内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エレミヤ 6:1‐30

6  ベニヤミン​の​子​ら​よ,あなた方​は​エルサレム​の​中​から​避難​せよ。テコア​+で​角笛​*を​吹き鳴らせ+。また,ベト​・​ハケレム​+に​合図​の​火​を​上げよ。災い​が,大いなる​崩壊​が​北​から​見下ろし​た​から​で​ある+  まこと​に,シオン​の​娘​は​麗しく,優雅​に​育っ​た​女​の​よう​に​なっ​た+  羊飼い​たち​と​その​群れ​が​彼女​の​もと​に​やっ​て​来​た。彼ら​は​これ​に​向かっ​て​その​周り​に[自分​たち​の]天幕​を​張っ​た+。彼ら​は​各々​自分​の​箇所[の​もの]を​食べ​た+  彼ら​は​これ​に​向かっ​て​戦い​を​神聖​な​もの​と​し​た+。「立ち上がれ。我々​は​真昼​に​上っ​て​行こ​う+!」 「我々​は​災い​だ! 日​が​傾い​た​から​だ。夕方​の​影​が​伸び​て​き​て​いる​から​だ」。  「立ち上がれ。我々​は​夜​の​うち​に​上っ​て​行き,その​住まい​の​塔​を​滅び​に​陥れ​よう+」。  万軍​の​エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た​から​で​ある。「木​*を​切り倒し+,エルサレム​に​向かっ​て​攻囲​の​塁壁​を​盛り上げよ+。彼女​は​必ず​言い開き​を​求め​られる​都市​で​ある+。彼女​は​その​中​に​ある​虐げ​以外​の​何もの​で​も​ない+  水溜め​が​その​水​を​冷たく​保つ​よう​に,彼女​も​その​悪​を​冷たく​保っ​た。暴虐​と​奪略​が​その​中​で​聞か​れる+。病気​と​災厄​が​絶え​ず​わたし​の​顔​の​前​に​ある。  エルサレム​よ,矯正​を​受けよ+。わたし​の​魂​が​嫌悪​の​念​を​抱い​て​あなた​から​離れ​て​行く​こと​の​ない​ため+,わたし​が​あなた​を​荒れ果て​た​所,人​の​住ま​ない​地​と​する​こと​の​ない​ため​で​ある+」。  万軍​の​エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「彼ら​は​ぶどう​の​木​の​採り残し​に​する​よう​に,イスラエル​の​残り​の​者​を​必ず​摘み集める​で​あろ​う+。ぶどう​を​集め​て​いる​者​の​よう​に,あなた​の​手​を​ぶどう​の​巻きひげ​の​上​に​戻せ」。 10  「わたし​は​だれ​に​話し,警告​を​与え​て,聞か​せ​ましょ​う​か。ご覧​ください,彼ら​の​耳​は​割礼​を​受け​て​い​ませ​ん。それで,彼ら​は​注意​を​払う​こと​が​でき​ない​の​です+。ご覧​ください,エホバ​の​言葉​が​彼ら​に​とっ​て​は​そしり​と​なり​まし​た+。彼ら​は​その*[言葉]を​喜ぶ​こと​が​でき​ませ​ん+ 11  それで,わたし​は​エホバ​の​激しい​怒り​で​いっぱい​に​なり​まし​た。わたし​は​抑える​の​に​うみ疲れ​まし​た+」。 「ちまた​に​いる​子供​と,若者​たち​の​親密​な​集い​と​の​上​に,同時​に[それ​を]注ぎ出せ+。彼ら​も​また,人​*は​その​妻​*と​共​に,老人​は​日数​の​満ち​た​者​と​共​に​捕らえ​られる​から​で​ある+ 12  そして,彼ら​の​家​は​必ず​他​の​者​たち​に​渡さ​れ​て​その​所有​と​なる。畑​も​妻​も​同時​に​で​ある+。わたし​は​その​地​の​住民​に​向かっ​て​手​を​伸ばす​から​で​ある」と,エホバ​は​お告げ​に​なる+ 13  「それ​は,彼ら​の​うち​の​最も​小​なる​者​から​彼ら​の​うち​の​最も​大​なる​者​に​至る​まで,すべて​の​者​が​自分​の​ため​に​不当​な​利得​を​得​て​いる​から​で​ある+。預言​者​から​祭司​に​至る​まで,それぞれ​偽り​の​行動​を​し​て​いる​の​で​ある+ 14  そして,彼ら​は​わたし​の​民​の​崩壊​*を​軽く​*いやそ​う​と​し​て+,平和​が​ない​の​に+,『平和​だ! 平和​だ!』と​言う* 15  彼ら​は​自分​たち​の​し​た​こと​が​忌む​べき​もの​で​あっ​た​の​で,恥じ​た​で​あろ​う​か+。彼ら​は​少し​も​恥じる​こと​なく,恥辱​を​感じる​こと​さえ​知る​よう​に​は​なら​なかっ​た+。それゆえ,彼ら​は​倒れ​て​ゆく​者​たち​の​中​で​倒れる+。わたし​が​彼ら​に​言い開き​を​求め​なけれ​ば​なら​ない​その​時​に,彼ら​は​つまずく​で​あろ​う」と,エホバ​は​言わ​れ​た。 16  エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「あなた方​は​道​の​中​で​立ち止まり,見​て,昔​の​通り道​を,今,その​良い​道​が​どこ​に​ある​か​を​求め​よ+。その​中​を​歩み+,あなた方​の​魂​の​ため​に​安らぎ​を​見いだせ+」。しかし​彼ら​は,「わたしたち​は​歩み​ませ​ん+」と​言い​つづけ​た。 17  「そして​わたし​は​あなた方*の​上​に​見張り​の​者​たち​+を​立て​た。『角笛​の​音​に​注意​を​払え+!』と」。しかし​彼ら​は,「わたしたち​は​注意​を​払い​ませ​ん+」と​言い​つづけ​た。 18  「諸国​の​民​よ,それゆえ,聞け。そして,集まっ​た​者​たち​よ,彼ら​の​中​に​何​が​起こる​か​を​知れ。 19  地​よ,聴け! いま​わたし​は​この​民​の​上​に​彼ら​の​考え​の​実​と​し​て​+災い​を​もたらす+。彼ら​は​わたし​自身​の​言葉​に​注意​を​払わ​なかっ​た​から​で​ある。わたし​の​律法 ― 彼ら​は​それ​を​も​退け​つづけ​た+」。 20  「あなた​が​シェバ​+から​乳香​を,遠い​地​から​良い​籐​*を​持っ​て​来​て​も,それ​が​わたし​に​何​に​なる​と​いう​の​か。あなた方​の​全​焼燔​の​捧げ物​は​何​の​楽しみ​も​もたらさ​ない+。また,あなた方​の​犠牲​も​わたし​に​とっ​て​喜び​と​は​なら​なかっ​た+」。 21  それゆえ,エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「いま​わたし​は​この​民​の​ため​に​つまずき​の​もと​+を​置く。彼ら​は​父​も​子​も​共​に​必ず​それ​に​つまずく。隣人​と​その​友 ― 彼ら​は​滅びうせる​で​あろ​う+」。 22  エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「見よ,ひとつ​の​民​が​北​の​地​から​やっ​て​来る。地​の​最果て​から​来る,目覚め​させ​られ​た​大いなる​国民​が​いる+ 23  彼ら​は​弓​と​投げ槍​を​つかむ+。それ​*は​残虐​な[民]で​あり,彼ら​は​哀れむ​こと​を​し​ない。その​声​は​海​の​よう​に​響き渡り+,彼ら​は​馬​に​乗る+。シオン​の​娘​よ,それ​は​戦人​の​よう​に​戦闘​隊形​を​整え​て​あなた​を​攻める+」。 24  わたしたち​は​それ​*に​つい​て​の​うわさ​を​聞い​た。わたしたち​の​手​は​垂れ下がっ​た+。苦難​が​わたしたち​を​捕らえ​た。子​を​産む​女​の​よう​な​陣痛​が+ 25  畑​に​出​て​行く​な*。道​を​歩く​な。敵​の​剣​が​あり,周囲​に​怖れ​が​ある​から​で​ある+ 26  わたし​の​民​の​娘​よ,粗布​を​まとい+,灰​の​中​で​転げ回れ+。あなた​の​嘆き悲しみ​を​一​人[息子]に​対する​もの,悲痛​な​どうこく​と​せよ+。奪略​を​行なう​者​が​突然​わたしたち​を​襲う​から​で​ある+ 27  「わたし​は​あなた​*を,わたし​の​民​の​中​で,金属​を​試す​者,徹底​的​に​調べる​者​*と​し​た。あなた​は​彼ら​の​道​に​留意​し,それ​を​調べ​*なけれ​ば​なら​ない+ 28  彼ら​は​みな​極めて​強情​な​者​*で​あり+,中傷​する​者​と​し​て​歩き回る+ ― 銅​と​鉄​で​ある。彼ら​は​みな​破滅​を​来たす​者​で​ある+ 29  ふいご​+は​焦がさ​れ​た*。その​火​の​中​から​出​て​来る​の​は​鉛​で​ある+。徹底​的​に​精錬​し​つづけ​た​が,それ​は​全く​の​徒労​に​終わり,悪い​者​たち​は​分離​さ​れ​なかっ​た+ 30  人々​は​彼ら​の​こと​を​必ずや,退け​られ​た​銀​と​呼ぶ​で​あろ​う+。エホバ​が​彼ら​を​退け​られ​た​から​で​ある+」。

脚注

または,「ショファル」。
「木」,マソ本,タル; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「彼女​の​木々」。
「その」。前​の​文​の「言葉」を​指し​て​おり,両方​と​も​男性​単数​形。
または,「夫」。ヘ語,イーシュ。
または,「女」。ヘ語,イッシャー。
または,「民​の​破砕」。
または,「表面​的​に」。
または,「『完全​な​平和​だ!』と​言う」。字義,「『平和! 平和!』と​言う」。イザ 26:3,「平和​の​うち​に」の​脚注​参照。
「あなた方」,マソ本,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳; 二つ​の​ヘブライ​語​写本,「彼ら」。
「良い​籐」。または,「芳香​を​放つ​籐」。
「それ」。すなわち,「民」または「国民」。
23​節の​脚注​参照。
「出​て​行く​な」,女性​形。23​節の​シオン​の「娘」に​語りかけ​られ​て​いる。
「あなた」,男性​単数​形。
「徹底​的​に​調べる​者」(ぶどう​を​取り集める​者​の​よう​に),母音​符号​の​打ち方​を​変える​こと​に​よる; マソ本,「防備​の​施さ​れ​た​場所​の​よう​に」。
または,「分析​し」。
「極めて​強情​な​者」。字義,「強情​な​者​たち​の​不機嫌​な​者​たち」。
「焦がさ​れ​た」,ヘブライ​語​動詞​の​一つ​の​派生​形​に​よる; 別​の​語​の​派生​形​と​取れ​ば,「鼻息​を​荒く​し​た」。