内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 50:1‐46

50  エホバ預言エレミヤより,バビロン*関し+,カルデア+関し語ら言葉。  「[それを]諸国民告げ,[それを]言い広めよ+。そしてじるし*掲げよ+。[それを]言い広めよ。人々よ,何隠しならない。言え,『バビロン攻め取ら+。ベル*かい+。メロダク恐れおののいた。そのかい+。その糞像恐れおののいた』と。  ひとつ国民からこれ攻め上っから+。それこの驚きするあり,そのため,そこ住むだれなくなる+。人*家畜逃げ去っ+。彼ら去っ行っ+」。  「その日,その+」と,エホバお告げなる,「イスラエルら,彼らユダ来るあろ+。彼ら歩き,歩きながら泣い+,そのエホバ求めるあろ+  シオン向かっ彼ら尋ねつづけ,顔その方向向け+[言うあろう,]『来なさい。忘れられることない,定めなく存続する契約よっエホバ連なろ+』。  わたし滅びうせる生き物群れなっ+。その羊飼いたち彼らさまよわ+。山々それら彼ら連れ去っ+。彼らから行った。彼らその休み場+忘れしまった。  彼ら見いだすたちこれ食い尽くし+,彼ら敵対するたち言っ+,『我々罪科問われることない+。彼ら住まいあるエホバ+に,その父祖たち望みあるエホバ+対しおかしからだ』」。  「バビロンから逃げ去り,カルデアから行け+。群れ先頭立つ動物*ようなれ+  いまわたしから大いなる国々会衆呼び起こし,バビロン攻め上らせる+。彼ら必ず彼女向かっ陣立てするあろ+。彼女そこから攻め取られるあろ+。その子供無きするあるの[矢]のようあり,その成果収め戻らない+ 10  そして,カルデア*必ず分捕りなる+。これ分捕りするみな満ち足りるあろ+」と,エホバお告げなる。 11  「あなた方歓びつづけから+。あなた方わたし相続略奪するとき歓喜つづけから+。あなた方柔らかい若い雌牛よう前足かき続け+,雄馬よういななき続け+ 12  あなた方大いにかい+。あなた方産ん失望+。見よ,彼女国民最も取る足りないあり,水ない荒野,また砂漠平原ある+ 13  エホバ憤りために,そこ住むなくなり+,彼女全体荒れ果てなる+。バビロンそば通る驚い見つめ,そのすべて災厄ため口笛吹くあろ+ 14  「すべて踏む+,あなた方四方からバビロン向かっ陣立てせよ+。これ向かっ射よ+。矢惜しむな。彼女エホバ対しおかしからある+ 15  四方からこれ向かっとき上げよ+。彼女その与え+。その倒れた。その城壁打ち壊さ+。それエホバ復しゅうからある+。あなた方彼女復しゅうせよ。彼女通りこれ行なえ+ 16  バビロンから,種まく者,収穫扱う断ち滅ぼせ+。彼ら虐待ため各々自分もと引き返し,各々自分逃げ行くあろ+ 17  「イスラエル散らさ+。ライオン追い散らすこと+。最初場合アッシリアこれむさぼり食い+,この場合バビロンネブカドレザルそのかじっ+ 18  それゆえ,イスラエル,万軍エホバこのよう言わた。『わたしは,アッシリア注意向け同じよう+,いまバビロンその注意向ける。 19  そして,わたしイスラエルその牧草連れ戻し+,これカルメル+バシャン+必ず食うことなる。エフライム+ギレアデ+山地で,その満たされるあろう』」。 20  「そして,その日,その+」と,エホバお告げなる,「イスラエルとが尋ね求められる+,それないあろう。ユダ+が[尋ね求められるが],それ見いださないあろう。わたし自分残すたち許すからある+」。 21  「メラタイム*に ― 彼女ペコド+住民向かっ攻め上れ+。彼ら虐殺と,滅びためささげること迫り来るように」と,エホバお告げなる,「すべてわたしあなた命じ通り行なえ+ 22  その戦いが,そして大いなる崩壊ある+ 23  ああ,全地かじハンマー+切り倒さて,砕かれる+! ああ,バビロン国民ただ驚きなっしまっ+ 24  バビロンよ,わたしお前ためわな仕掛けで,お前また,捕らえられた。お前は[それを]知らなかっ+。お前見いださて,また,つかまえられた。お前エホバ対し奮い立っからある+ 25  「エホバその開かた。そして,その糾弾武器出される+。カルデアに,主権+なる,万軍エホバあるから+ 26  最も遠いから彼女入れ+。その穀物開け+。積み重ねることするたちように,彼女積み上げ+,これ滅びためささげ+。彼女ため残されるだれなくなるよう+ 27  彼女若い雄牛みな虐殺せよ+。彼らほふり場下るよう+。彼ら災いだ! 彼ら日,彼ら注意向けられるから+ 28  「バビロンから逃げる逃れるたち+が,わたしたちエホバ復しゅう+を,その神殿ため復しゅう+シオン語り告げるする。 29  「弓射るたち,弓踏むすべてたちバビロン向かっ召集せよ+。彼女向かっその周囲陣営張れ。逃げ延びるあっならない+。彼女働きしたがって返報せよ+。すべて彼女通りに,これ行なえ+。彼女エホバ向かって,イスラエルなる向かって,せん越行ないからある+ 30  それゆえ,その日,その若者たち公共広場倒れ+,その戦人みな沈黙られる+」と,エホバお告げなる。 31  「見よ,せん越+よ,わたしあなた攻める+」と主権+なる,万軍エホバお告げなる,「あなた日,わたしあなた注意向けなけれならない必ず来る。 32  そして,せん越必ずつまずい倒れ+,これ立ち上がらくれるだれないあろ+。そして,わたしその都市燃え上がらせ,それ必ずその周辺ことごとくむさぼり食う+」。 33  万軍エホバこのよう言わた。「イスラエルユダ虐げられおり,彼らとりこするたち皆,彼ら捕らえ+。それらどうして彼ら去らようなかっ+ 34  彼ら買い戻す*強く+,その万軍エホバいう+。この必ず彼ら訴訟取り上げ+,この*実際休息与え+,バビロン住民動揺引き起こされるあろ+」。 35  「カルデア攻めるある+」と,エホバお告げなる,「それバビロン住民+と,そのたち+と,その賢いたち+攻める。 36  無意味するたち攻めるあり+,彼ら必ず愚か行動するあろ+。そのあるたち攻めるあり+,彼ら実際恐れおののくあろ+ 37  彼ら+戦車そのいる入り混じっ集団すべて攻めるあり+,彼ら必ずなるあろ+。その財宝攻めるあり+,それら実際強奪れるあろう。 38  彼女荒廃あり,それ必ず干上がる+。それ彫像+あり,彼らは[自分たちの]怖ろしいために,気違いよう行動つづけるからある。 39  それゆえ,水ない地域せい息するものたち*は,泣きわめく動物住み,そこ必ずだちょう*住む+。彼女もはや決して住まわれることも,代々わたっ宿ることない+」。 40  「ソドムゴモラ+その近隣[の町々+]を覆さときように」と,エホバお告げなる,「人*だれそこ住まず,その人間*だれ外国とどまらないあろ+ 41  「見よ,ひとつから入っ来る。大いなる国民+偉大たち+最果てから奮い立たされる+ 42  彼ら投げ槍とる+。彼ら残虐で,憐れみ示さないあろ+。その騒ぎ立つようあり+,彼ら乗る+。バビロンよ,[彼らは]戦いためひとりなっ陣立てし,あなた攻める+ 43  「バビロン彼らつい知らせ聞い+。彼垂れ下がっ+。苦難ある! 子産むように,激しい痛み捕らえ+ 44  「見よ,ヨルダン沿い誇り高き[茂み]から,永続する住まいに[上っ来る]ライオンよう+,だれ上っ来る。しかし,わたし一瞬うちそのそこから逃げ去らせる+。そして,わたし選ばれるそこ任命するあろ+。なぜなら,だれわたしようあろ+。だれわたし挑戦するあろ+。だれ今,わたし立ち得る牧者あろ+ 45  それゆえ,人々よ,エホババビロン対し立てられ+計り事+と,カルデア対し考え出さその考え聞け+。確かに,群れ小さなたち引きずり回される+。確かに,[]はそれらゆえにその住まい荒廃られる+ 46  バビロン捕らえられた[ときの]音で,地必ず激動させられ+,諸国民叫び声聞かれるあろ+」。

脚注

「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,タル,シリ訳,「バベル」。
「旗じるし」。ヘ語,ネース。
「ベルス」,七十訳。
も」。ヘ語,メーアーダーム
または,「群れ雄羊雄やぎ」。ウル訳,「群れ子やぎ」。
「カルデア」,七十訳,ウル訳; タル,シリ訳,「カルデア地」; マソ本,「カルデア人」,しかし,女性単数動詞伴っいる。
「二反逆」; または,「二苦々しさ」の意。
「彼ら買い戻す請け戻す)」。考え拡張すると,「彼らため復しゅうくださる正しさ立証くださる)」。ヘ語,ゴーアラーム; ラ語,レデンプトル エオールム。ヨブ 19:25詩 19:14脚注参照。
「この」。ヘ語,ハーアーレツ
「(それゆえ)龍」,ラ語,ドラコーネース。
「だちょう」。ヘ語,ベノート ヤアナー。レビ 11:16,「だちょう」の脚注比較。
「人」。ヘ語,イーシュ。
または,「人々子」。ヘ語,ベンアーダーム