内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 8:1‐22

8  「その時」と,エホバお告げなる,「人々また,ユダたち骨,そのたち骨,祭司たち骨,預言たち骨,エルサレム住民それぞれから持ち出すあろ+  そして彼らは,自分たち愛し,仕え,その従っ歩み+,求め,身かがめ+太陽,月,天全軍向かっ実際それら広げるあろう。それら集められず,葬られることない。それら地面肥やしようなる+」。  「この悪い家族うち残っいるすべて残りたちは,わたし追い散らす残っいるたちいるすべて場所+,命より必ず選ばれるあろ+」と,万軍エホバお告げなる。  「そして,あなた彼ら言わなけれならない,『エホバこのよう言わた。「人々倒れたら,再び起き上がらないだろ+。もしひとり立ち返るなら,他立ち返るないだろ+  このエルサレムいつまで続く忠実もっ忠実どうしてか。彼らたばかりとらえ+,立ち返ること拒ん+  わたし注意払い+,ずっ聴い+。彼ら話しつづける事柄正しくなかった。『わたしいうことか』と言って,自分悔い改めるだれなかっ+。各々戦闘突進するように,みんな戻っ行く+  天こうのとりさえ ― その定められよく知っいる+。やまばと+,あまつばめ,ブルブル ― それら各々自分やっ来るよく守る。しかしわたしいうと,彼らエホバ裁き知るようならなかっ+」』。  「『どうしてあなた方は,「わたしたち賢く,エホバ律法わたしたちある+」と言えるか。確か今,書記偽り尖筆+全き偽りうち働いた。  賢いたち恥じ+。彼ら恐れおののいた。そして捕らえられるあろう。見よ,彼らエホバ言葉退けだ。それどんな知恵彼らあるいう+ 10  それゆえ,わたし彼ら他人に,彼らを[それを]手入れる与えるあろ+。最もなるから最もなる至るまで,各々不当利得いるからある+。預言から祭司至るまで,各々偽り行動いるある+ 11  そして彼らわたし崩壊*軽く*いやそ+,平和ないに,「平和だ! 平和だ!」と言う*+ 12  彼ら忌むべきこと行なっため恥じあろ+。彼ら少し恥じることなく,恥辱感じることさえ知らなかっ+ 「『それゆえ,彼ら倒れゆくたち倒れる。彼ら注意向けられる+,つまずくあろう』と,エホバ言わ+ 13  「『取り入れ行なうとき,わたし彼ら終わり至らせる*』と,エホバお告げなる+。『ぶどうぶどうなく+,いちじくいちじくなく,葉必ず枯れるあろう。そして,わたし彼ら与えるもの彼ら通り過ぎ行く』」。 14  「どうしてわたしたちじっ座っいるか。あなた方集まれ。そして,防備施さ都市入っ行き+,そこで沈黙よう。わたしたち*エホバご自身わたしたち沈黙られ*から+。そして,わたしたち飲ませられる+。それわたしたちエホバ対しおかしからだ。 15  平安待ち望んが,良いことも[来]なかっ+。いやしを[待ち望んた]が,見よ,恐怖が[来+]! 16  ダン+から鳴らす聞こえた。その雄馬いななくために,全土激動はじめ+。そして,彼ら入って,そのそれ満ちるもの,都市その住民食い尽くす」。 17  「いまわたしあなた方に,まじない+きかない蛇,毒へび送り込み+,それ必ずあなた方かむある」と,エホバお告げなる。 18  治すことできない悲嘆わたしうち起こっ+。わたし病んいる。 19  遠くから+,わたし助け求める叫び声する。「エホバシオンおらないです+。そのそのおらないです+」と。 「彼らその彫像よって,そのむなしい異国神々よっわたし怒らせどうして+」。 20  「収穫過ぎ,夏終わった。しかし,このわたしたち救わなかっ+!」 21  わたし崩壊+ために,わたし打ち砕か+。わたし悲しんだ。全く驚がくわたし捕らえ+ 22  ギレアデバルサムない+。また,そこいやすない+。では,わたし回復+生じなかっどうして+

脚注

または,「娘破砕」。
または,「表面に」。
6:14,「言う」の脚注参照。
「取り入れ行なうとき,わたし彼ら終わり至らせる」。マソ本変えることより,「わたし間違いなく彼ら集める[とき]」。
「わたしたち」。ヘ語,エローヘーヌー。
または,「わたしたち活動させられた」。すなわち,わたしたち滅びるようされた。