アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

コリント第一 11:1-34

11  わたしがキリストに[見倣う者]であるように,わたしに見倣う者となりなさい+  さて,あなた方がすべてにおいてわたしのことを思いに留め,また,わたしが伝えたそのとおりに伝統をしっかり守っているので+,わたしはあなた方をほめます。  しかし,あなた方に次のことを知って欲しいと思います。すべての男の頭はキリストであり+,女の頭は男であり+,キリストの頭はです+  だれでも,自分の頭に何かを着けて祈ったり預言したりする男は,自分の頭+を辱めることになります。  しかし,だれでも,自分の頭を覆わないで*祈ったり預言したりする女+は,自分の頭+を辱めることになります。それは,頭をそった*[女]であるのと同じことだからです+  女が自分に覆いを着けないのなら,その髪を切るべきなのです。しかし,女が髪を切ったりそったりするのが恥ずべきことであるなら+,自分に覆いを着けなさい+  男は自分の頭を覆うべきではありません。彼はの像+また栄光+だからです。しかし,女は男の栄光なのです+  男は女から出ているのではなく*,女が男から出ている*からです+  そのうえ,男は女のために創造されたのではなく,女が男のために[創造された]のです+ 10  それゆえに,女はみ使いたちのために+自分の頭に権威の*しるしを着けるべきです+ 11  加えて,にあっては,女も男なしにあるのではなく,男も女なしにあるのではありません+ 12  女が男から出ているのと同じように+,男も女を通してあるからです+。しかし,すべてのものはから出ているのです+ 13  あなた方自身で判断してください。女が覆いをしないでに祈るのはふさわしいことでしょうか。 14  自然そのものもあなた方に教えてはいないでしょうか。男が長い髪をしていれば,それは彼にとって不名誉なことですが, 15  女が長い髪をしていれば,それは彼女にとって栄光である+ということを。[女]の髪は頭飾り+の代わりに*与えられているからです。 16  しかし,何かほかの習慣を支持する人+がいるようであっても+,わたしたちにはこれ以外の[習慣]はありませんし,の諸会衆にもありません。 17  しかし,こうした指示を与えながら,わたしはあなた方をほめません。あなた方の集い合うことが,いっそう良い結果ではなく,いっそう悪い結果になっているからです+ 18  それはまず,会衆に集まるとき,あなた方の間に分裂*があるためだと聞いています*+。そして,わたしはある程度それを信じます。 19  あなた方の間には派*+もあるに違いないからですが,それは,是認される人たちがあなた方の間で明らかになるためでもあります+ 20  こうして,あなた方は一つの場所に集まっても,の晩さん*+を食べることができません。 21  あなた方が[それを]食べるとき,各自自分の晩さんを*前もって取るので,ある者は空腹で,ある者は酔っているという状態だからです。 22  あなた方には食べたり飲んだりするための家があるはずではありませんか+。それとも,あなた方はの会衆を軽んじ,何も携えていない人たち+に恥ずかしい思いをさせるのですか。わたしはあなた方に何と言いましょうか。あなた方をほめるべきでしょうか。このことについては,わたしはあなた方をほめません。 23  わたしは,自分が*から受けたこと,それをあなた方に伝えたのです。すなわち,イエスは,渡されようとしていた夜+,ひとつのパンを取り, 24  感謝をささげてからそれを割き+,こう言われました。「これはあなた方のためのわたしの体+を表わしています*。わたしの記念+としてこれを行なってゆきなさい」。 25  晩さんをすませた後,杯+についても同じようにして,こう言われました。「この杯はわたしの血+による新しい契約+を表わしています。それを飲むたびに,わたしの記念としてこれを行なってゆきなさい+」。 26  このパンを食べ,この杯を飲むたびに+,あなた方はの死+をふれ告げてゆくのであり,それは彼が到来する時にまで及ぶのです+ 27  そのようなわけで,だれでも,ふさわしくない仕方でパンを食べたりの杯を飲んだりする人は,の体と血に関して+罪を負うことになります+ 28  人はまず自分をよく吟味して確かめ+,こうして後にパンから取って食べ,また杯から飲みなさい。 29  食べまた飲む人は,もしその体をわきまえないなら,自分に対する裁き+を食べまた飲むことになるのです。 30  そのために,あなた方の中には弱くて病みがちな人が多くおり,相当数の者は[死の]眠り+についています。 31  しかし,自分自身がどのような者であるかをわきまえるなら,わたしたちは裁きを受けることはないでしょう+ 32  しかし,裁きを受けるとき+,わたしたちはエホバ*から懲らしめを受けているのであり+,それは,わたしたちが世+と共に罪に定められることのないためです+ 33  そのようなわけで,わたしの兄弟たち,[それを]食べるために集まる際には+,互いに待ち合わせなさい。 34  空腹な人がいるなら,その人は家で食事をし+,あなた方が裁きのために集まるというようなことがないようにしなさい+。しかし,その他の事柄は,わたしがそちらに着いたときに整理します。

脚注

または,「頭にベールをしないで」。
すなわち,不道徳な行為に対する処罰として。
または,「男は女に属しているのではなく」。
または,「女が男に属している」。
または,「頭に許された自由の」。
または,「髪は覆いとして」。
または,「裂け目」。ギ語,スキスマタ,「分離」。
または,「何度も聞いています」。
「派」。ギ語,ハイレセイス; ラ語,ヘレセース。
字義,「主に関係した夕食」。
または,「各人は,[それを]食べるとき,自分の晩さんを」。
「主」,シナ写,アレ写,バチ写; エ13,14,「エホバ」。
「を表わしています」。字義,「です」。ギ語,エスティン。マタ 26:26の脚注参照。
付録1ニ参照。