず,頭も足に向かって,「わたしにあなた方は必要でない」とは[言えません]。 22  それどころか,実際には,体の中で[ほか]より弱く見える肢体+がかえって必要なのであり, 23  また,体の中で[ほか]より誉れが少ないと思える部分,これをわたしたちはより豊かな誉れをもって包みます+。こうしてわたしたちの見栄えのしない部分に[他]より豊かな麗しさが添えられ, 24  一方,麗しい部分は何も必要としません。しかしそうではあっても,が体を組み立てた*のであり,欠けたところのある部分に誉れをより豊かに与えて, 25  体に分裂*がないように,その肢体が互いに対して同じ気づかいを示すようにされました+ 26  それで,一つの肢体が苦しめば,ほかのすべての肢体が共に苦しみ+,ひとつの肢体が栄光を受ければ+,ほかのすべての肢体が共に歓ぶのです+ 27  さて,あなた方はキリストの体であって,それぞれが肢体です+ 28  そしては会衆内にそれぞれの人を置かれました+。第一に使徒+,第二に預言者+,第三に教える者+,次いで強力な業*+,次いでいやしの賜物+,助けになる奉仕+,指揮する能力*+,種々の異言+です。 29  すべてが使徒ではないでしょう。すべてが預言者ではないでしょう。すべてが教える者ではないでしょう。すべてが強力な業をするわけではないでしょう* 30  すべてがいやしの賜物を持つわけではないでしょう。すべてが異言を話すわけではない+でしょう。すべてが翻訳者ではない+でしょう。 31  それでも,より大きな*賜物+を熱心に求めてゆきなさい。ですが,わたしはさらに勝った道+をあなた方に示します。

脚注

「霊の賜物」。または,「霊的な事柄」; または,「霊的な人」。字義,「霊的な(事柄)」。ギ語,トーン プネウマティコーン; ウル訳(ラ語),スピーリトゥアーリブス。
「のろわれている」。字義,「破門<アナテマ>」。ギ語,アナテマ。
字義,「慈しみの賜物」。ギ語,カリスマトーン。
「強力な業」。または,「奇跡」。
「霊感のことば」。字義,「霊(複)」。ギ語,プネウマトーン。
「組み立てた」。字義,「一緒に混ぜた」。ギ語,シュネケラセン。
または,「裂け目」。ギ語,スキスマ,「分離」; ラ語,スキスマ。
「強力な業」。または,「奇跡」。
字義,「舵をとること」(複)。ギ語,キュベルネーセイス; ラ語,グベルナーティオーネース。
字義,「すべてが力(複)ではないでしょう」。
または,「最も大きな」。