内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 51:1‐64

51  エホバこのよう言わた。「いまわたしバビロン+レブカマイ*住民て,破滅来たす奮い立たせる+  わたしバビロンあおり分けるたちを,すなわちこれ必ずあおり分けそのないするたち遣わす+。彼ら災い実際四方からこれ攻めるなるからある+  「弓踏む踏むことする+。また,だれその小札かたびら着け起こすな。 「また,あなた方その若者たち同情する+。その全軍滅びためささげ+  そして,彼ら必ずカルデア打ち殺さ倒れ+,そのちまた刺し通される+  「イスラエルユダ+は,自分たちから,万軍エホバから,やもめ*されないからある+。それらたちは,イスラエルなる見地から罪科満ちいるからある+  「バビロンから逃げよ+。各々自分逃れさせよ+。そのとがため生命ないものされ*ならない+。これエホバ復しゅうからある+。[]がこれ返す仕打ちある+  バビロンエホバみ手ある黄金あっ+。彼女*全地酔わせるあっ+。その*ぶどうから国民飲ん+。それゆえに,諸国民狂っよう行動つづける+  突然バビロン倒れて,砕か+。あなた方彼女ため泣きわめけ+。彼女痛みためバルサム取れ+。もしかすると,彼女いやされるしれない」。  「わたしたちバビロンいやしあろものを。だが,彼女いやさなかった。あなた方彼女捨てよ+。わたしたち各々自分行こ+。その裁きまで達し,雲かかっまで上げられからある+ 10  エホバわたしたちため行ない持ち出さ+。行って,シオンわたしたちエホバ詳しく話そ+」。 11  「矢磨け+。人々よ,円盾満たせ。エホバメディアたち奮い起こさ+。その考えは,バビロン向けられいるからある+。これ滅び陥れるためある。それエホバ復しゅう,その神殿ため復しゅうからある+ 12  バビロン城壁向かっじるし*掲げよ+。見張り*強化せよ+。見張りたち*配置せよ。待ち伏せするたち+備えよ。エホバその考え起こさだけなく,バビロン住民対し語っこと実行れるからある+」。 13  「豊か住み+,財宝富む+よ,あなた終わりが,あなた営利限り++ 14  万軍エホバご自分かけ*誓っ+,『わたしあなたを,いなご*ように,人*満たす+。彼らあなた向かっ必ず大声出し叫ぶあろ+』。 15  []はそのよっ造っ+,その知恵よっ+産出*堅く立て+,その理解よっ+張り伸ばしある+ 16  []は[その]声よっ騒ぎ与え,地果て*から蒸気*上らせる+。[]はため水門*造ら+。そして,ご自分から*出される。 17  すべて知ることないほど道理反する振る舞い+。すべて金属細工彫刻ためかくあろ+。その鋳像偽りあり+,そのうち*ないからある+ 18  それらむなしいもの*+,愚弄ある+。それら注意向けられる時,滅びうせるある+ 19  「ヤコブ受け分そのようものない+。それすべてもの形造っ+,実その相続*からある+。その万軍エホバある+ 20  「あなたわたしとっこん棒あり,戦い武器ようものある+。わたしあなたよっ必ず国々打ち砕き,あなたよっもろもろ王国滅び陥れる。 21  また,あなたよっその乗り手打ち砕き,あなたよっ戦車その乗り手打ち砕く+ 22  また,あなたよっ打ち砕き,あなたよっ老人少年打ち砕き,あなたよっ若者処女打ち砕く。 23  また,あなたよっ羊飼いその群れ打ち砕き,あなたよっ農夫そのくびき[の動物]を打ち砕き,あなたよっ総督代理支配打ち砕く。 24  そして,わたしバビロンカルデア*住民に,彼らあなた方前,シオン犯しそのすべて報いる+」と,エホバお告げなる。 25  「破滅来たす+,いまわたしあなた攻める+」と,エホバお告げなる,「全地滅ぼす+。わたしあなた向かっ伸ばし,あなた大岩から転がしのけ,焼き尽くさする+」。 26  「そして,人々ためや,基ためあなたから取ることない+。あなた定めない至るまで荒れ果てなるからある+」と,エホバお告げなる。 27  「人々よ,そのじるし*掲げよ+。諸国民角笛*吹き鳴らせ。これ対し国民神聖ものせよ+。これ対しアララト+,ミニおよびアシュケナズ+王国召集せよ。これ対し徴兵任命せよ。剛毛あるいなご*ように,馬+上っ来させよ。 28  これ対し国民,メディア+たち,その総督すべて代理支配者,および各々*統治全土神聖ものせよ。 29  そして,地激動し,激しい痛み覚えよ+。エホバ考えは,バビロン住むない驚きするため,バビロン向かっ立っからある+ 30  「バビロンあるたち戦うことやめた。彼ら強固場所座りつづけた。その力強さ枯れ+。彼らなっ+。その住居つけられ*。そのかんぬき砕か+ 31  「走者走っ走者会い,報告するは[走って]別報告する会い+,バビロン報告する。彼都市隅々*攻め取ら+ 32  渡り場奪い取ら+,彼らパピルス*焼き,戦人たち動揺られ+,と」。 33  イスラエル,万軍エホバこのよう言わた。「バビロン脱穀よう+。今これ踏み固めるある。もう少しすると,彼女ため収穫必ず来る+」。 34  「バビロンネブカドレザルわたし食い尽くし+。彼わたし混乱投げ込んだ。彼わたし置いた。彼大きなへびよう*わたし呑み込ん+。そのわたし快いもの満たした。わたし*すすぎ落とした。 35  『わたしわたし体[と]に加えられ暴虐バビロン臨むように!』と,シオン住む言うあろ+。『そして,わたしカルデア住民たち臨むように!』と,エルサレム言うあろ+」。 36  それゆえ,エホバこのよう言わた。「いまわたしあなた*訴訟取り上げ+,あなたため必ず復しゅう遂げるあろ+。そして,わたし彼女干上がらせ,その井戸枯らす+ 37  そして,バビロン必ず+,ジャッカル巣穴+,驚き的,[人々て]口笛吹くものなり,住むなくなる+ 38  彼らみなに,たてがみある若いライオンようほえる。彼ら必ずライオンよううなるあろう」。 39  「彼ら熱せられるとき,わたしその宴会設け,彼ら酔わせて,歓喜せる*+。彼ら必ず定めなく続く眠り入り*,それから覚めることない+」と,エホバお告げなる。 40  「わたし彼らを,ほふり場向かうように,雄やぎ雄羊よう下らせる+」。 41  「ああ,シェシャク*攻め取ら+! 全地賛美捕らえられる+! バビロン国民ただ驚きなっしまっ+ 42  海バビロン上った。これそのおびただしい覆わ+ 43  その都市驚き的,水なき地,砂漠平原なっ+。土地て,それら**だれ住まず,人間*だれそこ通らない+ 44  そして,わたしバビロンベル*+注意向け,これ呑み込んものそのから出させる+。そして,諸国民これ流れ込むこともうない+。また,バビロン城壁必ず倒れる+ 45  「わたしよ,彼女から+,各々そのエホバ燃える怒り+から逃れせよ+ 46  さもなければ,あなた方弱くなり+,あなた方その聞かれる知らせため恐れるあろう。そしてうちに,実際知らせて,そのもううちに,地知らせ暴虐あり,支配支配敵する。 47  それゆえ,見よ,日やって,わたしバビロン彫像注意向けるあろ+。その全地かき,その打ち殺さたちその倒れる+ 48  「そして,バビロンことで,天そのすべてもの必ず喜び叫ぶあろ+。北からこれ向かっ奪略行なうたち来るからある+」と,エホバお告げなる。 49  「バビロンは,イスラエル打ち殺さたち倒れるいわれだっだけなく+,そのバビロンで,全地打ち殺さたち倒れ+ 50  「剣逃れたちよ,進ん行け。立ち止まる+。遠くからエホバ覚えよ+。エルサレムあなた方上っ来るよう+」。 51  「わたしたちかい+。そしり聞いから+。辱めわたしたち覆っ+。よそ者エホバなる場所向かっから+」。 52  「それゆえ,見よ,日やっ来る」と,エホバお告げなる,「わたしその彫像注意向け+,刺し通さその全地至るうめくあろ+」。 53  「たとえバビロン昇ろ+,たとえその強さ高み近寄り難いものよう+,わたしもとから奪略行なうたち彼女ところ行くあろ+」と,エホバお告げなる。 54  「聴け,バビロンから叫び+,カルデアから大いなる崩壊ある+ 55  エホババビロン奪略おられ,そのから必ずその大声絶ち滅ぼされるからある+。彼ら大水よう騒ぎ立つ+。彼らざわめき必ず上がる。 56  奪略行なう+必ず彼女を,バビロン襲い,そのあるたち必ず捕らえられるからある+。彼ら必ず打ち砕かれる+。エホバ返報するからある+。[]は必ず返報するあろ+ 57  そして,わたしそのたち賢者,総督,代理支配者,力あるたち酔わせる+。彼ら必ず定めなく続く眠り入り*,それから覚めることない+」と,その万軍エホバいう+お告げなる+ 58  万軍エホバこのよう言わた。「バビロン城壁は,広いいえ,必ず破壊され*+,そのは,高いいえ,火燃え立たされる+。そして,もろもろただいたずら+,国たみただため労さなけれならなくなる+。彼ら自分疲れ果てさせるだけある」。 59  マフセヤ+ネリヤ+セラヤが,ユダゼデキヤ*,[ゼデキヤ]があっバビロン行っとき,預言エレミヤ命じ言葉。セラヤ補給*あった。 60  そして,エレミヤは,バビロン臨むすべて災い,バビロン対し記さこれらすべて言葉一つ書き記しいっ+ 61  その上,エレミヤセラヤ言った,「あなたバビロン行って,[それを]見たらすぐに,これら言葉ことごとく読み上げなけれなりませ+ 62  そして言わなけれなりません,『エホバよ,あなたご自身この場所対し語らました。それこれ断ち滅ぼし,その住むが,人*家畜さえなくなり+,これ定めない至るまでただ荒れ果てなるためです』。 63  そしてこの読み終えたら,あなたこれ結びつけ,ユーフラテス投げ入れなけれなりませ+ 64  そして言わなけれなりません,『このようバビロン沈ん行き,わたしこれもたらす災いために,それ決して起き上がることない+。彼ら必ず自分疲れ果てさせるあろ+』」。 ここまでエレミヤ言葉ある。

脚注

「レブカマイ」。ヘ語,レーヴ カーマーイ,「わたし向かっ立ち上がるたち心」の意。これは,アトバシュ呼ばれる手法よるカルデア(カスディーム)の暗号書記ようある。タル,「カルデア地」; 七十訳,「カルデア人」。25:26脚注参照。
字義,「自分からの,万軍エホバからやもめ」。
または,「そのとがため沈黙られは」。
または,「それ」,女性形。「杯」を指しいる。
または,「彼女の」。
「旗じるし」。ヘ語,ネース。
または,「監視」。
または,「監視たち」。
「ご自分かけて」。ヘ語,ベナフショー; ラ語,ペル アニマム スアム; 七十訳,「ご自分かけて」。付録4イ参照。
または,「はい回るないいなご」。ヨエ 1:4脚注参照。
「人」。ヘ語,アーダーム。
「産出地」。ヘ語,テーヴェール; 七十訳,「人住む地」; ラ語,オルベム,「円」,すなわち,地の。
25:31,33脚注参照。
または,「蒸気満ち雲」。
10:13,「水門溝」の脚注参照。
「風」。ヘ語,ルーアハ; ラ語,ウェントゥム; ギ語,フォース,「光」。
または,「息」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥス。
または,「それら呼気」。
「実に……杖」。または,「実に……部族」。ヘ語,ウェシェーヴェト
「カルデア」,ウル訳; タル,「カルデア地」; マソ本,七十訳,シリ訳,「カルデア人」。
「旗じるし」。ヘ語,ネース。
または,「ショファル」。
「剛毛あるいなご」。または,「剛毛ある,はい回るないいなご」。ヨエ 1:4脚注参照。
字義,「彼の」。
字義,「彼ら(人々)はその住居つけた」。
字義,「隅から」。
「パピルス舟」,わずか訂正よる; マソ本,「沼葦; 葦茂る池」。
または,「彼ように」。
「わたし」,マソ本欄外,タル,シリ訳,ウル訳。
「あなた」,女性単数形。「シオン」または「エルサレム」を指しいる。
「歓喜せる」。訂正より,「気絶倒れせる」; タル,「強くないようさせる」; 七十訳,「動転せる(ぼう然ならせる)」; ウル訳,「まどろませる」。
「彼ら遂げ」,タル。
「バベル」,タル。25:26脚注参照。
「それら」,女性形。「諸都市」を指しいる。
「人」。ヘ語,イーシュ。
または,「人々子」。ヘ語,ベンアーダーム
「ベル」,マソ本,シリ訳,ウル訳; タル,「ベル崇拝たち(僕たち)」。
「彼ら遂げ」,タル。
または,「必ずあらわされ」。
「とに」,マソ本,シリ訳,ウル訳; タル,「の派遣使節一行加わって」; 七十訳,「のもとから」。
字義,「休み場」。ヘ語,サル メヌーハー。
字義,「から」。ヘ語,レメーアーダーム