内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エレミヤ 8:1‐22

8  「その​時」と,エホバ​は​お告げ​に​なる,「人々​は​また,ユダ​の​王​たち​の​骨,その​君​たち​の​骨,祭司​たち​の​骨,預言​者​たち​の​骨,エルサレム​の​住民​の​骨​を​それぞれ​の​墓​から​持ち出す​で​あろ​う+  そして​彼ら​は,自分​たち​が​愛し,仕え,その​後​に​従っ​て​歩み+,求め,身​を​かがめ​た​+太陽,月,天​の​全軍​に​向かっ​て​実際​に​それら​を​広げる​で​あろ​う。それら​は​集め​られ​ず,葬ら​れる​こと​も​ない。それら​は​地面​の​肥やし​の​よう​に​なる+」。  「この​悪い​家族​の​うち​の​残っ​て​いる​者​の​すべて​の​残り​の​者​たち​に​は,わたし​が​追い散らす​残っ​て​いる​者​たち​の​いる​すべて​の​場所​で+,命​より​も​死​が​必ず​選ば​れる​で​あろ​う+」と,万軍​の​エホバ​は​お告げ​に​なる。  「そして,あなた​は​彼ら​に​言わ​なけれ​ば​なら​ない,『エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「人々​は​倒れ​たら,再び​起き上がら​ない​だろ​う​か+。もし​ひとり​が​立ち返る​なら,他​の​者​も​立ち返る​の​で​は​ない​だろ​う​か+  この​民​エルサレム​が​いつ​まで​も​続く​不​忠実​さ​を​もっ​て​不​忠実​な​の​は​どうして​か。彼ら​は​たばかり​を​とらえ+,立ち返る​こと​を​拒ん​だ+  わたし​は​注意​を​払い+,ずっ​と​聴い​て​い​た+。彼ら​が​話し​つづける​事柄​は​正しく​なかっ​た。『わたし​は​何​と​いう​こと​を​し​た​の​か』と​言っ​て,自分​の​悪​を​悔い改める​者​は​だれ​も​い​なかっ​た+。各々​戦闘​に​突進​する​馬​の​よう​に,みんな​の​道​へ​戻っ​て​行く+  天​の​こうのとり​さえ ― その​定め​られ​た​時​を​よく​知っ​て​いる+。やまばと+,あまつばめ,ブルブル ― それら​も​各々​自分​の​やっ​て​来る​時​を​よく​守る。しかし​わたし​の​民​は​と​いう​と,彼ら​は​エホバ​の​裁き​を​知る​よう​に​は​なら​なかっ​た+」』。  「『どうして​あなた方​は,「わたしたち​は​賢く,エホバ​の​律法​も​わたしたち​と​共​に​ある+」と​言える​の​か。確か​に​今,書記​官​の​偽り​の​尖筆​+は​全き​偽り​の​うち​に​働い​た。  賢い​者​たち​は​恥じ​た+。彼ら​は​恐れおののい​た。そして​捕らえ​られる​で​あろ​う。見よ,彼ら​は​エホバ​の​言葉​を​退け​た​の​だ。それ​で​どんな​知恵​が​彼ら​に​ある​と​いう​の​か+ 10  それゆえ,わたし​は​彼ら​の​妻​を​他人​に,彼ら​の​畑​を[それ​を]手​に​入れる​者​に​与える​で​あろ​う+。最も​小​なる​者​から​最も​大​なる​者​に​至る​まで,各々​不当​な​利得​を​得​て​いる​から​で​ある+。預言​者​から​祭司​に​至る​まで,各々​偽り​の​行動​を​し​て​いる​の​で​ある+ 11  そして​彼ら​は​わたし​の​民​の​娘​の​崩壊​*を​軽く​*いやそ​う​と​し​て+,平和​が​ない​の​に,「平和​だ! 平和​だ!」と​言う*+ 12  彼ら​は​忌む​べき​こと​を​行なっ​た​ため​に​恥じ​た​で​あろ​う​か+。彼ら​は​少し​も​恥じる​こと​なく,恥辱​を​感じる​こと​さえ​知ら​なかっ​た+ 「『それゆえ,彼ら​は​倒れ​て​ゆく​者​たち​の​中​で​倒れる。彼ら​は​注意​を​向け​られる​時+,つまずく​で​あろ​う』と,エホバ​は​言わ​れ​た+ 13  「『取り入れ​を​行なう​とき,わたし​は​彼ら​を​終わり​に​至ら​せる*』と,エホバ​は​お告げ​に​なる+。『ぶどう​の​木​に​は​ぶどう​が​なく+,いちじく​の​木​に​は​いちじく​が​なく,葉​も​必ず​枯れる​で​あろ​う。そして,わたし​が​彼ら​に​与える​もの​は​彼ら​を​通り過ぎ​て​行く』」。 14  「どうして​わたしたち​は​じっ​と​座っ​て​いる​の​か。あなた方​は​集まれ。そして,防備​の​施さ​れ​た​都市​に​入っ​て​行き+,そこで​沈黙​し​て​い​よう。わたしたち​の​*エホバ​ご自身​が​わたしたち​を​沈黙​さ​せ​られ​た​*から​だ+。そして,わたしたち​に​毒​の​水​を​飲ませ​られる+。それ​は​わたしたち​が​エホバ​に​対し​て​罪​を​おかし​た​から​だ。 15  平安​を​待ち望ん​で​い​た​が,良い​こと​は​何​も[来]なかっ​た+。いやし​の​時​を[待ち望ん​で​い​た]が,見よ,恐怖​が[来​た+]! 16  ダン​+から​彼​の​馬​が​鼻​を​鳴らす​の​が​聞こえ​た。その​雄馬​の​いななく​声​の​ため​に,全土​が​激動​し​はじめ​た+。そして,彼ら​は​入っ​て​来​て,その​地​と​それ​に​満ちる​もの,都市​と​その​住民​を​食い尽くす」。 17  「いま​わたし​は​あなた方​の​中​に,まじない​+の​きか​ない​蛇,毒へび​を​送り込み+,それ​は​必ず​あなた方​を​かむ​の​で​ある」と,エホバ​は​お告げ​に​なる。 18  治す​こと​の​でき​ない​悲嘆​が​わたし​の​うち​に​起こっ​た+。わたし​の​心​は​病ん​で​いる。 19  遠く​の​地​から+,わたし​の​民​の​娘​が​助け​を​求める​叫び声​が​する。「エホバ​は​シオン​に​おら​れ​ない​の​です​か+。その​王​は​その​中​に​おら​れ​ない​の​です​か+」と。 「彼ら​が​その​彫像​に​よっ​て,その​むなしい​異国​の​神々​に​よっ​て​わたし​を​怒らせ​た​の​は​どうして​か+」。 20  「収穫​は​過ぎ,夏​は​終わっ​た。しかし,この​わたしたち​は​救わ​れ​なかっ​た+!」 21  わたし​の​民​の​娘​の​崩壊​+の​ため​に,わたし​は​打ち砕か​れ​た+。わたし​は​悲しん​だ。全く​の​驚がく​が​わたし​を​捕らえ​た+ 22  ギレアデ​に​バルサム​は​ない​の​か+。また,そこ​に​は​いやす​者​が​い​ない​の​か+。では,わたし​の​民​の​娘​の​回復​+が​生じ​なかっ​た​の​は​どうして​か+

脚注

または,「娘​の​破砕」。
または,「表面​的​に」。
6:14,「言う」の​脚注​参照。
「取り入れ​を​行なう​とき,わたし​は​彼ら​を​終わり​に​至ら​せる」。マソ本​を​変える​こと​に​より,「わたし​が​間違い​なく​彼ら​を​集める[とき]」。
「わたしたち​の​」。ヘ語,エローヘーヌー。
または,「わたしたち​を​無​活動​に​させ​られ​た」。すなわち,わたしたち​を​滅びる​よう​に​され​た。