内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 6:1‐30

6  ベニヤミンよ,あなた方エルサレムから避難せよ。テコア+角笛*吹き鳴らせ+。また,ベトハケレム+合図上げよ。災いが,大いなる崩壊から見下ろしからある+  まことに,シオン麗しく,優雅育っようなっ+  羊飼いたちその群れ彼女もとやった。彼らこれ向かっその周りに[自分たちの]天幕張っ+。彼ら各々自分箇所[のもの]を食べ+  彼らこれ向かっ戦い神聖もの+。「立ち上がれ。我々真昼上っ行こ+!」 「我々災いだ! 日傾いからだ。夕方伸びいるからだ」。  「立ち上がれ。我々うち上っ行き,その住まい滅び陥れよう+」。  万軍エホバこのよう言わからある。「木*切り倒し+,エルサレム向かっ攻囲塁壁盛り上げよ+。彼女必ず言い開き求められる都市ある+。彼女そのある虐げ以外何ものない+  水溜めその冷たく保つように,彼女その冷たく保った。暴虐奪略その聞かれる+。病気災厄絶えわたしある。  エルサレムよ,矯正受けよ+。わたし嫌悪抱いあなたから離れ行くことないため+,わたしあなた荒れ果て所,人住まないすることないためある+」。  万軍エホバこのよう言わた。「彼らぶどう採り残しするように,イスラエル残り必ず摘み集めるあろ+。ぶどう集めいるように,あなたぶどう巻きひげ戻せ」。 10  「わたしだれ話し,警告与えて,聞かましょか。ご覧ください,彼ら割礼受けません。それで,彼ら注意払うことできないです+。ご覧ください,エホバ言葉彼らとっそしりなりまし+。彼らその*[言葉]を喜ぶことできませ+ 11  それで,わたしエホバ激しい怒りいっぱいなりました。わたし抑えるうみ疲れまし+」。 「ちまたいる子供と,若者たち親密集いに,同時に[それを]注ぎ出せ+。彼らまた,人*その*に,老人日数満ち捕らえられるからある+ 12  そして,彼ら必ずたち渡さその所有なる。畑同時ある+。わたしその住民向かっ伸ばすからある」と,エホバお告げなる+ 13  「それは,彼らうち最もなるから彼らうち最もなる至るまで,すべて自分ため不当利得いるからある+。預言から祭司至るまで,それぞれ偽り行動いるある+ 14  そして,彼らわたし崩壊*軽く*いやそ+,平和ない+,『平和だ! 平和だ!』と言う* 15  彼ら自分たちこと忌むべきものあっで,恥じあろ+。彼ら少し恥じることなく,恥辱感じることさえ知るようならなかっ+。それゆえ,彼ら倒れゆくたち倒れる+。わたし彼ら言い開き求めなけれならないそのに,彼らつまずくあろう」と,エホバ言わた。 16  エホバこのよう言わた。「あなた方立ち止まり,見て,昔通り道を,今,その良いどこある求め+。その歩み+,あなた方ため安らぎ見いだせ+」。しかし彼らは,「わたしたち歩みませ+」と言いつづけた。 17  「そしてわたしあなた方*見張りたち+立てた。『角笛注意払え+!』と」。しかし彼らは,「わたしたち注意払いませ+」と言いつづけた。 18  「諸国よ,それゆえ,聞け。そして,集まったちよ,彼ら起こる知れ。 19  地よ,聴け! いまわたしこの彼ら考え+災いもたらす+。彼らわたし自身言葉注意払わなかっからある。わたし律法 ― 彼らそれ退けつづけ+」。 20  「あなたシェバ+から乳香を,遠いから良い*持っも,それわたしなるいうか。あなた方焼燔捧げ物楽しみもたらさない+。また,あなた方犠牲わたしとっ喜びならなかっ+」。 21  それゆえ,エホバこのよう言わた。「いまわたしこのためつまずきもと+置く。彼ら必ずそれつまずく。隣人その友 ― 彼ら滅びうせるあろ+」。 22  エホバこのよう言わた。「見よ,ひとつからやっ来る。地最果てから来る,目覚めさせられ大いなる国民いる+ 23  彼ら投げ槍つかむ+。それ*残虐な[民]であり,彼ら哀れむことない。そのよう響き渡り+,彼ら乗る+。シオンよ,それ戦人よう戦闘隊形整えあなた攻める+」。 24  わたしたちそれ*ついうわさ聞いた。わたしたち垂れ下がっ+。苦難わたしたち捕らえた。子産むよう陣痛+ 25  畑行く*。道歩くな。敵あり,周囲怖れあるからある+ 26  わたしよ,粗布まとい+,灰転げ回れ+。あなた嘆き悲しみ人[息子]に対するもの,悲痛どうこくせよ+。奪略行なう突然わたしたち襲うからある+ 27  「わたしあなた*を,わたしで,金属試す者,徹底調べる*た。あなた彼ら留意し,それ調べ*なけれならない+ 28  彼らみな極めて強情*あり+,中傷する歩き回る+ ― 銅ある。彼らみな破滅来たすある+ 29  ふいご+焦がさ*。そのから来るある+。徹底精錬つづけが,それ全く徒労終わり,悪いたち分離なかっ+ 30  人々彼らこと必ずや,退けられ呼ぶあろ+。エホバ彼ら退けられからある+」。

脚注

または,「ショファル」。
「木」,マソ本,タル; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「彼女木々」。
「その」。前の「言葉」を指しおり,両方男性単数形。
または,「夫」。ヘ語,イーシュ。
または,「女」。ヘ語,イッシャー。
または,「民破砕」。
または,「表面に」。
または,「『完全平和だ!』と言う」。字義,「『平和! 平和!』と言う」。イザ 26:3,「平和うちに」の脚注参照。
「あなた方」,マソ本,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳; 二つヘブライ写本,「彼ら」。
「良い籐」。または,「芳香放つ籐」。
「それ」。すなわち,「民」または「国民」。
23脚注参照。
「出行くな」,女性形。23シオンの「娘」に語りかけられいる。
「あなた」,男性単数形。
「徹底調べる者」(ぶどう取り集めるように),母音符号打ち方変えることよる; マソ本,「防備施さ場所ように」。
または,「分析し」。
「極めて強情者」。字義,「強情たち不機嫌たち」。
「焦がさた」,ヘブライ動詞一つ派生よる; 別派生取れば,「鼻息荒くた」。