内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

オバデヤ 1:1‐21

 オバデヤ​の​幻: これ​は​主権​者​なる​主​エホバ​が​エドム​に​関し​て​言わ​れ​た​こと​で​ある+。「わたしたち​が​エホバ​から​聞い​た​知らせ​が​ある。諸​国民​の​中​に​遣わさ​れ​た​使節​が​いる。『あなた方​は​立ち上がれ。彼女​に​対する​戦闘​に​立ち上がろ​う+』」。  「見よ,わたし​は​あなた​を​諸​国民​の​中​の​小さな​者​と​し​た+。あなた​は​大いに​さげすま​れ​て​いる+  あなた​の​心​の​せん越​さ​が​あなた​を​欺い​た+。大岩​の​隠れ場​に,自分​の​住まう​高み​に​とどまっ​て​いる​者*+,その​心​に,『だれ​が​わたし​を​地​に​引き下ろす​だろ​う​か』と​言う​者​よ。  たとえ​あなた​が​自分​の​居所​を​鷲​の​よう​に​高く​し​よう​と​も,また​星​の​間​に​巣​を​かけ​よう​と​も,わたし​は​そこ​から​あなた​を​引き下ろす+」と,エホバ​は​お告げ​に​なる。  「あなた​の​ところ​に​来​た​の​が​盗人​で​あっ​た​なら,奪い取る​者​が​夜​の​間​に[入っ​て​来​た]の​で​あれ​ば,あなた​は​どれ​ほど​*沈黙​し​た​で​あろ​う​か+。彼ら​は​自分​の​望む​だけ​の​もの​を​盗む​の​で​は​ない​か。また,あなた​の​ところ​に​来​た​の​が​ぶどう​を​集める​者​で​あっ​た​なら,多少​の​採り残し​を​残し​て​おか​ない​だろ​う​か+  だが,エサウ​に​属する​者​たち​は​どこ​まで​*調べ​出さ​れ​た​こと​か+。その​秘め​られ​た​宝​は[いかに]探り出さ​れ​た​こと​か。  彼ら​は​境界​に​まで​あなた​を​追いやっ​た。あなた​と​契約​を​結ん​で​い​た​者​たち​*が​皆​あなた​を​欺い​た+。あなた​と​平和​に​過ごし​て​い​た​者​たち​が​あなた​を​打ち負かし​た+。あなた​と​食物​を​共​に​し​て​い​た​者​たち​*が,識別​力​の​ない​者​+の​よう​に​し​て​あなた​の​下​に​網​を​敷く​で​あろ​う。  その​日​に​は​その​よう​に​なる​の​で​は​ない​か」と,エホバ​は​お告げ​に​なる。 「そして​わたし​は​エドム​から​必ず​賢者​を​滅ぼし去り+,エサウ​の​山地​から​識別​力​を[尽き​させる]。  また,テマン​よ+,あなた​の​力​ある​者​たち​は​恐れおののく​こと​に​なる+。殺りく​+の​ため,一人一人​*エサウ​の​山地​から​断た​れる​から​で​ある+ 10  あなた​の​兄弟​ヤコブ​に​対する​暴虐​の​ゆえに​+恥辱​が​あなた​を​覆う+。あなた​は​定め​の​ない​時​に​至る​まで​切り断た​れる​こと​に​なる+ 11  あなた​が​離れ​て​わき​に​立っ​た​日,よそ人​たち​が​彼​の​軍勢​を​とりこ​に​し+,全く​の​異国​人​が​彼​の​門​を​くぐり+,エルサレム​に​関し​て​くじ​を​引い​た​日+,あなた​も​また​その​一​人​の​よう​で​あっ​た。 12  「また​あなた​は,あなた​の​兄弟​の​日,その​不運​の​日​に,その​光景​を​見守っ​て​いる​べき​で​は​ない+。ユダ​の​子​ら​が​滅び​の​日​に​ある​の​を​見​て​歓ぶ​べき​で​は​ない+。[彼ら​の]苦難​の​日​に​大口​を​開け​て​いる​べき​で​は​ない。 13  わたし​の​民​の​災難​の​日​に​その​門​の​中​へ​入っ​て​来る​べき​で​は​ない+。あなた​は​彼​の​災難​の​日​に​その​災い​を​見つめる​べき​で​は​ない。彼​の​災難​の​日​に​その​富​に​手​を​出す​べき​で​は​ない*+ 14  また,道​の​分かれる​所​に​立っ​て,逃れ​て​来​た​者​たち​を​断ち滅ぼそ​う​と​す​べき​で​は​ない+。災難​の​日​に​その​生き残っ​た​者​たち​を​引き渡す​べき​で​も​ない+ 15  あらゆる​国​の​民​に​対する​エホバ​の​日​が​近い​*から​で​ある+。あなた​が​し​た​とおり​に​あなた​に​対し​て​も​行なわ​れる+。あなた​の​加え​た​仕打ち​が​あなた​自身​の​頭​に​帰する+ 16  あなた方​が​わたし​の​聖​なる​山​で​飲ん​だ​とおり​に,すべて​の​国​の​民​も​常​に​その​よう​に​し​て​飲み​つづける​の​で​ある+。そして​彼ら​は​まさに​飲ん​で​飲み干し,まるで​い​なかっ​た​か​の​よう​に​なる。 17  「だが,シオン​の​山​に​は​逃れ​て​来る​者​たち​が​いる​で​あろ​う+。そこ​は​必ず​聖​なる​所​と​される​の​で​ある+。そして​ヤコブ​の​家​は​その​取得​す​べき​物​を​取得​し​なけれ​ば​なら​ない*+ 18  また,ヤコブ​の​家​は​火​と​なり+,ヨセフ​の​家​は​炎​と​なら​ね​ば​なら​ない。そして​エサウ​の​家​は​刈り株​と[なる​の​で​ある+]。それ​を​燃え立た​せ,むさぼり食う​の​で​ある。こう​し​て​エサウ​の​家​に​は​生き残る​者​が​い​なく​なる+。エホバ​自ら[これ​を]語っ​た​の​で​ある。 19  そして​彼ら​は​ネゲブ​*を,まさに​エサウ​の​山地​に​属する​所​を+,また​シェフェラ​*を,すなわち​フィリスティア​人​+に​属する​所​を​取得​し​なけれ​ば​なら​ない。さらに​彼ら​は​エフライム​+の​野​と​サマリア​+の​野​を​取得​し​なけれ​ば​なら​ない。そして​ベニヤミン​は​ギレアデ​+を[取得​する​よう​に]。 20  また,この​塁壁​*+の​流刑​者​たち​に​つい​て​も,カナン​人​+の[所有​し​て​い​た]所​は​ザレパテ​+に​至る​まで​イスラエル​の​子​ら​の​もの​と​なる。そして,エルサレム​の​流刑​者,セファラド​に​い​た​者​たち​は,ネゲブ​の​諸​都市​+を​取得​する。 21  「そして,救う​者​たち​*+は​必ず​シオン​の​山​に​*上っ​て​来る+。エサウ​の​山地​を​裁く​ため​で​ある+。こう​し​て​王権​は​エホバ​の​もの​と​され​なけれ​ば​なら​ない+」。

脚注

「大岩​の​隠れ場​に​とどまっ​て,自分​の​住まい​を​高く​し​て​いる​者」,わずか​な​訂正​に​より。
または,「いかに」。ヘ語,エーク。
5​節の​脚注​参照。
「者​たち」。ヘ語,アンシェー。イーシュ​の​複数​形。
「あなた​と​食物​を​共​に​し​て​い​た​者​たち」。字義,「あなた​の​パン[の​者​たち]」。
「一人一人」。ヘ語,イーシュ。
「(あなた​は)その​富​に​手​を​出す​べき​で​は​ない」,訂正​に​よる; マソ本,「あなた方[女性​形]は​その​富​に​突きかかる​べき​で​は​ない」。
または,「エホバ​の​日​は​あらゆる​国​の​民​に​近い」。
「ヤコブ​の​家​は​彼ら​を​所有​し​て​いる​者​たち​を​取得​し​なけれ​ば​なら​ない」,七十訳,シリ訳,ウル訳​と​一致​さ​せ​て,わずか​に​訂正​する​こと​に​より。
または,「南」。すなわち,約束​の​地​の​南部。
または,「低地」。
「この​塁壁」。ヘ語,ハヘール​・​ハッゼ。
「救う​者​たち」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,「救わ​れ​た​人々」; シリ訳,「請け戻さ​れ​た​者​たち」。
「シオン​の​山​に」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「シオン​の​山​から」。