内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ガラテア 2:1‐21

2  それから十四後,わたしバルナバ+一緒に,またテトス伴って,再びエルサレム上りまし+  しかしわたし啓示あっ上っ行っです+。そして,自分国民宣べ伝えいる*良いたより彼ら示しまし+。といっも,主立っ人々対しだけです。自分無駄+走っいるようことは,あるいは[無駄に]走っ+ようことない思っからです。  しかしながら,わたし一緒テトス+さえ,ギリシャあっかかわらず,割礼受けるよう強いられることありませでし+  むしろ,それこっそり連れ込ま+兄弟たち+よるです。その人々は,わたしたちキリストイエス結ば持っいる自由+うかがうため忍び込んあり,わたしたち完全奴隷よういるです+  そのようたち対しわたしたち屈服譲歩たりませでし+。そうです,一時いえどもです。それは,良いたより真理+引き続きあなた方もととどまるようするためでした。  しかし,相当思えたち+は ― それ以前どのようたちあっは,わたしとっ少し相違来たしませ+*外見したがって行なったりされませ+ ― そうです,それら主立っ人々わたし新しいこと授けませでした。  それどころか,ペテロ割礼受けたち対する*[良いたより託さた]の同じよう+,わたし割礼たち対する*+良いたより託さいる+知っ時 ―  割礼受けたち対する使徒必要ペテロ与えは,わたし国民たち対する与えくださっです+  そうです,わたし示さ+過分ご親切+つい知っ時,ヤコブ+ケファヨハネ,すなわち思えたち+が,共分かち合う+[しるして]わたしバルナバ+右手差し伸べ,こうわたしたち国民もとへ,彼ら割礼受けたちもと行くことです。 10  ただ,わたしたち貧しいたちこと覚えおくようことでし+。わたしまさにその真剣励んまし+ 11  しかし,ケファ+アンティオキア+時,わたし向かっ抵抗まし*。彼責めるべきところあっからです+ 12  ヤコブもとからあるたち来るまで+,諸国民たち一緒食事+,彼ら来ると,割礼*たち+恐れ+ために,身引い離れ行っからです。 13  残りユダヤたちこの虚偽+加わり,その結果,バルナバ+さえ彼らその虚偽*引か行きました。 14  しかし,彼ら良いたより真理+したがってまっすぐ歩んない時,わたしみんな+ケファこう言いました。「あなたは,自分ユダヤありながら国民よう生活し,ユダヤするようないに,どうして国民たちに,ユダヤ習わししたがって生活すること強いいるです+」。 15  生来ユダヤ+あって,諸国民罪人+ないわたしたちも, 16  人宣せられる*+律法よるなく,ただキリストイエス対する信仰通し+あること知っいるで,このわたしたちさえキリストイエス信仰置き,こうて,律法よっなく,キリスト対する信仰よっ宣しいただけるようです+。律法よっは,肉なるだれ宣せられないからです+ 17  では,もしわたしたちが,キリストよっ宣せられよう努めながら+,そのわたしたち自身なお罪人なっいるすれ+,キリスト実際奉仕でしょ+。断じてそのようことないように! 18  自分一度打ち倒しもの再び築き上げるすれ+,わたし自分違犯あること明示いることなるです+ 19  わたしは,律法よっ律法対し死にまし+対し生きなるためです+ 20  わたしキリストつけられ*いるです+。生きいるもはやわたしなく+,わたし結びつい生きくださるキリストです+。実際,わたし自分あっ生きいるこの+を,対する信仰よっ生きいるです。[み]はわたし愛し,わたしためご自身渡しくださっです+ 21  わたし過分ご親切押しのけるようことませ+。義律法通しあるなら+,キリスト実際いたずら死んことなっしまうです+

脚注

または,「自分が……布告いる」。ギ語,ケーリュッソー; ラ語,プラエディコー。ダニ 5:29,「布告た」の脚注比較。
「神」,パピ写46,シナ写,アレ写,バチ写,エフ写,ベザ写; エ7,8,「エホバ」。
「割礼受けたち対する」。字義,「割礼の」。
「無割礼たち対する」。字義,「無割礼の」。
「抵抗ました」。字義,「逆らっ立ちました」。
字義,「割礼からの」。
字義,「偽善」。ギ語,ヒュポクリセイ。
字義,「正しいされつつある」。ギ語,ディカイウータイ。
または,「杭(柱)に留められて」。付録5ハ参照。