内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 52:1‐34

52  ゼデキヤ+はじめき,二十一+,エルサレム十一治め+。そして,彼ハムタル+いい,リブナ+エレミヤあった。  そしては,すべてエホヤキム+行なっように,エホバ悪いこと行ない続け+  エルサレムユダこれは,エホバ怒りよるもので,ついに[]はみ顔から彼ら投げ捨てられからあっ+。そして,ゼデキヤバビロン逆らうようなっ+  ついに,彼あっ+,第月,そのに,バビロンネブカドレザルは,彼その軍勢は,エルサレム攻め+これ向かっ陣営張り,これ向かっ周囲攻囲築きはじめある+  こうて,都ゼデキヤ十一至るまで包囲れることなっ+  第月,その+,市飢きんひどくなり,このため*パンなくなっ+  ついに破ら+,戦人みなうち逃げはじめ+,王傍らある城壁通っから行くようなっ+。一方,カルデアこの囲んた。彼らアラバ+通っ進ん行った。  それで,カルデア軍勢追っ行き+,エリコ砂漠平原ゼデキヤ追いつい+。彼軍勢みなそばから散っ+  そこで捕らえ,ハマト+リブラ+いるバビロンところ連れ上っ+。[王]が司法決定下すためあっ+ 10  そして,バビロンゼデキヤその打ち殺し+,また,ユダすべてたちリブラ打ち殺し+ 11  そしてゼデキヤ盲目+,その後,バビロン足かせ掛けバビロン連れ行き+,その至るまで拘禁入れた。 12  そして,第月,その日,すなわちバビロン王,ネブカドレザル十九+[に],バビロン立つ護衛ネブザラダン+エルサレム入った。 13  そして,彼エホバ+エルサレムすべて焼い+。大いなるすべて焼いある+ 14  また,護カルデア軍勢は,エルサレム周囲すべて城壁取り壊し+ 15  そして,護ネブザラダンは,民立場低いたち一部,市残さ残り+,バビロン投じ脱走たち,優れ職人残りたち流刑処し+ 16  ただし,護ネブザラダンは,この立場低いたち一部ぶどう栽培強制労働残し+ 17  また,カルデアは,エホバものあっ+と,運び台+と,エホバあっ+粉々砕いて,そのみなバビロン運ん行っ+ 18  また,缶,シャベル+,明かり消し+,鉢+,杯,および奉仕するため用いすべて器具奪っ+ 19  また,護純粋+でき水盤+,火取り皿,鉢+,缶,燭台+,杯,鉢,および純粋+できもの奪っ+ 20  そして,ソロモンエホバため造っ++,一つ+,[そのの]下ある十二雄牛+,運び台*。それら ― このすべて器物 ― の重さは[量られ]なかっ+ 21  そして関しは,各々高さ十八キュビト*+,これ囲む十二キュビト要り+,その厚さ指幅*あり,中空なった。 22  そして,その柱頭できおり+,一つ柱頭高さキュビトあっ+。柱頭の,周囲細工ざくろ+ついは,その全体できおり,二も,これら全く同様ものあり,ざくろまたそうあっ+ 23  そして,ざくろ*九十六あり,周り細工ざくろ全部あっ+ 24  その,護衛祭司セラヤ+次位祭司ゼパニヤ+入口守る+捕らえ, 25  戦事務あっ廷臣と,市内見つけられた,王接することできるたちうち*+と,この*召集するある,軍書記と,市見つけられこのうち六十*から捕らえ行っ+ 26  こうて,護ネブザラダン+これら捕らえて,リブラいるバビロンところ連れ行っ+ 27  そして,バビロンハマト+リブラこれら討ち倒し+,彼ら殺し+。こうて,ユダその土地から流刑なっ去っ行っ+ 28  これらネブカドレザル処しある。第に,三千二十三ユダヤ+ 29  ネブカドレザル十八+,エルサレムから八百三十二あった。 30  ネブカドレザル二十三に,護衛ネブザラダンユダヤ流刑処した。七百四十五あっ+ その全部四千六百あっ* 31  ついに,ユダエホヤキン+流刑三十七目,第十二月,その二十五なって,バビロンエビルメロダクは,自分なっ*そのに,ユダエホヤキン上げ+,彼獄屋から出した。 32  そして,彼良いこと語りはじめ,その*バビロンた[他の]王たちより高くするようなっ+ 33  こうて,彼獄衣脱ぎ*+,その一生いつも+[王]のパン食べ+ 34  そして,彼支給ついは,その死ぬまで,その一生間,支給日々*いつもバビロンから与えられ+

脚注

「このための」。ヘ語,レアム ハーアーレツ
「[そのの]下ある十二雄牛,運び台」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,「そのある十二雄牛」; シリ訳,「そのある十二雄牛」。
1キュビト44.5相当た。
1指幅1.85相当た。
字義,「風に」。
字義,「王見るたちからの」。
「この」。ヘ語,アム ハーアーレツ
「人」。ヘ語,イーシュ。
七十訳二 2528‐30内容省いいる。
「自分なった」。字義,「その王政」。ヘ語,マルクトー。
または,「席」。
「脱ぎ」。字義,「変え」。
「日々て」。字義,「一日そのに」。