アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ガラテア 2:1-21

2  それから十四年後,わたしはバルナバ+と一緒に,またテトスも伴って,再びエルサレムに上りました+  しかしわたしは啓示があったので上って行ったのです+。そして,自分が諸国民の間で宣べ伝えている*良いたよりを彼らの前に示しました+。といっても,主立った人々に対してだけです。自分が無駄に+走っているようなことは,あるいは[無駄に]走ってきた+ようなことはないかと思ったからです。  しかしながら,わたしと一緒にいたテトス+でさえ,ギリシャ人であったにもかかわらず,割礼を受けるように強いられることはありませんでした+  むしろ,それはこっそり連れ込まれた+偽兄弟たち+によるのです。その人々は,わたしたちがキリスト・イエスと結ばれて持っている自由+をうかがうために忍び込んで来たのであり,わたしたちを完全に奴隷にしようとしているのです+  そのような人たちに対してわたしたちは屈服して譲歩したりはしませんでした+。そうです,一時といえどもです。それは,良いたよりの真理+が引き続きあなた方のもとにとどまるようにするためでした。  しかし,相当な人と思えた人たち+としては―それが以前どのような人たちであったかは,わたしにとって少しも相違を来たしません+*は人の外見にしたがって事を行なったりはされません+―そうです,それら主立った人々はわたしに何も新しいことを授けはしませんでした。  それどころか,ペテロが割礼を受けた人たちに対する*[良いたよりを託された]のと同じように+,わたしが無割礼の人たちに対する*+良いたよりを託されている+のを知った時―  割礼を受けた人たちに対する使徒職に必要な力をペテロに与えた方は,わたしにも諸国民の者たちに対する力を与えてくださったのです+  そうです,わたしに示された+過分のご親切+について知った時,ヤコブ+とケファとヨハネ,すなわち柱と思えた人たち+が,共に分かち合う+[しるしとして]わたしとバルナバ+に右手を差し伸べ,こうしてわたしたちは諸国民のもとへ,彼らは割礼を受けた人たちのもとへ行くことにしたのです。 10  ただ,わたしたちは貧しい人たちのことを覚えておくようにとのことでした+。わたしはまさにその点でも真剣に励んできました+ 11  しかし,ケファ+がアンティオキア+に来た時,わたしは面と向かって彼に抵抗しました*。彼には責めるべきところがあったからです+ 12  ヤコブのもとからある人たちが来るまでは+,諸国民の者たちと一緒に食事をしていたのに+,彼らが来ると,割礼組の*者たち+への恐れ+のために,身を引いて離れて行ったからです。 13  残りのユダヤ人たちも彼と共にこの虚偽+に加わり,その結果,バルナバ+さえも彼らと共にその虚偽*に引かれて行きました。 14  しかし,彼らが良いたよりの真理+にしたがってまっすぐに歩んでいないのを見た時,わたしはみんなの前で+ケファにこう言いました。「あなたは,自分ではユダヤ人でありながら諸国民のように生活し,ユダヤ人がするようにはしていないのに,どうして諸国民の者たちに,ユダヤ人の習わしにしたがって生活することを強いているのですか+」。 15  生来のユダヤ人+であって,諸国民の罪人+でないわたしたちも, 16  人が義と宣せられる*+のは律法の業によるのではなく,ただキリスト・イエスに対する信仰を通して+であることを知っているので,このわたしたちでさえキリスト・イエスに信仰を置き,こうして,律法の業によってではなく,キリストに対する信仰によって義と宣していただけるようにしたのです+。律法の業によっては,肉なる者はだれも義と宣せられないからです+ 17  では,もしわたしたちが,キリストによって義と宣せられようと努めながら+,そのわたしたち自身がなお罪人となっているとすれば+,キリストは実際には罪の奉仕者なのでしょうか+。断じてそのようなことはないように! 18  自分が一度打ち倒したものを再び築き上げるとすれば+,わたしは自分が違犯者であることを明示していることになるのです+ 19  わたしは,律法によって律法に対しては死にました+に対して生きた者となるためです+ 20  わたしはキリストと共に杭につけられて*いるのです+。生きているのはもはやわたしではなく+,わたしと結びついて生きてくださるキリストです+。実際,わたしは自分が肉にあって今生きているこの命+を,のみに対する信仰によって生きているのです。[み]はわたしを愛し,わたしのためにご自身を渡してくださったのです+ 21  わたしはの過分のご親切を押しのけるようなことはしません+。義が律法を通してであるなら+,キリストは実際にはいたずらに死んだことになってしまうのです+

脚注

または,「自分が……布告している」。ギ語,ケーリュッソー; ラ語,プラエディコー。ダニ 5:29,「布告した」の脚注と比較。
「神」,パピ写46,シナ写,アレ写,バチ写,エフ写,ベザ写; エ7,8,「エホバ」。
「割礼を受けた人たちに対する」。字義,「割礼の」。
「無割礼の人たちに対する」。字義,「無割礼の」。
「抵抗しました」。字義,「逆らって立ちました」。
字義,「割礼からの」。
字義,「偽善」。ギ語,ヒュポクリセイ。
字義,「正しいとされつつある」。ギ語,ディカイウータイ。
または,「杭(柱)に留められて」。付録5ハ参照。