内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

コリント第一 1:1-31

1  のご意志により+イエス・キリストの使徒となるために召された+パウロと,わたしたちの兄弟ソステネ+から,  コリント+にあるの会衆,キリスト・イエスと結ばれて神聖なものとされ+,聖なる者+となるために召されたあなた方,ならびに,いたるところでわたしたちのイエス・キリスト,すなわちそのでありわたしたちの[]である方+の名+を呼び求めているすべての人たちへ:  わたしたちのなるイエス・キリストからの過分のご親切+と平和+があなた方にありますように+  キリスト・イエスにあってあなた方に与えられた+の過分のご親切+を見るにつけ,わたしはあなた方について常にに感謝しています。  すべての事,つまり話すための十分な能力という点でも,十分な知識という点でも+,あなた方が[キリスト]にあって豊かにされたからです+  それは,キリストについての証し*+があなた方の間で確固たるものとなっている[ことに見られる]とおりです。  その結果あなた方はどんな賜物+にも欠けることなく,わたしたちのイエス・キリストの表わし示されること+を切に待っています。  [キリスト]はまた,あなた方を終わり*まで確固たる者とし+,わたしたちのイエス・キリスト*の日*+にあなた方が何ら訴えられることがないように+してくださるでしょう+  は忠実な方であり+,その[]によって,あなた方は,わたしたちのであるみイエス・キリストと分かち合う[関係+]に呼び入れられました。 10  さて,兄弟たち,わたしたちのイエス・キリストの名によって+あなた方に勧めます+。あなた方すべての語るところは一致しているべきです+。あなた方の間に分裂*があってはなりません+。かえって,同じ思い,また同じ考え方でしっかりと結ばれていなさい+ 11  というのは,わたしの兄弟たち,あなた方について,クロエの[家の]者たちからわたしに打ち明けられたのですが+,あなた方の間には争論があるとのことです。 12  あなた方がそれぞれ,「わたしはパウロに属する」,「いや,わたしはアポロに+」,「わたしはケファに」,「わたしはキリストに」と言い合っていること,そのことをわたしは言うのです。 13  キリストが分裂してしまっています+。パウロがあなた方のために杭につけられた*とでもいうのですか。それとも,あなた方はパウロの名においてバプテスマを受けたのですか+ 14  わたしは,自分が,クリスポ+とガイオ+のほかには,あなた方のだれにもバプテスマを施さなかったことを感謝しています。 15  あなた方はわたしの名においてバプテスマを受けたと,だれも言うことのないためです。 16  確かに,わたしはステファナの家の者たち+にもバプテスマを施しました。ほかの人たちについては,自分がさらにだれかにバプテスマを施したかどうかは知りません。 17  キリストがわたしを派遣されたのは+,バプテスマを施すためではなく,良いたよりを,ことばの知恵によらないで宣明するためであったからです+。それは,キリストの苦しみの杭*が無駄にならないようにするためです。 18  苦しみの杭についての話は,滅びゆく人々+にとっては愚かなことですが+,救われつつあるわたしたち+にとってはの力なのです+ 19  「わたしは賢人たちの知恵を滅ぼし+,知能のたけた者たちのそう明さ+を押しのける+」と書いてあります。 20  賢い人はどこにいるのですか。書士はどこにいますか+。この事物の体制*+の弁論家+はどこですか。は世の知恵を愚かなものとされたのではありませんか+ 21  の知恵によることでしたが,世はその知恵+を通してを知るに至らなかったので+は宣べ伝えられる事柄の愚かさ+を通して,信じる者を救うことをよしとされたのです。 22  ユダヤ人はしるしを求め+,ギリシャ人は知恵を求めます+ 23  しかしわたしたちは杭につけられたキリストを宣べ伝えるのです+。これは,ユダヤ人にとってはつまずきのもとであり+,諸国民にとっては愚かなことです+ 24  しかし,召された者にとっては,ユダヤ人にもギリシャ人にも,の力+またの知恵+なるキリストなのです。 25  の愚かな事柄*は人間より賢く,の弱い事柄*は人間より強いからです+ 26  兄弟たち,あなた方が自分たちに対する[の]召しについて見ていることですが,肉的に賢い者は多くなく+,強力な者も多くなく+,高貴な生まれの者が多く召されたのでもありません+ 27  むしろ,は世の愚かなもの+を選んで,賢い人々が恥を被るようにされました。また,は世の弱いものを選んで,強いものが恥を被るようにされました+ 28  または,世の卑しいものや見下げられたもの,無いもの+を選んで,有るものが無になるようにされました+ 29  それは,肉なる者がだれものみ前で誇ることのないためです+ 30  一方,あなた方がキリスト・イエス,すなわち,わたしたちにとって,からの知恵+,また義+と聖化+,そして贖いによる釈放+となられた方と結ばれているのは,[]によることなのです。 31  「誇る者はエホバ*にあって誇れ+」と書かれているとおりになるためです。

脚注

「証し」。ギ語,マルテュリオン; ラ語,テスティモーニウム。
または,「最後」。ギ語,テルース。
「キリスト」,シナ写,アレ写,エフ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳ヘ,ヒ,ペ; パピ写46バチ写省いいる。
「日」,シナ写,アレ写,バチ写; ベザ写,「臨在とき」; ウル訳,「到来日」。
または,「裂け目」。ギ語,スキスマタ,「分離」; ラ語,スキスマタ。
または,「杭(柱)に留められた」。付録5ハ参照。
付録5ハ参照。
または,「事物秩序」。ギ語,アイオーノス; ラ語,サエクリー; エ17,22(ヘ語),ハーオーラーム ハッゼ,「この事物秩序」。
または,「愚かさ」。
または,「弱さ」。
付録1ニ参照。